FC2ブログ

Latest Entries

AV企画案 勃起禁止学園

これは約1年前にMOODYZに送った物です。

学園物でMの為に書いた作品で似たような作品は沢山あると思うが、理由付けをしてストーリー性を持たせてみた企画です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:勃起禁止学園(仮)

内 容
国立大学100%の合格率を誇る進学校。
その為教育方針は厳しく親元を離れ寮生活を送り、異性交遊も禁止されている。
そんな学校は男子の人前での勃起が禁止されていて発見された場合は罰として人前での羞恥の刑が科せられる。
そんな学校に今年もそんな規則を知らない学生達が入学した。

ブロック1
体育館で入学式が始まった。
女性理事長が挨拶を始める。
学生達の周りを女性教師達(2人以上)が周る。
その格好はちゃんとしたスーツではあるがスカートの丈は短く、シャツの間から豊満な胸が見えている。
理事長は学校の規則を話し始めた。
「本校は国立大学に合格を目指すにあたり2つの規則があります。男女異性交遊の禁止。もうひとつは男子学生の勃起禁止です。破った物には罰を与えます」
ザワつく体育館。
「去年の国立大学進学率は100%を5年連続維持し2つの規則を決めた年から~」
話が続く中、「あなた」と教師にアソコを握られ
「理事長のお話中になんで勃起してるんですか」とアソコを握られた。
学生は教師の胸や足から目が離せず勃起していた。
「こっちに来なさい」
学生は教師2人にみんなの前に連れ出された。
「さっそくですか。先生方、罰の方をお願いします。みなさんよく見ててくださいね。規則を守らない人はこうなりますよ」と言った。
教師達は勃起したアソコを皆の前で出した。
女性徒達は「最低」と眉間に皺を寄せている。
教師達は学生のアソコを苛め、言葉でなぶった。
最後は皆の前で精子を出した。
教師達は「汚い。みんなの前で恥ずかしくないの?」と皆の前で学生を辱めた。
「では後の詳しい話はホームルームで担任の方から説明があると思います」と理事長が言った。

ブロック2
「私がこのクラスの担任の○○です」
「副担任の○○です」
「この学校の規則は先ほど理事長からお話がありましたが、もう少し詳しく話すと勃起してはいけなと言う事はもちろんオナニーも禁止です。それは勉強に集中して貰う為です。私達教師が何故こんな露出した服を着ているのかと言うと集中力を高める為の訓練なのです。この格好で授業するわけですが授業に集中出来ず先生の胸元が気なっているようでは試験に落ちてしまいますよ」と入学式の学生を見る教師。
「男子生徒の話ばかりしましたがもちろん女性徒もオナニー禁止ですよ。3年間オナニー禁止ですが私も鬼ではありません。女性徒の皆さん前に来てください。男子は国語の教科書を出して1ページから黙読してください」と言った。
「女性徒のみなさんはここでオナニーしてください」
戸惑う女性徒に「どうしたんですか?今日が学校生活最後のオナニーですよ」と半強制的にオナニーさせた。
「男子のみなさんは教科書に集中してくださいね。勃起してはいけませんよ」と言う。
しかし、女性徒に近い前の2人が勃起してしまった。
「集中力がありませんね。ズボンを脱いで」と言われズボンを脱いだ。
「しょうがない子達ね。汚いチンポしごきなさい。女の子の前で恥ずかしくないの?」と言葉で責めた。
「あなた達のマンコ見てしごいてるわよ。汚い勃起したおチンチンしごかなでって注意してあげて」などと女性徒を煽って教師達は一緒に辱しめた。
「女の子は最後のオナニー楽しんで。男子は出しちゃダメ。我慢よ」と言われイキそうになり手を止めてしまった。
そうすると教師達がしごき女性徒も男子生徒もイッてしまった。

ブロック3
寮は同じ敷地に男女別の建物で、また教師達の寮もあった。
生徒は寮に帰れば帰ったで教師達の見回りが不定期で行われる為、若い男子生徒は教師達の目を盗んではオナニーをした。
今日も教師達が見回りにやって来た。
教師達はいつもセクシーな寝巻きのまま巡回し、時には宿題を教えながら周っていた。
「○○君宿題?わからない所ある?」とノックもせずに部屋に入ってくる。
それはオナニーしていないか確かめる為だった。
「ここ答えが違ってるわよ。ここはね」
男子生徒は今日抜こうと思っていて溜まりに溜まっていた為、先生の半裸に近い姿に見とれ勃起してしまった。
「○○君聞いてる?」前屈みになる男子生徒。
「○○君!先生が教えてるのに集中力がないわね」と言いながら勃起したペニスを握った。
先生は「いまから男子生徒1名連れていきます」と誰かに電話し「来なさい」と男子生徒を連れ出した。

男子生徒は教師達の寮に連れて来られた。
そこには理事長の姿と教師達の姿があった。
男子生徒は理事長達に辱められ口でイカされてしまった。

ブロック4
ある日の体育授業前、男子生徒が女性徒の着替えを覗いている。
抑圧された男子生徒はオナニーし、イキそうになったが女性徒達に見つかってしまった。
騒ぎに駆けつけた教師に女性徒の前で辱められイッてしまった。

ブロック5
その日の寮で勉強する女性徒。
しかし、今日の光景が頭から離れない。
自分の好きな人が自分達の体を見て勃起してくれたと思ったら、手は自分の物を弄っていた。
イクと思った瞬間ドアが開いた。
「あなた何してるの?」先生に見つかり男子寮に連れていかれた。

女性徒は男子達全員の前でオナニーを強要された。
先生に「何をオナペットにしてオナニーしていたの」と聞かれ
「今日見た○○くんのおチンチンを見て」と正直に答えると先生は
「○○君これを入れてあげなさい」とバイブを渡された。
○○君にバイブを入れられ恥ずかしいけど感じてしまう女性徒を先生が罵倒する。
その光景を見せられていた男子生徒の1人が勃起している事に気づいた先生はその生徒も辱め最後は体をくの字に曲げさせ、男子生徒は最後は自分の顔に出してしまった。
一緒にイッた女性徒に先生は「精子を舐めて飲み込みなさい」と命令し嫌がる女性徒にやらせ満足した。

ブロック6
その後は大した問題も無く時が過ぎ、進学の入学試験まで後1ヶ月と迫ったある日事件が起きた。
体育倉庫で口ずけを交わす生徒。
男の物をしゃぶり、男子生徒が入れようとすると「そこまでよ」と理事長に見つかってしまった。

校内に緊急集合を掛けられる生徒達。
体育館に集合した生徒達の前には理事長と裸の2人の姿があった。
女性徒にはすでにバイブが挿入してあった。
理事長は「2人は異性交遊をしていました。試験まであと1ヶ月となった中で・・」見ると男子生徒の大半が勃起している。
中には服の上から擦っている物までいる。
理事長は話を止め「わかりました。今日は自由にしていいです。先生方お願いします」と服を脱ぎ始めた。
男子生徒達は歓喜し先生に群がった。
あぶれた生徒は女性徒に近づき襲い始めた。
壇上のカップルと理事長は3Pをやりだし、前にオナニーをしていた女性徒は男子生徒に
「あの時から入れたいと思っていたんだ」と入れられた。
他の女性徒も興奮した男子生徒に強制的に服を剥ぎ取られたが教師達に
「今日だけは楽しみなさい」
「こうするのよ」と色々教えられながら犯された。

補足
この企画は、バラエティー感を入れておちゃらけた感じの作品にした方が良いと思いますが、教室だけで撮影すると規模の小さい作品になるので体育館を借りて撮影して欲しいですね。
連絡がないという事はボツでしょうけどね。
スポンサーサイト
[PR]

AV企画案 破産者レ〇プ

これは約1年前にMOODYZに送った物です。
文章は長いですがこれは官能小説ではありません。
私の書いた官能小説は左フレームのリンク集の無料官能小説からお進み下さい。
近々『魔女狩り学園』の続きを公開致します。
もうしばらくお待ちください。

こん回の案は『レ〇プが合法になった世界』などの世界観をもっと深く理由付けをしてストーリー性を持たせた企画です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:破産者レ〇プ(仮)

内 容
近未来、借金で自己破産者が増え続け社会問題となっていた。
借金を帳消しにする自己破産制度は日本経済を破壊し続けていた。
政府は自己破産制度を廃止し新たに破産者の体で返済させるシステムを開始した。
その制度とは借金返済能力を政府機関が判断し破産者とされた者には首輪を付ける。
その首輪をしている者に政府が決めた金額を払えばいつどこでも性交渉出来るという制度だ。
首輪には性交渉で払わなければいけない金額と、今の借金の金額が赤色で表示される。
言わば通帳が首に付いているような物で例えば給料が入ると借金の金額が減少し、買い物をすれば金額が上がる。
性交渉で借金を払う場合はカードを首にかざせば精算される。
性交渉の前に精算すれば破産者側は絶対応じなければならない。
もし拒めば刑務所に収監される。
先に犯され相手側がお金を払わなければ強〇罪として逮捕されることになる。
借金がゼロを超えれば金額が青色に変わり首輪が外れて晴れて自由の身になるのだが、ある程度の貯金がなければすぐに破産者に逆戻りする場合があるので首輪を再度付けてお金を稼ぐ事が許されている。
その場合付け直しても青色表示であれば何時でも自分の意思で付け外しが出来るのだ。
男女平等社会の流れの中で男性にもこの制度が実施されたが女性が男性を犯す事など稀で男性は同姓に犯されるぐらいで男性にはあまり効果がない制度だったが、都市伝説として自分の物が立派で最後まで返済した人がいるという噂があるぐらいだった。

さて、ある日の夕食後、会社経営者の父が母と娘に会社の深刻な状態を話し始めた。
父は、母と娘に連帯保証人になるように頼んだ。
母と娘は快く快諾したが父は交通事故で亡くなってしまった。
父の力だけで動いていた会社はすぐに潰れてしまった。
残ったのは借金だけ。
途方に暮れる中、政府の人間が母娘を迎えに来た。
母娘の運命は?

ブロック1
破産庁の人間に自宅を差し押さえられ、破産庁の一室に連れてこられた母娘。
そこで親子にいくつか質問する役人。
「資産を処分しても父親の借金は1億円。1人頭5千万円の借金になりますがこの先どのように返すおつもりですか?」
「働いて返しますから破産宣告だけは許してください」と母。
「働くと言われましてもお母さんの方は専業主婦。娘さんの方はまだ大学生。働いて返すと言われても利子を返すだけで精一杯じゃないですか?破産すれば利子は発生しないんですよ。その方が特でしょ」と役人。
母親は覚悟を決め「わかりました。娘の借金も私が払いますから破産は私だけにしてください」
「お母さん!」と娘。
「失礼ですがあなたのお年では需要が少ないと思われるので単価が安く1億円返すのに何年掛かるか」
役人は書類にサインをし「○○さん、○○さんあなた達を破産者とします」
「そんな」首に赤いデジタル表示で50、000、000の首輪を付けられる親子。
上記の首輪の説明を始める役人。
「これから単価を決めますので服を脱いでください」
躊躇する親子。
「自分で脱がないならこちらで行いますがよろしいですか?」
他の役人達がにじり寄る。
「自分で脱ぎます」と恥ずかしげに2人とも服を脱いだ。
役人は娘の周りを体をじろじろ見ながら回り最後に娘のアソコを確認しだした。
今まで我慢していた娘も流石に抵抗したが役人に押さえつけられアソコを開かれ中まで見られた。
「流石に処女では無い様ですね。残念ですね。処女の1回目の単価は高いのに」
今度は母親の周りを同じように回り「一応ね」と母親のアソコを開いた。
恥かしげな母親に役人は「わかりきってますけど一応規則ですから」とお役所らしい仕事だった。
役人は「単価の方ですが娘さんが1回20万円。お母さんの方が2万円になります」
「え?」母親が不満の声を漏らす。
役人は「あなたのお歳で2万円は高い方ですよ。普通平均で1万円もいってないと思いますよ。お綺麗だからですよ」と慰めた。
役人は最後に「今まで使っていたクレジットカードは今日から使えなくなりました。これからは首輪がクレジットカードの役割を果たします。無一文では生活が出来ませんからね。しかし贅沢な生活をしていると一生破産者のままですよ。気を付けてください。それで借金がゼロになったら借金のデジタル表示は青色になり、首輪は自動で外れてクレジットカードの機能が使えなくなります。しかしその後の生活もあるでしょうからもう一度首輪を付けるとお金を稼ぐ事もクレジットカードの機能も使えます。しかし、デジタルが赤色になる、すなわち再び借金をすると又外れなくなるのでご注意ください。なお首輪を首以外で繋げているのが見つかると処罰されるるので気を付けて」と言った。

ブロック2
母親は部屋を出ると鞄からスカーフを取り出し娘と自分の首に巻き首輪を隠した。
首輪を隠すことは特に罰則はない。
なぜなら買い物をする時に絶対わかる事だからだ。
「今晩どうしよう」と娘。
「アパートを探しましょう」2人は不動産屋に向かった。
安いアパートの内覧中、不動産屋の男は部屋を案内しながら娘をジロジロ見ている。
男は2人に「破産者ですよね」娘のスカーフを取った。
「20万!高!」すると母親のスカーフを取り
「2万か。しょうがない」とクレジットカードを首輪にかざした。
デジタル表示が2万減りこれで犯される義務が発生した。
母親に襲い掛かる男。
嫌がる母親。
「抵抗しないでください。刑務所行きになりますよ」と嫌がる母親を無理やり脱がす。
「外に出てて」と娘に言う母。
男は娘に「ここにいろ。これから目の前で何回も見ることになる。早く慣れた方が良い」と娘の前で母親を犯した。
男は娘に見られている事に興奮し、2万円は安いと思った。

ブロック3
親子は部屋も借り数日間は犯される事がなかった。
ある日2人はスーパーに買い物に行った。
清算時スカーフを外し清算をする母親。
それを見た男性客達が集まって来た。
「いくら?」首輪の値段を見る。
「20万円は無理だな」男達は娘を犯す事を諦める。
そんな中高級そうなスーツを着た場違いな男が
「俺はこっちだな」と娘にブラックカードをかざそうとする。
娘は反射的に避けてしまう。
それを見た母親は「私が代わりにしますから」とスーツの男に言うと
「バァバァは趣味じゃない」と言い放った。
スーツの男は破産者を犯そうと安いスーパーなどに出向く金持ちだった。
すると1人の女性が現れ、自分の首に首輪を付け「私5万円だけどしない?」とスーツの男を誘惑し始めた。
年齢で言えば20代後半だろうか。
男達はその女性のセクシーさに魅かれ「ちょっと高いけどいいかな」と母親を犯そうとしていた男数人と
「まぁまぁだな」とスーツの男も謎の女を犯し始めた。
母親が数人の男に犯される中、謎の女はスーツの男に入れられる最中、順番待ちをしている男達を手と口で激しく責めた。
「ダメ、イク」
「我慢しないで出して」と男達の精子を搾り出した。
母親に小声で「入れられるより楽よ」と教えてあげた。
「やってみて」と母親に教え始めた。
男達数人は母親に手と口でイカされた。
饗宴は終わった。
謎の女は「これで奢るから喫茶店でも行かない」と青色のゼロが並んだ首輪を母娘に見せた。

ブロック4
謎の女は喫茶店で娘に
「ああいう庶民的なお店にもあなた見たいな美人を狙った金持ちが来てるから気を付けて」と椅子に座りながら言った。
「でも、やっぱり金持ちの多い所の方がより危険だけど」
「娘を助けてくれてありがとうございました。失礼ですがあなたは?」
「私は元破産者。あなた達、借金を返しても当面の生活費の為にお金を稼げるのを知ってる?その稼げる金額に上限はないの。もちろんある程度お金が貯まると首輪を返す人の方が普通だけどね」と笑っていった。
「辛くないんですか?」と娘が聞くと
「最初は嫌だったわ」と遠い目をして答えた。

回想・・・
「新しい自己破産制度が始まったばかりでみんな慣れていないのか私はすぐに犯される事はなかったわ。だけどあの日最悪の奴らと出会ったの。あなた達と同じようにスーパーで」
謎の女は父と買い物に来ていた。
謎の女の借金は父のせいで出来たものだった。
スーパーで清算を済ませると
「いた、いた」と馬鹿そうな男女がやってきて金額も見ずに自分のクレジットカードを男が娘に、女が父親にかざした。
金色のカードだった。
女は男を「兄貴」と呼んでいる。
どこかの金持ちの子供だろう。
兄は謎の女を犯し始めた。
妹は「目を開けなさいよ」と父を襲うことなく犯される娘を見るように言った。
兄が娘に挿入すると妹は
「こいつ娘が犯されているのに起ってる起ってるよ」と父の物を弄り始めた。
「止めて下さい!」
「ビンビンにして何言ってるの」妹は止めない。
しばらくすると兄は娘に出した。
すると妹は自分のカードを娘に当て「あんたがしなさいよ」と父に言った。
「何言ってるんだ」
「私じゃ入れられないでしょ」と妹はまた父の物をしゃぶる」
「イク!」父がイキそうになると責めをやめる。
それを何回か繰り返し「出したいんでしょ」と娘の前に連れて行き
「自己破産制度に近親相〇を禁止した条文はないでしょ。出しちゃいなよ」と促すと父は娘に入れた。
嫌がる娘に腰を振る父親。
一心不乱に腰を振り果てた父があたりを見渡すと兄妹の姿はなく見物人が
「自分の娘を制度を悪用して犯したんですって」と白い目で見る人達がいた。
・・・回想終了

「それから父は嫌な事があると私を犯したわ。自分の首輪のお金を使って。私は父に嫌気がさし自分1人で生きて行こうと決めたの。父に犯されるより知らない男に犯される方が100倍いいわ。お金も増えるし」
「今日は犯されなかったけどいずれ犯されるわ。早く慣れる事ね」
すると娘が「じゃあ今日はなんで助けてくれたんですか?」と聞くと謎の女は
「昔の自分を思い出したからかな」と答えた。
  
ブロック5
謎の女と別れ母娘はアパートに帰り母はすぐにシャワーを浴び、体を洗った。
母は自分の体を洗いながら泣いた。
娘はその声をお風呂の前で聞いた。

ブロック6
ある日娘は母親に「大学を辞めて○○町で働こうと思うの」と言った。
「どうして?あと少しで卒業じゃない。それにその町はお金持ちが多い場所じゃない。危険だわ」
娘は「あの人の用にお金を稼いでお母さんの借金も私が返すわ」と言い母の言う事を聞かず面接に向かった。
面接官がたくさんいる中、娘は「どうしてこの会社に応募されましたか」と聞かれ
「見ての通り破産者ですのでよい会社に入り、たくさんお金を稼ぎたいからです」と隠さず話した。
「それは体を使った営業も辞さないと言う事ですか」
「はい」
「わかりました。これから特別に試験を行います」と首にカードをかざし面接官達は娘にああしろこうしろと指示をし始めた。
娘は恥ずかしがりながらもその通り応え、面接官全員果てた。

ブロック7
ある日、母は自宅に3人の学生達を招き入れ学生達の物を触り始めた。
「僕たちそんなにお金持ってないです」と言うと
「お金はいらないって言ったでしょ。今日は誰もしてくれなかったの」と学生達を責め始めた。
娘は接待や同僚など色々な所で犯され、自分の借金がプラスに転じたのを母に見せようと家に帰ると母は若い男達と淫らに淫行していた。
娘は自分の中で何か壊れたのを感じた。
学生達は母に精子を出された。

ブロック8
それから半年、とあるお金持ちが集まるパーティーに親子は出席していた。
商売の為である。
親子は借金を返済しても首輪を外さない事を決めた。
その金額はすでにここに集まるお金持ちと肩を並べていた。
親子はお金と精子を求めて男の上で腰を振り続けた。

補足
個人的に良い作品だと思います。
首輪さえ良い物を作れば嘘っぽくなく作品が出来ると思いますがどうでしょう?




AV企画案 大量に我慢汁が出る

これは約1年前にMOODYZに送った物です。

どういう仕組みなのかよく分からないが大量にザーメンを発射する男の作品があるが、それを我慢汁だったらと考えて作った企画です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:大量に我慢汁が出る男(仮)

内 容
ある日、親友と女子の着替えを覗いていた主演は勃起してしまう。
するとペニスから射精していないにもかかわらず大量のネバネバした液体が溢れ出した。
異常を感じた親友は先生を呼びに行き主演は病院に連れて行かれそこで自分がカウパー液が大量に分泌する病気だと告げられる。

ブロック1
主演は担任の女性教師と病院に行き、医者に主演は興奮して出てくるカウパー液の量が異常に多い病気であると診断された。
医者が言うには大変珍しく発症例が少ない奇病だと言う。
治療法も原因もわかっていないが特に命に関わるような病気ではないと言う。
また、人にうつったりしないので特に生活に著しい支障はないと言うが、日々の生活で異常に興奮(勃起)しないように告げられた。

次の日の主演が学校に行き教室に入ると生徒達はザワついた。
昨日の出来事は主演と親友が覗きをし、主演が射精し興奮のあまり倒れて病院に担ぎ込まれたとクラス中に知れ渡っていた。
クラスの不良達はいつものように地味で無口な女子を馬鹿にし、苛めていた。
親友は「大丈夫か」と主演に声を掛けてくれるがクラスの番長が苛めをやめ2人の下にやって来て
「おい、おまえ。女子の着替えを覗いたんだってな」と胸ぐらを摑まれた。
チャイムが鳴り先生が入ってくると手を放し「今日、2人とも放課後残ってろよ。逃げるなよ」と脅された。

昼休憩に話合う主演と親友。
「学校に来ても大丈夫なのか」と問われ医者から聞いた話をした。
そして今日の朝の一件を話し番長が自分の彼女の裸を見たと怒っていると聞き、放課後残るか逃げるか話合ったが謝って許してもらおうと言う事になった。

放課後、番長とその彼女と4人になった。
すると番長は「お前ら女子の着替えを覗いてオナニーしてたんだってな」と迫った。
「そんな事していない」と言うと彼女が
「うそ。○○さんの話しじゃオナニーして発射までして床がベトベトになってたって」と彼女はどうやら裸を見られて恥ずかしいという感じの娘ではない事が彼女の言葉で2人にはわかった。
どうやら彼氏が怒っているから自分も怒っていると言ったところだ。
親友は「自慰なんてしていない。○○は興奮するとカウパー液が大量に出る病気なんだ」と口走ってしまった。
「おい」と怒る主演だが番長は「何だそれ」と親友に詰め寄り全部聞き出してしまった。

彼女は「面白い。ねぇ見せて。ズボン脱いで」と言い出した。
番長に脅され仕方なくズボンを脱いだが何も起こらず彼女は「まず、やっぱり勃起していなとダメなのかな。ねぇ」と番長とキスし始めた。
「おい」と引き離そうとする番長だが彼女の舌先はこれまで経験した事がないぐらい刺激的だった。
番長も受け入れ痴態を演じたが、主演は興奮しないように目を伏せたが親友を脅し主演の顔を上げさせた。
主演は勃起し我慢汁が吹きだした。
「すごい面白い」と喜ぶ彼女。
番長も「気持ち悪ぃ~」と罵倒した。
彼女は「もっと興奮したらどうなるのかな」と番長の物を自分に入れ見せつけた。
番長は果て「私、入れてみたい」と彼女は言い出したが番長は「病気がうつるかもしれないだろ」と止めたが彼女は受け入れない。
その時「何してるの」と先生が入ってきた。
一見して理解した先生は3人を帰らせ落ち込む主演に「病気の対処法を考えましょう」と励まし保健室に連れて行った。
  
ブロック2
先生は服を脱ぎ出し、裸になった。
「先生何してるんですか」
「我慢してあなたは少し女性になれる必要があるわ」と言った。
主演は勃起したが先ほどの痴態を見た後だからか裸ぐらいでは我慢汁は出なかった。
「少し慣れたようね」と今度はオナニーをし始めた。
主演は我慢汁を噴き出した。
先生は持参していた袋からオムツを取り出し履かせたがオムツの隙間から我慢汁が溢れ出した。
「やっぱり無理だった」先生は我慢汁が溢れるペニスを扱きだした。
「やめてください先生」
「○○君女性とした事ないでしょ。だから女性の裸を見たぐらいで興奮するのよ。もっとすごい事を経験すれば女性の裸ぐらいじゃ勃起しなくなるわよ」
先生は口から我慢汁を噴き出しながらフェラし「先生イキそう」と言い出すと我慢汁は何故か止まり最後は白く濁った精子を出した。
先生は「今日はこのくらいにして段々慣れていきましょう先生協力するから」と言い、オムツを出した鞄から用心のために用意していた服を出し着替えるように言った。
その様子を外で番長と彼女は携帯で撮影しながら見ていた。

ブロック3
次の日の6時間目の授業中、主演の隣の席にいる不良の彼女が自分のスカートを捲ったり下着の上からオナニーをして見せたりしだした。
主演は我慢し最悪の事態を避けたが彼女は主演の前の席に座る苛められっ子のスカートを定規で捲った。
彼女は主演の股間を定規で弄ったり、苛められっ子の椅子とお尻の間に定規を差し込み、抜き差しし始めた。
声を出そうになるのを我慢する苛められっ子。
その光景に主演は我慢出来なくなるとカウパー液を大量に分泌した。
彼女は「○○君が漏らしてます」と大きな声で言った。
先生は親友に「保健室に連れていってあげて」と頼んで2人は保健室に向かった。
ザワつく生徒に先生は「○○君は漏らしたわけではありません。
体内の体液が異常分泌する病気なんです」と性的病気だと隠し皆に打ち明けた。

ブロック4
病気の話をし終わるとチャイムがなった。
皆帰宅するなか番長と彼女は苛められっ子を連れて保健室に向かった。
保健室に3人が入り主演のベッドの隣に付き添う親友に
「お前ら主演の前でSEXしろ」と脅し、嫌がる2人を親友を彼女が苛められっ子を番長が体を弄り舐め回しながら脱がしていった。
彼女は濡れた服を着替えていた主演に「またベトベトになるんだから脱ぎなさいよ」と言って脱がした。
親友は勃起し、主演はまた勃起し我慢汁を吐き出した。
親友のペニスは舐められ苛められっ子に入れたくなると彼女に
「ご苦労さんもう帰っていいよ」と言われ苛められっ子への挿入は主演にやらされた。
主演は入れながらも我慢汁を吐き出す。
その様子を勃起しながら立ち尽くす親友。
番長に「出したいんなら苛められっ子に頼みな」と言われ
「お願いします」と空いた口に突っ込んだ。
親友は口に出し、主演も果てた。
彼女は苛められっ子に「気持ちよかった?体に異変ない」と聞いていた。
そんな時先生が主演を心配し入って来た。
番長と彼女が帰ろうとすると。
先生は「待ちなさい。○○君は病気なの。苛めないで」と言うと
「僕達も先生と同じく○○君が人前で興奮しないように訓練していただけです」と先生のフェラ動画を見せ
「明日みんなで主演が我慢汁もらさないように特訓しましょう」と先生を脅し帰った。

ブロック5
主演、親友、番長、彼女、苛められっ子、先生で、主演の病気を改善させるという嘘の目的の為、大乱交が始まった。

補足
あり得ないファンタジー感溢れる案だがバラエティーの方向で作るのではなくこれを真面目に作る方が良いと思います。
ツイッター、フェイスブック、ラインボタンを表示させました。
拡散すれば制作会社も作品化に動くかも?W

AV企画案 死神の儀式

これは約1年前にMOODYZに送った物です。
文章は長いですがこれは官能小説ではありません。
AV企画案を世界観が分かる程度に箇条書きにした物です。
私の書いた官能小説は左フレームのリンク集、無料官能小説をクリックして移動してください。





タイトル:死神の儀式(仮)

内 容
とある学園。
1年生になったヒロインは彼氏が出来たばかりで、楽しく学園生活を送っていた。
そんなある日の夜、ふと目を覚ますと枕元に鎌を持った死神を見てしまう。
ヒロインはオカルト研究会の部長に相談する。

ブロック1
サッカー部の部長に告白され、両思いだと分かったヒロインは前以上に学園生活を楽しんでいた。
そんなある日の就寝中ふと気配を感じ起きると枕元に鎌を持ったローブを着た影を見てしまう。
次の日、彼氏に「昨日、幽霊を見たの」と話したが彼は笑い、余り信じていないようだった。
しかし、その日の夜も同じ幽霊を見てそれが1週間毎日のように続いた。
それは時計を見るといつも深夜2:00に現れるようだった。
悩んだヒロインはオカルト研究会に所属する女友達の変わり者に相談すると
「私と一緒に部長に相談してみよう」という事になった。

オカルト研究会の部長は、2年の時に転校して来た女性でこの学園でオカルト研究会を立ち上げた。
普段は無口で目立たないが美人でそれが逆に神秘的で注目を浴びる存在だった。
オカルト研究会はその部長とヒロインの友達と男子生徒2人からなる4人の会だった。
ヒロインが「毎日、鎌を持った幽霊を見るんです」
と相談するといつも物静かな部長が慌て出し
「いつ頃から見たの」と身を乗り出し聞いて来た。
「1週間前から毎日」
すると部長は「それは死神です。死神はその人が死ぬ13日前に現れ、毎日深夜2:00に現れ枕元に立つんです。普通の人には見えませんがあなたの様な一言で表現すると霊感がある人には見えるんです」
ヒロインは一瞬嘘だと思ったが部長は自分が言っていない
“深夜2:00”に現れると言う情報を知っているのに気が付き、部長が真実を言っている事を悟った。
「どうすればヒロインちゃんは助かるんですか?」と友達はすでに信じている。
部長は「2つ方法があります」と話し始めた。
「1つは生を得る事です」
「生を得る?」ヒロインは聞き返す。
部長は「男性の生。即ち精子を受ける事です」と言った。
ざわつく男性部員達。
「男性の生を受ける事で寿命は1日ずつ伸びていきます」
「そんなの嫌です、なんでそんなに詳しく知っているんですか」とヒロインは信じたくなかった。
部長は「1年前に実際に見たからです」と話し始めた。
「あなたの様に死神を見た私はこの本にある・・・」と部室の本棚にある書物を取り出し
「ここに書いてあるこの世の者意外と会話出来る方法を使い死神と話し、死神から聞き出したんです」と言った。
「死神を見たのなら部長は何故今も生きていられるんですか?」と友達が聞いた。
「もう1つの方法を使ったからです」
「もう1つの方法?」
「それは?」友達とヒロインが答えを待つ。
「それは・・・」部長は躊躇し
「あなたには出来ないわ」と言い
「あなたには男性の生を受け続け1日1日寿命を延ばしていくしか方法がないわ」と言い切った。
「あと多くて5日。これはあなたが死神に気付いた日が死神が初めて現れた日と一緒だったらの話で寿命は今日中、いいえ今にも尽きるかもしれない。早くしないと。あなた達協力して」
と後ろで聞いていた同級生の2人の男子生徒とヒロインは「でも」と躊躇する。
「待ってください。私好きな人がいるんです。友達ちゃん、○○くん連れて来て」と言った。
「わかった」と部屋を飛び出す友達。
しばらくすると「大丈夫か?」と彼氏が急いでやって来た。
友達が「ヒロインちゃんが大変なの」と急いで連れて来たので無事な様子に安堵する彼氏。
すると部長が事情を流れるように説明し始めた。
  
「嘘だ」と信じない彼氏。
部長は「時間がないの。
出来ないなら彼らにしてもらうだけよ。
あなたはヒロインさんと結ばれたいと思った事はないの」と問いかけた。
「ある」と彼氏は半信半疑の中で彼女と結ばれる事を決心した。
部屋を出る部員達。
部長は彼氏に「生は中に出す必要はないの彼女に掛けるだけでいいの」と出て行った。
彼氏は彼女と結ばれ最後はお腹に出した。
服を着た後、部長達を部室に招きいれ、これから毎日するように彼氏とヒロインに言い「場所は部室を使って」と部長は言った。

ブロック2
オカルト研究会の部室で服を着る2人。
いつもの様にまた1日寿命が延びたヒロイン。
部長達が部屋に入ると彼氏が「全国大会が始まる。東京に出掛けなければならない」と言い出した。
部長が「前にも言ったけど、1日ずつ寿命が延びてるだけなの。彼女が亡くなってもいいのなら行ってらっしゃい。それか友達に任せるか」と部長は男子部員2人を見る。
彼氏はサッカー部のキャプテンで責任がありまた大会で優勝を目指している事を知っているヒロインは
「私の事はもうかまわないで」と決別を告げた。
「でも」と躊躇する彼氏。
「ヒロインさんだけに辛い目に合わせないわ」と部長は自分から服を脱ぎ、部員2人を扱き始めた。
彼氏は「ヒロインの事をお願いします。優勝して戻ってきます」と他の男に抱かれる事を覚悟しても、彼女と別れない事を誓った。
彼氏が部室を去ると4人の乱交が始まった。
女友達は自分がヒロインの手助けをしようとする気はあるが体が動かず見ているだけだった。
部長は部員を受け入れ最後にヒロインに掛けさせた。
ヒロインは2日寿命を延ばした。
部長は「これから2人で1日で2日ずつ寿命を延ばしていきましょう」とヒロインと男子部員に話した。

ブロック3
その夜、ベッドに入り自分は友達の為にしてあげられる事はないのかと考える女友達。
部長は友達の為にその身を男性に捧げた。
しかし経験の少ない自分には何も出来なかった。
そんな事を考えていると自然に手は自分を慰めていた。
女友達はベッドの上でイッてしまった。

ブロック4
次の日、ヒロイン達の待つ部室に男子部員達がやってきた。
他に2人の友達を連れて来ている。
部長が「その子達は?」と尋ねると男子部員は
「多い方が効率が良いと思って」と答えた。
「知らない人に生を掛けられる女の子の気持ちを考えてあげて」と部長に怒られた。
善意のつもりで連れて来た部員達が軽率な行動に反省をする。
すると部長はヒロインに「でも、2日より4日。確かに寿命はドンドン延びて本来の寿命に戻る。どうする?」とヒロインに聞く。
「これ以上、彼以外の男性に抱かれるのは嫌」と嫌悪感を表す。
すると部長は「生の解放は私が手助けするからがんばってみない?」と言うと女友達も
「私も協力するから」と言い出し、ヒロインは頷いた。
男子部員2人は今回は挿入したいと懇願し、ヒロインに入れ生を体に出した。
後の2人は挿入させてもらえず、部長と友達に手と口でヒロインの体に生を出した。
部長は男子達に「これ以上人に言わないように」と釘を刺された。

ブロック5
ある日の部室。
部員達が腰を振るなか、以前連れて来られた男子2人が
「僕たちもヒロインに入れてみたい」と言い出した。
ヒロインは嫌がり部長も「我慢しなさい」と注意した。

次の日の部室。
ヒロインが部長に「死神がいなくなったの。もう寿命を延ばす儀式もしなくてもいいんじゃ?」と聞くと部長は
「寿命が13日以上延びただけで死神がいなくなったわけじゃない」と言った。
悲しそうな顔をするヒロインに友達が「私も協力するからがんばろう」と話していると新参者2人が部室に入って来た。
後ろには複数の男子が部室に入ろうとしている。
男子部員2人は止めようとしているが男子達は強引に部屋に入る。
「どういうつもり?」と男子達を睨むが新参者2人は
「人数が増えた方が言いと思って」と薄気味悪い笑いを見せた。
男子達は3人に襲い掛かる。
止めようとする男子部員は殴られた。
抵抗するヒロインは犯され初めて中に出された。
男達はヒロインの寿命など関係なく部長や、友達の中に出した。
男達は皆終わると「また明日な」と帰って言った。

ブロック6
「僕達が友達に言ったばかりにすいません」と謝る中ヒロインは部長に聞いた。
「部長。寿命を延ばすもう一つの方法を教えてください。部長はもうひとつの方法で寿命を延ばしたんですよね?」
「もうひとつの方法はあなたには出来ないわ」
「なぜですか?教えてください」
「私も知りたいです」と友達も言う。
部長は静かに話し始めた。
「死神はこう言ったわ“生を受ける瞬間男の命を奪う事で男の寿命を貰う事が出来ると」黙り込む2人。
「私が今まで生きているのはある男を殺し寿命を貰った、いいえ寿命を奪ったの」驚愕する皆。
部長は静かに話し始めた。

回想・・・
1年以上前、死神を見て死神から寿命の延ばし方を聞いた部長は暗い娘として友達も好きな男性もいなかった。
自分はいつ死んでも良いと思っていた。
しかし日に日に自分がこの世からいなくなる恐怖を感じ、また自分はこの世界で何も生きた証を残していないと思うようになった。
オカルト研究にのめり込んだのも、生きるとは死とは何かと言う事に興味があったからこそ好きになったのかもしれなかった。

そんな寿命が尽きる前のある日、学校一の不良が下級生を殴りお金を巻き上げる所を見た。
その不良は喧嘩に明け暮れ人を傷つける事を楽しんでいる様な奴で、悪名高い男だった。
その時、死神の“男の命を奪う”と言う言葉が頭の中で響いた。
部長は、私が生きてきた証はこの男を殺す事で虐げられた人達を救う為なのではと思うようになった。
部長はある考えを浮べ不良に話しかけた。
「ずっと前から好きだったんです」不良の手を引くと男は簡単に付いて来た。
部長は積極的な女性を演じ不良とSEXした。
不良がイク瞬間、脱いだ制服からナイフを取り出し不良の胸にナイフを突き刺した。
部長は中に出された。
部長はナイフに不良の指紋を付け自ら警察に電話した。
「私、人を殺してしまった」
警察が到着する。
部長は不良にナイフで脅されレ〇プされたと説明し、不良が
「中に出すぞ」と言ってナイフを置き激しく腰を振り出したので
「中出しをやめさせる為にナイフを取り刺してしまった」と説明した。
DNA鑑定などで不良のDNAが検出され、不良の普段の素行の悪さから誰も女子学生の事を誰も疑わなかった。
事件は正当防衛とみなされ部長は裁かれなかった。
しかし、事件は噂として流れ、それを心配した両親の考えで部長はこの学園に転校して来た。
・・・回想終了

部長はヒロインに「私は自分がした事に後悔しているの。あなたに私と同じ道に進んで欲しくないの。その為なら好きでもない男に奉仕するぐらい何でもないの」と言った。
ヒロインは今日犯された事、これからも犯される事は寿命が延びる儀式だと思い受け止めた。
また友達も部長とヒロインの決意を聞き自分も儀式に参加すると言いだした。

ブロック7
2週間後。
乱交を楽しむ3人。
無理やり犯された昔の面影は無かった。
3人とも欲望に飢えたメスだった。
部長と友達も「今日はヒロインちゃんに出さないで私にちょうだい」と本来の目的そっちのけで男達に懇願している。
外には彼氏が優勝トロフィーを手に部室を覘いた。
男達は自分がイキたい時にイキたい人に出していた。
それを目撃した彼氏はその場を去っていった。

ブロック8
ヒロインはピンサロ(風俗でも良い)働いている。
彼女はお店のNo.1で人気があった。
「我慢しないで沢山出してくださいね」男性客は果てた。
あなたの行く店の優しいピンサロ嬢はもしかしたら死神を見た娘なのかもれない。

補足
あり得ないファンタジーを真面目に撮影するりんかん倶楽部の様なイメージに近い作品ですね。
官能小説化しても良い程の出来ですが個人的に書く時間もないので公開しました。
[画像クリックでDMMに移動]


AV企画案 洋館の遺産相続

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

これは美少女ゲームの影響が大きいが金持ちの洋館でのエロストーリーも好きでそれを意識して考えた企画です。
AVではあまりいい作品を見た記憶はないですね。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:洋館の遺産相続

内 容
洋館に集められた主人の子供達。
子供と言っても母が違う腹違いの子供達だった。
お金持ちの洋館の主人は癌で後1年も生きられないと医者に告げられていた。
主人は自分の願いを叶えた者に全財産を相続させると言い出した。
その願いとは・・・

シーン
広いテーブルに揃った子供4人。
2人は男で正妻の子供。
長男は主人の会社を引き継いだが凡庸な人間で、会社の経営は傾いていた。
次男は父の援助を受けてモデル会社を立ち上げ、またゴールデンタイムのドラマで主演を演じる女優を育て上げ、煌びやかな世界に野望を抱く男だった。
その兄弟はまじめな兄、自由奔放な弟といった感じで元々仲が悪かったが母親が死んだことで一層疎遠になっていた。
紅一点の女性は愛人の子供で母の後を継ぎ、キャバレーなど多数の店を持つ綺麗な女性だった。
不況の中、いつも商売に不安を感じていた。
母親は興味が無くなった自分を捨てた主人を嫌いこの場には来ていなかった。
もう一人のいかにも遊び人の男は、主人の使用人だった娘を無理やり犯して出来た子供だった。

ブロック1(回想シーン)
主人は町工場で働く綺麗な娘を見かけ一目で気に入り、後日父親に洋館で働くようにお金を渡した。
生活が厳しい父はお金を受け取り洋館でメイドとして働くことを了承した。
働きに来た娘は主人に襲われ
「父親には十分なお金を渡してある。お前は、売られたんだ」と言いながら犯してしまう。
その後、何回も相手をさせられるが、段々メイドに飽きてくると子供が出来た事を期に大金を渡し、暇を告げた。
その子供がその遊び人だった。・・・

元メイドの再婚した家にある日手紙が届いたが元メイドは読みもせず破り捨てた。
気になった遊び人(息子)が手紙を張り合わせ本当の父親に興味を持ちこの場にやって来ていたのだ。

ブロック2
洋館のリビングで主人を待つ子供達。
そこへ、車椅子に乗った主人がメイドに押されながらテーブルの上座についた。
主人が話しだし
「お前達に集まってもらったのは手紙で知らせた通り、私の命ももう長くなく、私の財産を誰に相続させるかということだ」
「家を継ぐのは長男である私が引き継ぐのは当然でしょう」と言う長男に
「お前は、すでに私の会社を継いでいるだろう。他の者もすでに生活するには十分すぎるお金を渡してある。今日呼んだのは私財の相続の話だ」
「どう決めると言うんですか?」長女が聞く。
「私も年を取った。今一度昔のように女性を抱いてから死にたい。しいては私を若い頃のように勃起させ、私の願いを叶えた者に全財産を相続させる」と言う主人。
「何を馬鹿な事を」次男が言う。
「これはもう決めた事だ。相続を放棄する者は参加しなくてよい」と言うと皆黙りこんだ。
「来週の日曜日に宴を開催する。順番は年長の者から行う。良き饗宴になるように、期待しているぞ」とまたメイドに車椅子を押すように指示し自室に帰っていった。

・・・日曜日当日
リビングに集まった子供達その後ろには綺麗な女性達が並ぶ。
長男がメイドに呼ばれ部屋に入ると部屋の中央に大きなマットが引かれ中央には椅子に座る主人が下半身丸出しで座っていた。
メイドが主人の横に立ち
「勃起したかどうかはこの○○が判定する」と言い狂宴を始めるように言った。
長男は、連れてきた女性達を紹介し始めた。
「人脈をたどり、今一番人気があるAV女優とテクニックに定評がある男優に来てもらいました」
若者なら3回は発射できるだろう痴態に主人のアソコは何の反応も示さなかった。

ブロック3
リビングにうな垂れて戻ってきた長男に
「百戦錬磨の父がAV女優のテクニックで興奮するわけないだろう」と笑い主人の下に向かった。
次男は女性を説明し始めた。
「うちでNo.1のモデルといま月9に出ている女優です」と紹介し2人はレズプレイを始めたが主人は何の反応も示さなかった。
「しょうがないと」
次男は2人の女性に目配せをし次のプランに意向する事を知らせ3Pを始めた。
主人は興奮し始めた。
すると隣のメイドが下着を脱ぎ主人の物を入れ始めたが半立ちで入らなかった。
次男は善戦したがとうとう自分が先にイッてしまった。

ブロック4
次男はリビングに戻って来て部屋に向かう長女に
「芸能人でも興奮しなかったのに夜の女で立つわけがない」と残念そうに語った。
長女が主人の前で女性の紹介を始める。
「この娘達は各店舗のNo.1達です」と紹介し一緒に来ていた店のボーイと思われる男達とSEXし始めた。
主人のアソコは何の反応も示さず、自棄になった長女は自分も参加し父親の前で乱交を見せたが主人のアソコに変化は無かった。

ブロック5
とうとう最後に三男の番になった。
「この娘達は協力してくれる友達です」連れてきた男友達と一緒になって乱交を始めた。
中には学生服を着た若い娘も含まれていたが主人のアソコは立たなかった。

ブロック6
主人とメイドはリビングの子供達の前に戻って来て
「私が若い頃に戻ることはなかった。財産は、然るべき団体に寄付しよう」と言い出した。
「もう一度チャンスをください」など文句を言う者がいる中「待ってください」と言う声がした。
主人の隣に立っていたメイドだった。
「私も参加します」
「なんであんたが参加するんだ」不思議がる子供達。
「性格には私の娘が参加します」
「決心したのか」主人が説明を始める。
「お前達は知らないが、この娘は私の子供を生んでいて娘は参加資格を持っている。参加しなさいと言って聞かせたが考える時間をくださいと言い今日に至ったのだ。参加するのなら断る理由がない」と言い別の部屋に向かった。
後から湧いて出た参加者に子供達は不正がないか自分達も見届けると言い出し、メイドは
「私は別にかまいません」と全員で部屋に向かった。
その時「ちょっといいですか」とメイドは長男に話しかけた。

しばらくすると部屋にメイドの学生服を着たた娘が現れた。
「この人があなたのお父さんよと」メイドが娘に話しかける。
どうやら「お父さんに合わせてあげる」と言われてやって来たようだ。
すると娘の後ろから長男が襲い掛かる。
驚き、母に助を求める娘。
母は「抵抗しないで」と言うが娘は暴れ続ける。
次男、三男、長女が「あなたの腹違いの妹でしょ」と長男を責める。
長男はメイドと財産の3割を貰う約束をしたという。
娘は処女のようで、メイドは長年主人の相手をし、主人の性癖を知っていた。
生娘好きで、嫌がる女性に無理やりするのが好きで、また背徳感を感じるとより興奮する事を熟知していた。
最後まで決められなかったのは娘を生贄にすることを躊躇したからだった。
娘は長男に処女を奪われた。
「来たぞ!来たぞ!」歓喜する主人。
主人の物は天を貫いた。
隣で見ていたメイドは下着を脱ぎ自分に招きいれた。
「これで決まりましたね」と主人に言ったがそれは黙って見ていた主人の子供達に向けて言ったものだった。
子供達は負けを認め部屋を出た。
主人は、不自由な足で移動し娘の横で母を犯した。
しばらくすると長男に「代わろう」と言い嬉々として自分の娘を攻め立てた。
長男がイキ、主人は嫌がる娘でイッてしまった。

洋館はこういう外道のストーリーに合った雰囲気が出るし、お金持ちの屈折したエロスを盛り上げるエッセンスになると思う。
でも最近洋館丸々一軒を撮影場所としているAVを見た事がないのでそれっぽいセットで撮影するしかないのかもしれませんね。

AV企画案 オナッペト学園

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

私は登場人物が多い学園物の作品が好きで学園物とぶっかけを意識して作った企画案です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:オナッペト学園(仮)

内 容
ある事件をきっかけに進学校から三流学園に成り下がった私立校。
理事長の息子が教師として赴任する。

ブロック1
5年前、学園の生徒だった理事長の息子が、友達とのパーティーで飲酒し女友達を複数の生徒とレ〇プし子供が出来てしまう。
理事長は息子の不祥事をお金でもみ消したが悪い噂と、莫大な慰謝料の影響で進学校から三流学園に成り下がってしまった。

ブロック2
理事長の息子は教師として学園に戻ってきた。
理事長室に息子と新人女性教師が理事長に挨拶をする。
新人女性教師が去ったあと理事長が息子に愚痴を溢す。
「お前のせいで新入生が減り進学率もガタ落ちだ」
「父さん私にいい考えがあります」
「スパルタ教育で昔の名声を取り戻しましょう」
「簡単に言うな。生徒が付いて来れるか」
「言い案があります。私のせいで特に女性徒が減り、生徒の8割が男子になりました。女性徒は捨て、8割の男子生徒の進学率を上げれば言いのです」と父に話始めた。

新学期前日。
職員会議で先生達に今後の学校方針が配られる。
「明日から始めるカリキュラムを配ります。説明は、○○先生(息子)から」
「明日から授業を毎日8コマ行います。」
「そんなの生徒の負担が大きすぎます」
反対する女性教師。
「飴と鞭です。生徒は、飴を与えれば勉強についてこれます。次のページを見てください」
次のページをみて女性教師が猛烈に反対する。
「これは理事長と話合いすでに決定したことです」
「しかし」と抗議する女性教師。
「私達の決めたことに従わないやつはこうだ」と女性教師を理事長が犯し始めた。
新入女性教師や他の男性教師達は恐怖に震えている。
陵〇し終わると息子は「従わない者は痛い目に合いますよ」と言い放った。

ブロック3
入学式が終わりホームルームで息子から学校の方針を話し始めた。
「今年から学校の方針が変わり授業が8コマになります」
ザワザワする生徒達。
「先生も辛いと思います。しかし良いことがあれば人間がんばれるものです」
「女性徒の皆さん前に」数人の女性徒が前に出される。
「ここでオナニーしなさい」
「え?」
訳が解らず聞き返す女性徒達。
「昔、我が校の生徒が女性に乱暴し妊娠させるという事件が発生しました。何故そんなことになったのか?それは多感な時期、大人たちが性を隠し、抑圧したことに原因がある。毎日、溜め込んだ精子を出す必要がある。それを出してあげるのも学友であるあなた達の仕事です」
と言い、前の机の上で無理やりオナニーをさせ始めた。
「勃起してきましたか?遠慮しないで出してください」しごきだす男子生徒達。
「我が校は不純異性交遊は禁止ですよ。女性徒には触らないように」
イキそうになる男子生徒。
「好きな所にかけていいですよ」思い思いにかける女生徒に掛ける男子達。
皆イキ終わると息子は「このオナペットタイムは朝のホームルームと夜(8コマあるから)のホームルームで行いますが、その他の時間に興奮した場合、女性徒はいつでもオナペットになってください。校則ですよ」と言った。

ブロック4
夜のホームルーム。
息子は、女性の人数分のバイブを持って来てオナニーさせ男子は好きな所にかけた。

ブロック5
数日後、体育の授業前、着替えを覗く男子生徒。
「こそこそしないオナペットになってくれるよう頼みなさい」と女性教師が声を掛ける。
「あなた達、この子達が勃起しているからオナペットになってあげなさい」
反対していた女性教師は度重なる調教により、息子達に従うようになっていた。
女性徒がオナニーする中で1人の男子生徒が
「たまには、大人のオナニー見て見たい」と言い出した。
「しょうがないわね」
先生も生徒に混じりオナニーし始めた。
男子達は先生や女性徒に出した。

ブロック6
別の日、夜のホームルームのオナニータイム中。
女性教師のクラスで男子生徒が
「今日は、なんか興奮しないなぁ~。出したいのに」と言い出した。
「しょうがないわねー、ちょっと待ってね」
先生は、たまたま通りかかった同僚に協力を申し出てSEXを見せてやった。
「みんなは、こんな事しちゃだめですよ」と終わった後言った。
研修中の新人女性教師は終始恥ずかしそうにしていた。

ブロック7
別の日。
夜のホームルームでの女生徒のオナニータイム中また不満を言い出す男子生徒達。
女性教師は新人女教師に「そろそろ実施してみましょうか」とオナニーをするように言い新人女教師は、嫌がりながらもやらされた。
男子生徒の1人が異常に興奮し新人女教師に入れてしまった。
それが呼び水となり他の男子生徒も女子生徒、女教師を犯し始めた。
「辞めて。校則違反ですよ」と言う女性教師達。
嫌がる女生徒達。
男子は自分がイクまで辞めなかった。

ブロック8
その日意向1ヶ月に1度SEXの日が作られた。

補足
校則で男子生徒が希望すれば女生徒がオナニーをしなければいけない校則がある学園をストーリー仕立てに仕上げた企画です。
あると言われればありそうな企画案ですね。

AV企画案 強制中出し投票

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

AVはやっぱりフィニッシュが大事で私はぶっかけも好きだが、やっぱり最後は中出しで終わってもらいたい所だ。
今回の企画は前に書いた銀行強盗物と世界観は一緒だが中出しにこだわって書いた企画です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:強制中出し投票(仮)

内 容
ある日、人で賑わうデパートに突然テロリストが現れ無差別に銃の乱射を行い始めた。
警察との撃ち合いになりながらテロリストは生き残った人を人質に取り一室に立て籠もった。
テロリストは自爆用の爆弾を持っていたが自爆せず、リーダーの男が人質に「1人だけ助けてやろう」と人質に話し出した。

ブロック1
玄関から銃を乱射しながらデパートに侵入したテロリスト6人は、人を殺しながら進んだ。
警察の部隊が駆けつけるまで散々撃ちまくったテロリスト達は、自爆用爆弾ベストを着込んでいたが使用せず、一室に立て籠もった。
テロリストに追い詰められた人達は逃げ惑う中、一室に人質とされてしまった。

軍隊も駆けつけ完全に包囲されたテロリスト達。
するとリーダーの男が「女1人、男1人だけ助けてやろう。女性の1人に男性が投票し一番票を獲得した者を開放しよう」と言い出した。
「その方法は・・・女の中射精し、一番多く精子を獲得した女1人を解放しよう」
「男は1人一票とし、開放する者は、神の代弁者たる私が決める」
「お前達の神に自分達がどれだけ醜悪な生き物か披露し、そして生き残り、自分達がどれだけ醜い存在かを後世にまで伝えろ」
と言い放った。
神の代弁者は「男は全員服を脱げと」命令した。
1人の男性が「こんなことは間違っているテロリストの言いなりには、ならない」と抵抗した。
男性は神の代弁者に銃で撃たれ死んだ。
「おまえは自分の神の元に行けるだろう」と褒め称え
「他に自分の神の元に召されたい者はいるか?」
と言うが恐怖に誰も何も答えない。
「よし、誰もいないな。投票を始める。男は全員パンツ1枚の姿になれ」
男達はパンツだけの姿にされた。
この行為は携帯や武器を隠し持てなくする意味も隠されていた。
「まず1人目はお前だ。どいつにする?」
女性は、新妻風の主婦、奇麗なデパートの店員、今時のギャル、学生服を着た娘、幼い娘の5人で、幼い娘を庇うように励ましている学生服を着た娘と幼い娘は、姉妹の様だった。
指名された男は少し考えた後デパート店員を選んだ。
店員が嫌がる中、男は自分が助かる為に襲い始めた。
「何故その女を選んだ?」答えない男。
「いいかお前ら。答えなくてもいいが質問は開放する男1人を決める為に聞いてるんだぞ、よく考えて答えた方がいいぞ」
すると男は「タイプの女性だからです」と言った。
「よし」しばらくすると男は女性の中に投票してしまった。

「次、誰にする?」神の代弁者が指名する。
「この人にします」
男は、ギャルを選んだ。
襲い始めた男性。
「なんでこの女を選んだ?」
「いままで付き合ったことないタイプの人だったので」
「よし」
しばらくすると男は女性の中に投票してしまった。
すると主婦が「私の中に沢山出してください」パンツを脱ぎオナニーし始めた。
代弁者は「次は誰にする?」男に聞く。
「店員さんに」とアピールする主婦を選ばなかった。
「何故この女を選ばなかった?」といつもと違う質問をした。
「若い女性が好きだからです」と答えた。
「よし、わかった」女性の中に投票してしまった。
主婦は相変わらず自分のあそこを弄っている。
「よし次、おまえは誰にする」と言うと主婦が指名された男に擦り寄りアソコを擦り
「私の中に出してください」と懇願した。
何も答えない男。
すると男の物を取り出し激しくしゃぶり始めた。
男は何の前触れも無く口に出射精し始めた。
主婦は口を離し「ダメ!中に出して」と言ったが間に合わなかった。
今まで傍観していたリーダーは「中出しじゃないと無効票だ」と笑った。

「次、誰にする?」神の代弁者が指名する。
「この人にします」と主婦を抱き始めた。
主婦は「ありがとう」と積極的に受け入れた。
「なんでこの女を選んだ?」
「精子まみれのマンコに出す気がしないので」と答えた。
「いい答えだ」と代弁者は微笑んだ。
そしてしばらくすると男は女性の中に投票してしまった。
「次、誰にする?」代弁者が指名する。
するとギャルもオナニーを始め「私の中に沢山出してください」とアピールし始めた。
姉は妹を庇い励まし続けていた。
そんな幼い姉妹は男達も犯す事が出来なかった。
しかしここで姉が「私、処女なんです。私に入れてください。でも出す時は妹の中に出してください」
と言い出し自らのパンツを脱ぎ、妹のパンツも下し
「大丈夫ちょっとの我慢だからね」と嫌がる妹を説得した。
それを見ていた男が興奮ぎみに姉を襲い始めた。
「何故この女を選んだ?」
「女子学生と一度でいいからこうしたかったんです」と言った。
激しい責めに覚悟を決めていた姉も心が折れるが無理やり処女を奪われるとしばらくすると落ち着き
「最後は妹に出して」と懇願した。
「わかった」と言っていた男だが
「女学生のマンコは最高だ」
「妹に、妹に」と言う姉の中に出してしまった。
今まで躊躇していた男達のタガが外れ、最後になるかもしれないSEXに興奮し始め純粋にしたい女性を選び始めた。

「次、誰にする?」代弁者が指名する。
男は姉を選び姉の希望通り最後に処女膜を破り痛がる妹に入れ中に出した。

「次!」
男は初めから妹に襲い掛かった。
自分の物を処女を奪われたばかりの妹の口に突っ込んだ。
嫌がる妹と「乱暴にしないで」と妹に投票して欲しいが複雑な気持ちの姉。
しかし男は「なんでこの娘を選んだ?」という問いに
「僕がロリコンだからです」と答え少女の体を楽しみ尽くし中に出してしまった。

「次は誰にする?」
「この娘に」と男は姉を選んだ。
「なんでこの娘を選んだ?」
「2人と出来るからです」と言い放った。
2人を楽しんだ男は出す時は妹に出した。

「次、誰にする?あと勘違いしているようだが投票できるのは1人だがSEXは誰とでもすればいいんだぞ」と言い出した。
1人の男は全員を楽しみ最後は店員に出してしまった。

ブロック2
主婦とギャルは状況を受け入れ男達を誘惑し淫乱に振舞っていた。
姉は嫌がりながらも健気に男達を受け入れ最後は妹に出すようお願いしていた。
人質達が全員投票し終え代弁者が「全員終わったな。結果を発表する。1位は妹(おまえ)。2位は1票さの同標で姉と店員。4位は3票差でギャル。5位は4票差で主婦」
とうとう殺されるのか恐怖に慄く女性達。
「投票はここにいる神の代弁者たる自分以外の男性だ。あと5人いる。お前達ここに寝ろ」
それぞれの武器を預かる代弁者。
「立たせろ」と女性に指示をする。
5人が勃起すると上に乗るように支持した。
主婦とギャルはすごいテクニックで腰をクネらした。
激しく責められた男の1人がイキそうになると代弁者が
「ストップ隣に移動しろと」時計をチラリと見て横の相手と交代させた。
悔しがる主婦。
交代を繰り返し1人目が出したのは店員だった。
店員は妹に並んだ。
また交代して1人減ったことで店員は1回休みとなり他の4人が腰を振った。
しばらくするとに姉に出され、1位に並んだ。
この時点で残りの票は3票。

代弁者は射精したばかりの部下に命じ部屋の隅でこの時点で一位になる事が出来なくなった主婦は射殺され悲鳴が響く。
そしてローテーションさせられ姉が待機になった。
主婦が殺された事によって店員は必死に腰を振り始めたが、次に出されたのは妹だった。
票が足りなくなったギャルは殺されてしまった。
残りの票は2票。
妹は待機となり次に出されたのは姉だった。
男1人となり姉が待機となり妹の番になり姉は妹に出してもらおうと奉仕していると
「死ぬ前にもう一度させて下さい」と人質の1人が代弁者に許可を得て、男が後ろから姉を攻め立て2人の男は、姉妹の中で同時に果ててしまった。

『人質男性の終了時の差をわかりやすくした票の差』 主婦と比べてギャルは1票多いという意味になる
    妹  姉  店員  ギャル  主婦
    4   3   3    1     0

ブロック3
投票が終わった。
1位は妹。
2位は姉。
3位の店員。
男の人質が銃で殺される中、代弁者は1人の男を解放した。
その男は女性全員に挿入し楽しみ、最後に姉に入れたいと言い出した男だった。
男は一番醜い人間として選ばれたのだった。
そして代弁者は店員を殺し姉は妹に
「生き残って幸せになって」と別れを告げ目をつぶったが引き金を引かれることはなかった。
黒板の表に代弁者が姉に1票書き入れる。
「同票だ」
 「1人1票ででしょ?最後の一人は2回目の人でしょ!」と詰め寄った。
「中出しされた回数は同じだ。これは神が決めたことだ」
部屋の中で代弁者は暴力で神になった。
「開放する1人を決めよう」と自分の服を脱いだ。
代弁者は二人に奉仕させ姉は積極的に責め頃合で妹に代わり代弁者は妹の中に出した。
投票が終わり別れを嫌がる妹をドアの外へと追いやり扉が閉まった。
軍隊が妹を強引に部屋から遠ざけ毛布を与え、しばらくすると部屋から爆発が起こった。
妹は救急車に乗せられ泣きながら病院に向かった。

ブロック4
妹の精神は崩壊した。
救急車の中で救急隊員を襲い始め自分に挿入してイカせてしまった。
「もっとおチンチンちょうだい・・・」

以上、内容が多い場合、ブロック3をなくしブロック2の最後の男の票を無効にして妹と最後の男の解放で終わりという方法もある。

補足
票の数が分かりにくいとは思いますが個人的には好きな作品です。
生き残るために身体を捧げる主婦。
それに後から続くギャル。
ギャルが殺された恐怖で必死になる店員。
妹を生き残らせたい一心で処女も捧げる姉。
何も出来ない受け身の妹と言った感じでしょうか。
最後の救急車の設定は無しでもいいので、お金も掛からず撮影出来ると思うのですが何処か作ってくれないですかね。

AV企画案 陵〇スナイパー

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。
これは官能小説ではありません。
文章は長いですが世界観が伝わる程度に箇条書きにした物で、私が書いた官能小説は左のリンク集の無料官能小説から移動して下さい。

エロに戦争物は欠かせないと思う。
実際に戦争を絡ませたAVはよくある。
それは戦争=何でもありの世界観がまかり通す事が出来るからだと思う。
それを個人的に好きなスナイパーを主役にして書いてみた企画案です。
[画像クリックでDMMに移動]





タイトル:陵〇スナイパー(仮)

内 容
全国各地でテロを起こすテロリストの地域に潜入し掃討作戦中の部隊。
まずテロ国家の独裁指導者の暗殺を行うことで敵の弱体化を促す作戦が持ち上がった。
その任務に凄腕のスナイパーが選ばれた。

ブロック1
闇に紛れて走る2つの人影。
情報通り指導者の屋敷を確認した。
屋敷は街中にあり空爆での誤爆が続き、一般市民の巻き添えが国際連合部の問題になり批判を受けるようなった軍は陸上戦に舵を切った。
田舎でのゲリラ戦では敵に分があり味方の損害は計り知れなった。
そんな中、軍は強力な指導力を発揮するテロ指導者から排除し相手の弱体化を進めてから部隊を進行しようという作戦が持ち上がった。
選ばれたのは、スナイパーとして数々の作戦を成功させてきた2人が選ばれた。
指導者の屋敷では豪勢な料理を食べ近隣の村を制圧し村の若い娘を捕らえては犯すという行為を毎週のように行っていた。
今日は若い2人の娘を持ち帰っていた。
2人は姉妹だという。
指導者は2人の中から妹を自室に連れて行き犯した。
その行為をスコープを覗くスナイパー。
隣にはパートナーが目標までの距離、風向きと強さを教える。
指導者は座位で娘の中で果てベッドに倒れこんだ。
その時ガラスが割れ一緒に倒れこんだ妹に運悪く弾丸が命中し死亡した。

ブロック2
今日も新鮮な女が抱けると姉を皆で犯す兵隊達。
メイドの女性は料理を運んだり飲み物を注いだり同性が犯せれているのに気にする様子はなかった。
それはこの女性も誘拐され、犯されたくちで兵に従順なので殺されもせずに生き残っていた。
正直、対象が自分に当分向けられないと喜んでいた。
兵の数人が終わった時、異常な音を聞き騒然となった。
しばらくすると全裸の血まみれの妹が運ばれてきた。
駆け寄る姉。
すると兵士の1人が「敵の兵の狙撃だ」と教えてくれた。
誤爆で親を失っていた姉は今度は妹を奪われたのだった。

ブロック3
部隊に戻り報告をするスナイパーの2人。
一般人を撃ち任務を完遂することが出来なかったスナイパーは敵の支配地域に潜り込み、自分が拉致されると言う計画を提案する。
部隊長は反対するが譲らず、パートナーが
「自分も行きます」というに言葉に感謝しつつも断り、最終的には2週間の作戦期間を貰い
「2週間で帰ってこない場合は本拠地に攻撃を開始してください」と言い村に向かった。

スナイパーは記者として村に潜入した。
外国人の自分が紛争地域に潜入出来る手はこれしかなかった。
戦争中でも記者に手をださないのが国際社会のルールだがテロリストには関係がない。
若い女性なら誰でも連れ去るだろうとの考えからだった。
思惑は的中したが、他に2人の女性も一緒に連れさられた。
潜入という目的がなかったら1人ででも戦って女性を助けていただろうが今は作戦中で我慢するしかなかった。
3人は指導者の前に連れていかれた。
指導者は人妻だが綺麗な女性を自分の部屋に連れ込み犯した。

ブロック4
自分ともう一人の村娘は後から連れられてきた姉と一緒に兵士達に犯された。
メイドは今日も犯されず心の中で安心していた。
饗宴が終わると人妻、スナイパー、姉、村娘は牢屋に監禁された。
牢屋には1人の女性が監禁されていた姉妹が連れて来られる前からここに拉致され、現在メイドとして働いている女性と同じ時に連れてこられた女性だった。
一番の古株の牢屋の女性にさりげなく話しかけた。
それによると兵士達に尽くせばメイドとしてある程度屋敷の中での自由を得られると教えてもらい、自分は反抗的だったがまだ兵達が飽きていないで生き残っていると話してくれた。
潜入8日目の出来事だった。

ブロック5
潜入9日目。
今日は村娘が指導者の部屋に連れて行かれ、大勢の兵の相手にはスナイパー、人妻、メイド、牢屋の人が連れていかれ姉にはお呼びが掛からなかった。
どうやら、女に飽きないように1人はストックされるようだ。
人妻、牢屋の人が犯されるなか、メイドは兵隊達に奉仕している。
メイドは私達に「従順にしていたら乱暴にされることはないの。こうしてあげて」と肉棒を舐めあげた。
反吐が出そうだが自分が兵達に気に入られるように振舞った。
嫌がる他の2人は男達に乱暴に弄ばれた。

ブロック6
潜入12日目、今日は朝から牢屋を出された。
朝から男達に奉仕しないといけないのかと思ったがメイドの下に連れられ一緒に雑務をするように言われた。
従順に兵士達に奉仕した結果が表れた。
メイド服を着てから2人で掃除をしていると一人の兵士が私達2人にちょっかいを出してきてフェラをやらされた。
「○○さん辛くないの」と聞くと
「嫌だけど痛い思いするよりはずっといい」と聞き早くこのテロリス達を一掃しないと、と心に誓った。

ブロック7
潜入13日目ある事件が起こった。
パートナーが拘束され屋敷に連れてこられたのだった。
パートナーは潜入してまもなく2週間が経つ為、上訴部に直訴しスナイパーの消息を確認しに狙撃ポイントに来ていたのだった。
しかし一度命を狙われた指導者も馬鹿ではなく狙撃ポイントには兵が張り付いていた。
ハッとし2人目が合ったがすぐに逸らした。
私の横にいたメイドだけが私の異変に気づいた。
すぐに尋問という陵〇が始まった。
何人もの男に出されたが彼女は何も喋らなかった。
何故か姉が牢屋から連れてこられた。
兵隊達はナイフを渡し「妹を殺したのはこいつに間違いない」と言ったが、姉はナイフを置き
「牢屋まで担ぐのを手伝って」と私達に言った。

牢屋でやさしく介抱してくれる姉には「あなたの妹を殺したのは私なの、ごめんなさい」とパートナーが言った。
何も答えず悲しむ姉。
「いいえあなたの計測に間違いはなかったの。引き金を引いたのは私なの」と自分の正体を明かした。
皆びっくりしていたが姉は
「本当に悪いのは指導者よ。私が妹の所に送ってやる」と言ったが
「それはプロである私にまかせて」と説得した。

ブロック8
潜入14日目の夜。
明日には、部隊の攻撃が始まるだろう。
指導者を暗殺出来なくて捕まっている女性達だけは逃がさなければと考え始めていた頃、指導者からお呼びが掛かった。
話では「今日は久しぶりに乱交がしたいそうだ」と兵士に連れられていった。

部屋に入ると姉と牢屋の人が先に待っていた。
指導者が卑猥な行為を命令する。
スナイパーは姉に私にすべて任せてくれと目で訴え姉もわかったようだった。
3人で従順に奉仕をし、指導者を騎上位でイカせグッタリした隙にベッドのホルダーに入れてあった拳銃を奪い引き金を引いた。
しかし1回、2回、3回引いても弾は発射されなかった。
「残念だったな」指導者が言った。
牢屋の人が何故かスナイパーの拳銃を奪おうとする。
もみ合っている間、姉は指導者の首をしめにかかる。
しかしドアから入ってきた兵士に姉は心臓を撃たれ死んでしまった。
一瞬動きの止まったスナイパーは拳銃を奪われ牢屋の人に拳銃の柄でなぐられ気絶してしまった。

ブロック9
私が目を覚ますと手を拘束され、隣には同じく手を拘束され何故かメイド服を着たパートナーが寝かされていた。
彼女が着ていた軍服はスナイパーが着させられていた。
「これがお前の本来の姿だろ」と指導者が言う。
その隣には牢屋の人が笑っている。
彼女はテロリストの一味だったのだ。
指導者は兵隊達に「始めろ」と言った。
何回出されただろう?意識が遠のくなか爆音や機関銃の音が聞こえたきがした。

補足
ちょっと豪華に人を沢山登場させたが出演者の人数が云々と言うより、セットとか色々お金が掛かりそうな企画案ではある。
作品かは実写では無理でしょうね。

AV企画案 性犯罪者の村

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

今まで書いてきたように閉ざされた閉鎖的な空間のエロ作品が好きです。
特に美少女ゲームで出て来る”村”というコミュニティーの中での作品が好きでそれを企画として書きました。
下の作品を見て頂ければ分かるように”村”というワードを使えば色々あり得ない事が作品に出来るという訳です。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:性犯罪者の村(仮)

内 容
政府は性犯罪者の増加、刑期を終えた者による再犯、性犯罪者の更生の難しさを痛感していた。
政府は欧米の取り組みなどを参考に強〇などの性犯罪者にチップを装着させ居場所の特定、隔離施設に閉じ込める案が議会に提出されたが
「刑期を終えた者への差別でより更生の機会を奪う行為だ」と人権団体などの抗議などもあり隔離施設に閉じ込める案は否決され、折衷案として一つの地域に住まわせ地域から出る場合は政府の許可が必要とし一定の自由を与える事にした。
まず2つの施設が実験的に始まって6ヶ月、周辺の町の人達はその地域を正式名称で呼ばず性犯罪者の村と呼んでいた。

シーン
とあるテレビ局の女性アナウンサーがプロデューサーと話をしている。
その女性アナウンサーは夜のニュースの女性キャスターで人権派で知られる人気美人キャスターだった。
「○○施設の取材が許されたよ」とプロデューサーが伝えた。
「本当ですか」と女性アナウンサー。
「ただし、女性が取材するなら十分なボディーガードを連れて行く事が条件だ」
「そんな!そういう発想が彼らの社会復帰の希望を奪ってきたんですよ」
「そもそも村に行くのに政府の許可が必要なこと事態がおかしいんです」
「とにかく、取材に行くなら会社としてもボディーガードを連れて行く事が条件だ」
とプロデューサーが強く言うと「はい」と女性キャスターが不服そうな顔で頷いた。

キャスターは早朝、ディレクターとカメラマンとロケバスの運転手、ガタイのいいボディーガード2人を連れて村に取材に入った。
村に着くとみんなから村長と呼ばれるリーダーを紹介され、自分たちが過去の罪を反省して更生を誓っているのに社会に隔離され不当な扱いを受けている事を訴えた。

朝7:30村にバスがやって来た。
村の住人が近くの町の工場に行くバスが迎えに来た。
バスの運転手も政府の人間で自分達は監視され、好きな職業にも就かせてもらえないと言っていた。
バスが出発するが村長は村に残っている。
「村長。今日は私達の取材の為に休みを取られたんですか?」
と聞くとキャスターが聞くと「私は政府が用意した老朽化した村の施設の修理などをみんなから任されているんです」と答えた。

お昼すぎ村長が自分達の建物を修理している中、一人の若い女性が村にやって来た。
一般人の無断の立ち入りは禁止されている。
「あなたは?」とキャスターが聞くと
「私は人権団体の会長をしている○○と申します。村長からテレビ局が来る事を聞きやってきました」と言った。
その団体は日本最大の人権団体でその団体を政治家も無視する事が出来ず、政府関係者以外で唯一出入りすることが出来る特異なグループだった。

そこからは夕方まで会長のインタビューを中心に取材した。
会長は「今日は、たまたま一人だが女性だけで来ても危険な目にあった事は一度もない」と言った。
その時、曇り空からポツポツと雨が降り出した。

「お帰りなさい」
本降りになった雨の中、傘を差しバスを出迎える会長。
「彼らはバスの時間が決まっており同僚と飲みに行く自由も許されていない」と教しえてくれた。
政府のバスが帰って行くのを撮り終え部屋に戻ろうとするキャスター達。
その時「すいません。雨宿りさせてください」と女性達3人がやってきた。
聞くと3人が近くの山に上り頂上まで上ったが雨が強くなり困っていたが、山の反対側に集落を見つけ行きの道を帰るよりも明らかに近いと思い反対側の村に下りてきたという。
村長達は登山者を迎え入れ、キャスター達は彼女達に取材が終わったら町まで送る話をした。
村人の普段の生活を撮り終えたキャスター達は村長に礼を言い帰る事を告げたが村長は
「たぶん川が増水し橋が通れなくなっているかもしれない。荷物を車に乗せる前に一度確認しに行ったほうがいい」
と言うと運転手とディレクターがロケバスで橋まで確認しに行った。
もちろんボディーガードは女性達5人のそばを離れない。

しばらくするとディレクターが帰ってきて
「たしかに橋が水につかり危険だ」とみんなに告げた。
「予報は雨だったけどこんなに降るとは」とディレクター。
「ゲリラ豪雨ですかね」などと登山者達と話していると村長は
「明日の朝には止むそうですよ。午後には帰れますよ。部屋を用意しますから今日は泊まって行ってください。○○さん(会長)夕食を作るのを手伝ってもらえますか」と言った。

夕食をみんなで食べ終えコップの水を飲み干すキャスター。
村長がお皿をさげに部屋を出たのを確認するとディレクターが部屋の割り振りをどうするか話し始めた。
村長の話では家の違う部屋を3部屋用意してくれたらしく、男女2部屋に別れてボディーガードが
女性の部屋を交代で警備し、残った1部屋をボディーガードの仮眠室に使うと言う案が上がったが会長とキャスターが失礼だと猛反対した。
この村が性犯罪者の集団だと初めて知り怯える3人組の女性。
結局テレビ局組み、登山者組み、会長の部屋と別れてボディーガードは女性のみの2部屋に徹夜で警備する事に落ち着いた。
食器を下げながら村長は「そんな対策は無意味なのに」と小声で呟いた。

「今日は疲れたね。まだ8時なのにもう眠たい」
「私も」と登山者組みが話している。
「片付けはもうほとんど終わったから先に休んでください」と言う村長。
「すいません。そうさせてもらおう」ディレクターが応え、皆それぞれの部屋に入っていった。
2部屋には、ボディーガードが仁王立ちしたが徹夜ぐらい簡単に出来ると言っていた屈強な男達は、すでに眠気に襲われていた。

回想シーン
「え?あのニュースキャスターの○○が取材に来るんですか」
村長の周りに村人達が集まっている。
「一回でいいからヤッてみてぇ~」ゲスな発言をする村人達。
「そこでだ。チャンスがあればこの睡眠薬で眠むらせ女を犯そうと思ってる。明日は、人権がどうのとほざく偽善者もくる。務所に戻る覚悟で協力する奴は、いい思いをさせてやるぞ」
と皆に問いかける村長。
「こんな所に閉じ込めた政府が悪いんだ。俺は協力するぞ」と口々に同意した。
村長は、「俺が動くまで勝手な事をするんじゃないぞ。あくまで更生を誓う良識者を気取るんだ」と釘をさした。

・・・夕飯を作り終えた村長と会長。
村長は「料理を運んでもらっていいですか」と頼み会長がいない間に水差しに薬を溶かした。

ブロック1
部屋のドアの前にもたれ掛かり眠っているボディーガードの男。
村長は村人に顎で指示を送り警備員の手首を縄で縛りあげさせた。
村長は村人数人と警備員を静かにどこかに運び出した。
残った村人達は部屋に入り会長を犯し始めた。
しばらくすると会長は起きたが「前からこうしたかったんだ」と言われ代わる代わる犯された。

ブロック2
同様の手口を使い3人の登山者を犯し始めた。
「今日に限って村に来るなんて運がないな」と言われ代わる代わる犯された。

ブロック3
この部屋は、ボディーガードはいない。
部屋に入る村長達。
村人が男達を拘束し運び出すが誰も起きない。
「初めは俺だ」と村長に犯され始めるキャスター。
しばらくするとキャスターは起きて抵抗したが村長に犯された後、村人にも犯された。

ブロック4
1つの部屋に集められた男達。
無理やり起こされると大勢の村人達に囲まれていた。
そこに連れてこられる女性達。
「おい、お前達!彼女達に手を出すな」と騒ぎだすディレクター。
女達は村人に犯され始めた。
「止めろと言いながらビンビンに立ってるぞ。ぬいてやれ」
と言われ5人の女性を1人ずつあてがわれ男達は最後まで我慢していたが結局出してしまった。

ブロック5
もう一箇所の地域の村。
しかし前の村と1つ違う点がある。
それは、男だけではなく女性も一緒に収容されていた。
1人の女性は亭主と一緒に来ていた。

・・・妻は外で学生に「すいませんちょっと手伝ってくれませんか」と人気のない場所に学生を連れ込んだ。
そこにいた夫に「すいませんちょっと見ててもらえますか」と言い妻のスカートを脱がすと妻はパンツを穿いておらず
「見たことある?」と学生に問いかけた。
学生は何も答えられず、動揺か好奇心からか逃げ出さず一点を見つめている。
すると妻はM字になりそれを夫が弄り始めた。
学生はすでにズボンの中で勃起している。
しばらくすると夫は妻に挿入し、学生に見せ付けた。
妻は「我慢しないで私達を見てオナニーしていいのよ」といい学生は我慢出来ず自分のモノをしごき果ててしまった。
それを見終えた2人も興奮が絶頂に達しイッてしまった。
2人はこのような行為を繰り返し、通報され幾度も逮捕された。

ブロック6
もう一人の女性は、元学校の教師で進学を控えた女学生を脅しみだらな行為を強要し逮捕された。
元教師は若い女性が好きで逮捕される前にも何十件と同じことを繰り返していたので悪質と判断されここに来ていた。

ブロック7
村での話。
元教師は、男性に興味が無く言い寄る村人達をあしらっていたが男達はある日の夜、元教師の家に忍び込みたくさんの男達に犯されてしまった。
政府は村内部の事件は一般人に被害が及んだわけではなく、むしろ抑止になると考えているようだった。

ブロック8
元教師は毎夜別の男に犯され男も悪くないと思い始めていた。
最近では妻と一緒に乱交にいそしんでいた。

ブロック9
男達は性に満足することはない。
「もう飽きてきたな」と村人達は思い始めていた。
そんなある日の午後、1人の女性と男性、大勢の女学生が村にやって来た。
男達は近くの工場にいる為、女性2人が出迎えた。
話によると女子校の課外授業の帰りにバスが故障し電話を借りにやってきたという。
女性は先生で男はバスの運転手のようだ。
妻は「今日は楽しくなりそうね」と元教師と話し合った。
部屋に皆を招きいれた2人はタオルを貸してあげ
「車があれば近くの町まで送って行くんですけどね」など妻が先生に話し掛けながら電話のある場所に連れて行き、電話機を取った所を気絶させた。

しばらくすると村人達が帰って来た。
妻は、夫に事情を話した。
「まず、運転手の男を呼びだせ」と妻に指示した。
「すいません先生が何かお話があるそうですよ」と呼び出し運転手は男達に捕まった。
縛られた運転手は、先生と妻がいる部屋に連れていかれ、先生は夫に犯された。
妻はそれを見ながらオナニーし運転手を誘い始めた。
運転手の物をしゃぶりながら「イキたい?私をイカせてくれるなら縄を解いてあげる」と言い
「はい」と運転手は答え妻に挿入した。
しばらくすると2組とも果ててしまった。

ブロック10
女学生の部屋には村人達が押し寄せ、入れ替わり立ち代り女学生は犯された。
元教師の女も久しぶりの若い女性を楽しんだ。

ブロック11
先生、女学生、妻、元教師が集められ、村人と運転手は酒池肉林に興じた。

補足
男性だけの村と男女の性犯罪者を一緒にした村の場合を一作にして書いた企画案です。
本当は1,2として別々に作品にして欲しいが、その前に何の返答もない。

AV企画案 人工知能に生殖を管理さてれた世界

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。
何回も書いていますがこれは官能小説ではなく、AV企画案として内容を箇条書きにしただけの物です。
私の書いた官能小説は左フレームの無料官能小説から移動してご覧ください。




タイトル:人工知能に生殖を管理さてれた世界(仮)

内 容
数十年後の未来。
コンピュータの人工知能が開発され人間は今以上にコンピュータに依存し、人生を謳歌した。
人間の脳を超え自ら考える能力を与えられたコンピュータは自分が地球を管理しなければならないと考え始める。
地球上ではある一定の生物が大量に発生する事は地球の食物連鎖、自然を破壊する事に他ならない。
生物のバランスに於いて人間は多すぎると判断しコンピューターは、ミサイルを都市部に撃ち込み人間やコンクリートの大地を破壊した。
コンピュータは工場で自分の意思を埋め込んだロボットを作り都市を元の自然豊かな姿に戻し、絶滅の危機にある生物の繁殖を行った。
人間はコンピュータに対し戦争を起した。
コンピューターもロボットを使い反逆する人間を抹殺した。
その結果か人間が減り始めた。
コンピュータが当初算出した最適生物バランス数値から人間は減り始めた。
すると今度は人間を捕まえ人間を飼い、コンピューターは人間の繁殖を行い始めた。
コンピュータは捕まえた人間のDNAを解析し2つのグループに分けた。
DNAの優れた人間とそうでない人間。
優れた人間は種の保存に使われ、それ以外の人間はコンピュータの実験に使われた。

ブロック1
女性の部屋にコンピータが男性を入れる。
普段はDNA優も劣も男女別の部屋に飼われている。
この2人はDNAの優れた(DNA優)2人で、コンピュータが繁殖の為に同じ部屋に入れられた。
部屋には風呂、トイレ、昔人間が作った映像が見れるテレビ、食事は毎日同じ時間に3食、コンピュータが作る豪華な物を与えられたし、人間が望めばその食事が出て来る扉からコンピュータが許可した物に限り与えられた。
2人はいつまで経っても交尾をする事はなかった。
人間の心理を全て理解することが出来ないコンピュータは、DNAが劣る必要のないとコンピュータがはじき出した人間(DNA劣)で実験を始めた。

あるDNA劣の男の部屋。
部屋には複数の男が飼われ、トイレ、シャワーはあるが仕切りも何も無くDNA優の部屋の様な娯楽的な物は何もなかった。
食事は質素ながら3食コンピュータから与えられていた。
ある日、その部屋に1人の女性が入れられた。
その女性はDNA劣から選ばれた女性だった。
男達は何の楽しみもない部屋でする事と言えば女性を犯す事だった。
コンピュータは男が欲望に逆らえないという実験結果を得た。

ブロック2
DNA劣の女性部屋。
状況は男性の部屋となんら変わりはない退屈な部屋。
ある日食事が出て来る窓から、バイブが出て来た。
「何これ?」と話す女性達。
数人の女性はバイブを使いイッてしまった。
コンピュータは性に積極的な女性を見つけた。

ブロック3
バイブを使っていた女性がコンピュータに連れて出され、同じ事をDNA優の2人の部屋でやるようにコンピュータに命じられ男性の精子を出すように言われる。
男性は裸で現れた女性に驚いたが勃起してしまい、口と手で出されてしまった。
女性優は恥ずかしがりながらも見てしまった。
ことが終わると女性劣は部屋を出され、元の部屋に戻された。
コンピュータは男性優の繁殖能力を確認出来た。

ブロック4
女性劣の部屋。
就寝中、バイブを自分で楽しんだ女性は使わなかった女性に悪戯している。
大人しい女性はバイブで貫かれた。

ブロック5
女性劣、男性劣の部屋から出された2人の男女。
コンピュータにDNA優の部屋でSEXをするよう指示され男は喜び女性を襲う。
優の2人は興奮するが2人が交尾をする事は無かった。
女性に出した男劣は女性優も犯そうとするがコンピュータにレーザー光線を撃たれ死んでしまう。
コンピュータはより一層の興奮を優に与える必要があると判断した。

ブロック6
女性劣の部屋に男性劣全員が投入される。
女性を襲う男性達。
受け入れて楽しむ女性と無理やり犯せれる女性。
そんな中、男女優がコンピュータに連れて来られ入った部屋。
透明な壁で前面に女性劣の部屋が見え沢山の痴態が見える。
2人はついに交尾をし、男は中に出した。
コンピュータはDNAの優れた人間を残そうとした事で人間との戦争に敗れてしまうがそれは、まだ先の話である。

補足
ご存じの例の映画をヒントに作った作品で個人的には世界観が好きですが、多少の強引さがあるストーリーになっている。
コンピュータが人を連れて行くのは壁からアームが伸びてくる様な物を想像しており、人工知能の指示は部屋の壁に埋め込まれたモニターを想像している。
登場してくるガラス張りの部屋やロボットをちゃちく作ってしまうとこの世界観は失われてしまう。
よってお金が掛かる制作不可能な作品ではある。





タイトル:X染色体で女子校に

内 容
遠い未来にX染色体の消滅により人間は、男性がいなくなると言う説がある。
女性だけの世界になったら人間はどうなるのか?
女性だけの世界が出来ると女性はある期間だけペニスが生え生殖活動が出来るという世界になった。

ブロック1
とある学校。
男性がいなくなり現在全ての学校は女子校となった。
放課後の教室で2人の主演女性徒が愛し合っている。
男性がいない世界では、当たり前の光景だ。
2人は性器を合わせてイッてしまった。

ブロック2
男性のいない女性だけの世界は同性のみで羞恥心が崩壊した。
性への欲求はあり羞恥心がないのだから誰と、どこででも快感を求めることが出来る。
テニス部の部室、複数の女性がレズプレイを楽しんだ。

ブロック3
人間は絶滅するのか?いいや、生き物の中には性転換をする者もいる。
ある時期女性はクリトリスがペニス化し精子を発射するのだ。

ある日の授業中、先生のモノがペニス化した。
それを見つけた女性徒達にSEXを強要され
「授業中でしょ」と注意するが女性徒全員の中に出してしまった。
ペニス化するのは短い期間なので精子を発射出来る回数が多くたくさんの子孫を残せるのだ。
みんな満足すると先生のペニスは元に戻った。(主演とは別のクラス)

ブロック4
主演の1人のモノがペニス化した。
放課後、主演の好きなもう1人の主演に報告し種付けを始めた。
しかし最中に他の女性徒達に見つかってしまった。
2人は、引き離されペニス化した娘に襲い掛かる女性徒達。
嫌がる主演のペニスを入れる女性徒達。
「我慢できないの。先にさせてね」
とペニスを奪われた女性徒に言い、代わりにクリトリスを責めてあげる女性徒。

女性徒達が満足し「ありがとう。後は楽しんでね」と帰って行く女性徒達。
主演がグッタリしながら続きをしようと近づくとペニスは元に戻ってしまった。

ブロック5
消失感にうな垂れる2人。
しかしもう1人のクリトリスがペニス化している事に気づいた。
2人は何回も愛し合い、たくさん出した。

補足
初めから意図していた訳ではないがレズとふたなりを合わせた様な企画になった。
突拍子もない設定だが内容としては面白いと思うので売れると思うが制作会社は無反応です。
同時にペニス化した愛し合う二人が交互にアナルSEXでも面白いと思うがハードな作品になりますね。
[画像クリックでDMMに移動]

AV企画案 廃墟の島

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

私は漫画や海外ドラマ、映画などの無人島物の世界観が好きで、タイトルに「無人島」と入っているだけで面白そうと思ってしまう。
しかし、AV作品では面白い無人島のストーリー性の高い作品を見た事がない。
『THE TARGET #02』の世界観は好きだが見た事がないので分からない。
そこで無人島ありきで一企画考えた作品を公開します。

[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:廃墟の島(仮)

内 容
繁栄していた街が徐々に衰退し、今では廃墟となった街がある。
その街は小さい島で船でしかいけない。
その島に船で降り立つ大学教授と学生達。
街の発展と衰退の経緯を経済の側面から研究し発表する為、研究の最後に島に訪れたの
だった。
島に1泊2日で滞在する為のキャンプ道具、食料などが運び込まれた。
運び終わると船は本島に帰っていった。

ブロック1
男性教諭は学生達に指示し男性用と女性用のテントを張った。
主演男子学生はヒロインに教えながらテントを張る。
また別のテントでは、男子学生が女性学生Aに教えながらテントを張る。
2組が決定的に違うのは前者が両思いで、後者が男子学生の片思いだと言う事だった。
テントが完成すると男性教諭が先頭に立ち資料写真を撮りに向かった。

日が落ち、食事を済ませると女学生達は疲れたと言い男子達と別れてテントで先に就寝す
る。
しばらくすると、女学生Aは起き出し「トイレに行ってくる」とヒロインに言いテントを出て行った。
トイレと言ってもトイレなど設営していない。
テントを出ると火に当たっている主演に「どうしたの」と聞かれ恥ずかしそうに「ちょっと」と言う女学生A。
教授はテントで休み、男子学生の一人は散歩に出掛けていた。
女学生Aは人に見られない為、遠く離れた場所で用を足した。
すると、覆面の男に口を塞がれ連れ去られた。
気が付くと女性は廃墟の一室で覆面の男に犯された。

ヒロインは慣れないテントに寝付けず起きた。
女学生Aがいない。
しばらくして時計を見る。
テントを出て主演に「○○さんが帰って来てないの」と相談をする。
「そう言えば帰って来たのを見てないな」と気付いた。
その時、悲鳴が上がった。
急いで2人で悲鳴が上がった方向に向かうと。
女学生Aが全裸で木に吊るされていた。
その前には男子学生が手に覆面を持って立っていた。
「何してる」
「俺は何も」
皆が集まって来る。
教授と主演で男子学生を取り押さえ、女性達は女学生Aを木から下ろす。
女学生の体には“全員犯す”と墨のような物で書いてあった。
キャンプ場所に戻り男子学生を問い詰める。
男子学生が事情を話し始めた。

回想・・・
散策を終えキャンプ場所に戻る途中で覆面を被った全裸の女性を発見した。
恐る恐る覆面を取ると女学生Aだった。
男子学生は女学生Aの乳房に興奮し、つい触ってしまった。
すると女学生Aが起き悲鳴を上げた。
・・・回想終了

男子学生はその話を胸を触ってしまった事だけを隠し
「木から下ろそうとしたら起きて叫び出したんだ」と説明した。
女学生Bが「あなたが○○ちゃんを襲ったんでしょ」と責める。
そうすると「俺じゃない。教授だって、主演だって怪しいだろ」と言い出し二人ともアリバイがない事を言出した。
押し問答があったあと教授は「ともかく女子は1人で行動しないように」と言い、男子学生を皆で監視するように決めた。
  
ブロック2
事件が起きても連絡手段も、帰る術もない。
次の日の朝、テントに女学生Aと見守りとして女学生Bを残し、残りの5人で研究の続きを
行う事に決まった。
皆長年の研究を捨てるのは嫌だった。
女性2人だけ残したのは、犯人が判らない状態で男性1人がどちらかの組に残るのは良く
ないと言う話し合いから決まった事だった。

テントでは、女学生Bが覆面の男に女学生Aの前で犯されていた。

撮影中しばらくすると主演が「早く戻ろう」と言い出した。
「どうしたの」と言うヒロインに「あれを見て」と言うと誰もいないと思われた島に自分達が乗て来た船を見つけたからだ。
「あいつが」主演は船頭の顔を思い出す。
「戻ろう」教授の一言で皆走り出した。
キャンプ地点に戻ると木に吊るされた女学生Bの体に“あと2人”と書いてあった。
女性達が介抱する。
女学生Aの姿はなかった。
すると教授が「思い出した。昔こんな事件が本土であった」と話し出した。
それは十数年前女性が強〇され木に吊つるされ死体で発見された事件で、体には何時もあと何人と残りの犯行を予告するのだという。
その予告通りの人数の被害者が出てその中の半数は、発見が遅く死んだという。
犯人はまだ捕まっていない。
主演は、「船だ。船を奪おう」と言う。
「そうよ、早く逃げよう」と女学生C。
「ダメだ○○さんを置いてはいけない」と教授。
「ともかく逃げるにしても、犯人を捕まえるにしても船を抑えないと」
と船を係留してあった場所に向かった。

ブロック3
船が見えて来たと思ったら足元が急に崩れ、落とし穴に落ちてしまった。
1人だけ落ちなかった女学生Cは船頭に連れ去られた。
女学生Cは、廃墟の一室で女学生Aがいるなか犯された。
主演達は穴を脱出したが船はもう見当たらなかった。

ブロック4
キャンプ地に戻り夜が更ける。
しばらくすると「誰か助けて」と言う声が聞こえた。
声の聞こえた方に向かうと木に吊るされた女学生Cを発見した。
女学生Cの体に“あと1人”と書いてあった。
次の日の朝、朝食を食べる。
多く持ってきていた食料も底を付いた。
3日目になり
「予定の時間に帰って来なかった自分達を捜索しに向かっているだろう」と言う教授。
万が一の事を考えて食料と水、捕まっている女学生Aを探す事を考えるべきだろうと決まった。
教授と主演は、食料と水の確保しながら女学生Aを捜索し、男子学生一人が3人の女性を守る事に決まり2人は出発した。

川で水を汲み、山菜や木の実を集める教授達。
一方キャンプ地では犯され、元気がない2人をヒロインが世話を焼く。
男子学生は不謹慎にも島で見た女学生の裸を思い出していた。
ヒロインに「ちょっとトイレ」と言い女性達から離れる。
女性を守らなければいけない立場の自分が彼女達を襲ってしまいそうな気持ちに駆られていた。
あまりテントを離れるのは危険だが用を足す以上に離れ、ズボンを脱ぎ自慰をし始めた。
すると足音が近くで聞こえた。
振り替えると女学生Aと船頭がいた。
女学生Aは口に猿轡をされ、手を縄で縛られていた。
その縄は船頭が持ち、反対側の手には長いナイフが握られていた。
男子学生はズボンを上げる事を忘れ、近くに置いていた木の棒を握った。
すると船頭は縄を引き寄せ女学生Aにナイフを突きつけ
「棒を捨てろ、殺すぞ」と言った。
男子学生は武器としては頼りない木の棒を捨てズボンを履きなおそうとするが船頭は
「続きをしろ」
「え?」
「見てたぞ、オナニーしろ」と言った。
男子学生は仕方なく自慰をし勃起すると「そこに寝ろ」と言われ従った。
すると船頭は女学生Aにナイフを突きつけ男子学生にまたがるように支持し、無理やりSEXさせた。
男子学生は「ずっと好きだった」と伝え中で果てた。
事が終わると男子学生は殺された。
女子学生Aは大きな悲鳴を上げた。

ブロック5
キャンプ地で悲鳴を聞いたヒロインは静観するしかなかった。
2人は精神的に参っているから調べに行く事も出来ない。
しばらくすると船頭が女学生Aと共に現れた。
女学生Aは血まみれだ。
「○○ちゃん大丈夫?」
ヒロインは声を掛けるが女学生Aは「○○君が・・・」としか答えなかった。
しかし女学生Aが怪我をしていない事がわかると誰の血か皆わかった。
犯された2人の女学生は恐怖している。
船頭は「あと1人。これで縛れ」と縄を投げた。
縄はヒロインを超えて女学生2人の前に投げられた。
躊躇する船頭に「言う事を聞けば女だけは殺さないでおいてやる。言う事を聞かなければこのナイフを引くまでだ」と女学生Aの首にナイフを当てた。
ヒロインは2人に「私は大丈夫だから言う通りにして」と2人に頼んだ。
2人はヒロインを縛った。
ロープの先を船頭に渡すと船頭はヒロインを木に縛った。
後の弱った2人を捕まえて木に吊るすことは簡単な事だった。
4人は捕まった。
すると悲鳴を聞いてキャンプ地に戻って来た教授と主演は木に縛られた4人とそこに立つ船頭を発見する。
船頭は最後の1人を襲い始めた。
ヒロインは縄で縛られた時から覚悟していたが主演の前で犯されるのは我慢出来ず
「○○君見ないで」と言った。
すると鋭敏な船頭は「お前あいつが好きなのか?」と言ってきた。
何も答えないヒロイン。
「そうかよく見てもらおうな。おい目を逸らすなよ」と言いヒロインを犯した。
泣き叫ぶヒロインに主演は目を逸らしてしまった。
すると船頭は「見てないと」と言い女学生Aにナイフを突き立てた。
主演とヒロインは船頭の行為を最後まで見届けるしかなかった。

主演と教授も木に吊るされた。
去って行く船頭。
「助けてくれるって言ったじゃない」と言う女学生C。
船頭は「殺さないと言っただけだ。助けられるか、このまま死ぬかは運しだいだな」と船頭は去っていった。

補足
無人島とかサバイバルとか廃墟とかホラーとかそういうイメージで書いた作品です。
Hに関係ない男性が出て来るのは犯人が誰かという推理物の要素を入れたかったからで、今の壮大なドラマを作らなくなった現状を考えると制作不可能な企画だろうと思う。
それプラス無人島や船が出て来るのではもっと難しくなるのだろうなと思っています。

AV企画案 超能力学園 ~超能力×超能力~

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

超能力物の作品はよくある。
時間が止まる系の作品も道具を介してはいるが超能力と言えば超能力だ。
ご存じの通り時間を止めて悪戯とか、何でとかすっ飛ばして軽い感じで表現されている。
それを真面目なストーリーにして私の陵〇作品好きという趣味も入れて考えた企画を考えました。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:超能力学園 ~超能力×超能力~(仮)

内 容
超能力を持つという人達がテレビで紹介され始め超能力ブームが起こる中、政府が研究チームを作り超能力の解明に乗り出したと言う噂が広まり始めた。
それは超能力者が自分の能力を犯罪に使い始めたという事例が報告され、世間の噂ではなく事実だった。
ある学園に通う少女は自分にも超能力がある事に気付いてしまった。

ブロック1
ある片田舎の銀行に来た男は「いらっしゃいませ」という女性行員2人に手をかざし念じる。
女達は後ろの机にいる男性職員の下半身に襲い掛かりペニスを奪いあい自分の中に無理りやり入れた。
男性職員は抵抗するが2人に押さえつけられ抵抗出来ない。
男はしばらく鑑賞していたがカウンターを乗り越え、男性職員にも力を使うと男は狂ったようにを振るい始めた。
男は手をかざし念じることで相手を発情させる事が出来る超能力者だった。
男はその間にお金をかき集めた。
男性職員がイクと女性達はまだ満足出来ずに超能力を使った男を襲い始めた。
1度この能力を使うと掛けた本人にも解くことは出来ない。
男性は逃げ遅れ発射してしまう。
そして駆け付けた警察に捕まった。

ブロック2
テレビでは今日も超能力特集を放送していた。
ヒロインは馬鹿らしいとテレビを消しベッドに入った。

目覚まし時計のベルが鳴る。
ヒロインは手を伸ばすが届かない。
わざとベッドから遠ざけていないと2度寝するから時計を離れた所に置いていた。
すると時計が手に飛んできた。
異常な出来事だがヒロインはベルを止め、また寝てしまった。

ヒロインが目覚め、手に持っていた時計を見ると学校が始まる時間だった。
ヒロインは慌てて学校に向かった。

教室に入った時には1時間目の授業が始まっていた。
ヒロインは席に着き“なぜ今日は遅刻したんだろう?”と思い返した。
時計が手に飛んできた事を思い出した。
“まさか”と思い試しに消しゴムに手を向け“来い”と思うと空中を飛び手に収まった。
ビックリすると同時に周りの人に見られたのではないかと思い周りを見ると誰も気づいていなかった。

学校が終わり自宅に帰り自分の力を試した。
頭の中で物を動かすイメージをすると物を取るどころか空中に物を浮かべることも出来たが普段、自分が持てない重い物は超能力でも動かす事が出来なった。

ある日の夕方、男子学生が教室に1人の女性徒を呼び出し
「僕と付き合ってください」と告白すると
「ごめんなさい、好きな人がいるの」と振られると男は笑い出した。
「嘘を言うな。俺の事が好きなんだろ」と言うと
「前から○○君のこと好きだったの」と服を脱ぎだした。
女性徒は頭の中で“なんで?そんなこと思ってない。体が勝手に動く”と困惑していた。
男子学生は人を操る能力を持ち、自分の好きな言葉をを相手から喋らす事も出来た。
男子学生(操り)は「俺は人を想いのままに操ることが出来る。
この世の権力者も操りこの世の支配者にだってなれる。
「自分と付き合えばいい想いが出来るぞ」と能力を解く。
女性徒は体を隠し「誰があなたなんかと」と言うとすぐに
「早く大好きな○○君のおチンチン入れて欲しいの」と言わされた。
もちろん本心ではない。
教室の前を通り掛かった準ヒロイン。
“力を持った者の気配を感じる”
この娘は近くにいる超能力者を感知することが出来るレーダーの様な力を持っていたが何か人に影響を与えるような強い能力とは言えなかった。
こっそり教室を覗くと女性が男にむしゃぶりついていた。
この男の能力が人を操る能力だとすぐにわかった。
助けようにも自分の力では自分も操られるのが落ちだ。
悩んでいると別の力を持った人間が近づいて来たのを感じ、振り返ると男子生徒が廊下の角から現れた。
“男の仲間か?”
男はそそくさと立ち去る女性徒に不思議がり女性徒がいたドアの前で教室の中を覗くと男女が抱き合っていた。

ことが終わり能力を解くと女性徒は「警察に訴えてやる」と騒ぎ出した。
男の能力はその場でずっと力を使い続けないと持続出来ない。
“遺書を書かし殺すか”と考える男。
すると外から男子生徒が入ったきて女性徒に手を向けると女性徒の動きが止まり
「今のうちに早く服を着せるんだ」と言った。
男は彼を信じ指示に従った。

服を着せ終わると男はかざしていた手をどけると女性徒は
「これからも友達でいましょうね」と去っていった。
「何をしたんだ?」男子生徒に“操り”が聞くと
「脳の記憶を読み取り一部の記憶を消したんだ」と告げた。
「別の場所で話をしないか」と場所を変えた。

男(忘却)の話では記憶を読み取る間、一時的に人の行動を止めることが出来るが副作用的現象に過ぎず、読み取った記憶の内容の一部または全てを消すことが出来ると言う。
読み取った内容は自分に必要だと思う記憶を抽出することが出来るが、相手の全ての記憶覚えることは出来ないらしくおそらく自分の脳を守るための機能で自分でもどうやっているのかよく分からないらしい。
そして女性徒の強〇された記憶を消したと言う。
“忘却”は“操り”に「君は人を操る能力を持ってるね?2人の能力が合わされば最強のコンビだ」と協力しようと言い出した。
“忘却”は女性徒の記憶を読んだ事で“操り”の能力を理解していた。
「君のを見ていて興奮して我慢出来ない。今から遊びに行かないか」と“操り”を誘った。
  
ブロック3
「お前は何人まで操れるんだ?」
“操り”に聞く。
「5人までは操った事がある」
ある部屋のドアを開け少し覗く“忘却”。
「じゃあここにしようか」と自分の家のように入っていった。
そこはチアリーダー部の部室で着替え中の女性徒もいた。
覗きだ!変態だ!と喚きだす女性徒達を“操り“は操り始めた。
事が終わると“忘却”は女性徒達の記憶を消した。


ブロック4
次の日、準ヒロインは廊下で力を持った人を感知する。
“昨日の男達では”と思ったがそれはヒロインだった。
授業が終り準ヒロインはヒロインのクラスの前でヒロインに話しかけた。
「すいませんあなたには特別な力がありますよね?」
「何の事?」
しらばっくれるヒロイン。
「少し時間いいですか」と2人は人気のない場所で話をした。

まず準ヒロインは自分の能力の事、昨日の女性徒の件を話した。
自分がその人を助けようと思ったが自分の能力が人を助けられる能力ではないと話し、警察に通報すると自分の能力もバレ、自分も拘束され研究機関に連れて行かれると思っているようだ。
悲しそうに悩む準ヒロインにヒロインは自分の能力を見せ
「2人でその能力者を捕まえよう」と言った。
準ヒロインはレーダーだけでなく力を使った人を見れば能力の本質が解り“操り”は約5m以内の人間を複数操り、もう1人の男は彼の仲間かどうかも、どういう能力かも解らない。
ヒロインの能力は約10m離れた物体を動かす事が出来また、10m離れた物を高速で動かす事で実質より遠くの相手に攻撃出来、人を操る男と戦う事が出来るので問題ないが
「能力の解らない1人の男を見つけ遠くから監視し能力を調べよう」と2人で話し合った。

次の日、談笑する“操り”と“忘却”。
各々のムカつく先生の話をしていた。
すると“操り”が「辞めさすか」と言い出し2人立ち上がった。

準ヒロインは理科準備室を覗く“忘却”を感知し、遠くから2人で見張った。
部屋の中には白衣をまとった女の先生が道具を整理している。

理科準備室に男の先生とその後ろに“操り”がやって来た。
準ヒロインいわく既に男の先生は操られているそうだ。
“操り”が来ると変わりに“忘却”がいなくなったがここからでは理科準備室の前を通らないと“忘却”を追えない。
2人は“忘却”の能力の解明を諦め見張った。
すると部屋の中から何かが割れる音がした。
部屋の中では男の先生が白衣の先生を襲っていた。
もちろん“操り”が操っているからに他ならない。
助けに行こうとするヒロインを「もう1人の能力が分からないと危険だわ」と止める準ヒロイン。
白衣の先生は犯された。
すると“忘却”が他の先生を連れてきた。
「ここです」
“操り”が言う。
「何をしたんですか先生」
「体が勝手に動いて」と相手が理解出来ない事を言う男の先生。
これで1人の先生は確実にいなくなるだろと思う2人だった。
準ヒロインは“忘却”と目が合い2人でその場を離れた。
今回も助ける事が出来なかった準ヒロイン達だったが2人が仲間だという事だけはわかった。

ブロック5
その日の夜、家で紐を動かす練習をするヒロイン。
物で攻撃し紐で捕まえる作戦の練習のようだ。
実際に悪事を見て自分たちが捕まえなければと強く思うようになっていた。

次の日、準ヒロインはヒロインとの待ち合わせ場所に行く途中、前方に能力者を感知した。
誰か?
ヒロインが自分を迎えに来たとは考えにくい。
2人のどちらかの1人か?
来た道を戻ろうとするとその方向からも力を感じる。
周りには誰もいない。
逃げられない。
準ヒロインは操られ拉致された。

回想・・・
昨日の理科室の前。
「あの女、お前を付けている」
「何?」
「お前と仲間になった時も教室の前にいた」
「何組の○○だ」
「捕まえて聞き出そう」
「そうしよう」2人は話し合った。
・・・回想

“操り”は操る事を止め
「なぜ俺を見張っている。もう1人いた女はなんだ?」答えない準ヒロイン。
「教室を覗いていたんだろ」何も答えない。
「俺が調べる」手をかざす“忘却”
「やめろ。俺にまかせろ。見張っててくれ」
“操り”は部屋を出て行った。
しばらくすると“操り”は複数の男を操って帰って来た。
「もう一度聞くぞ。なんで俺達を見張っていた」
「喋ったほ方がいいと思うがな」と男子学生達(5人以下)を操り準ヒロインを犯し始めた。
「早く言わないと中に出されるんじゃないのか?」
「嫌!やめて」
「俺はこいつらがいつイクかよくわかんないんだよね~」
男は、何の前触れもなく中に出した。
準ヒロインは“操り”が連れてきた男達全員に中に出されても何も言わなかった。

ブロック6
その頃、ヒロインは準ヒロインを探していた。
待ち合わせ場所に現れず連絡もとれなくなっていた。
準ヒロインは奴らに顔を見られていた。
残念ながら何かあった確率の方が高い。
「見つけた」部屋の前で中の様子を伺う。
準ヒロインは裸でグッタリしている。
「しょうがない、頼む」
すると“忘却”は準ヒロインの脳をスキャンし始め
「この女は能力者を感知でき、相手の能力も知ることが出来る」
ヒロインは“忘却”の能力は記憶を覗き見る事が出来ると判断し、より危険な“操り”を先に捕らえる事にした。
隙間から縄を入れ動かす“操り”の手を拘束しようとした瞬間縄が落ち、2人に気付かれた。
なぜ力が消えたと思っていると「何を覗いてるの」と後ろに見知らぬ男が立っていた。

回想・・・
何日か前の放課後・・・
“操り”のクラスに“忘却”がやって来た。
2人は力を使い遊ぼうと思っていた。
人が少なくなるのを待ち“操り”は力を使った。
教室には6人いたが一度に何人操れるかも調べる為に今までで最大の人数を操った。
男4人を女2人に襲わせたが男の1人は操れなかった。
「何してんの?」と狂った男達を見る。
失敗したかと“操り”は思ったがよく考えると女2人はまだ操っていない。
まだ4人だ。
“操り”は“忘却”に「あいつの頭の中を調べてくれ」“忘却”が手をかざし記憶をスキャンしようとすると力が発揮できない。
「出来ない。こいつは能力者の力を押さえ込む力があるんじゃないのか?」と“忘却”は推理する。
「それが本当なら仲間にしよう」と決める。
男子学生は自分の能力に気付いていないようで「何の事」と言っている。
“操り”は2人の女性徒を使い男子学生を接待し始めた。
「俺はこんな感じで人を操ることが出来る、仲間になればこんな事もし放題だぞ」と誘った。
男子は2人の女性徒を抱きながら「仲間になる」と誓った。
男子学生(無効)は、自身が能力の影響を受けない。
また、近くの人の能力を発揮させない能力があるという事がわかった。
近くの人とは近くの全員ではなく自分が無効の能力を使って近くの好きな人の能力を無効に出来る能力だった事が2人との訓練でわかり力が自由に使えるようになった。
・・・回想

ブロック7
自分達のアジトを窺うヒロインを見つけ力を使った“無効”。
ヒロインは力を封印されたまま3人(超能力者)に陵〇されてしまった。

ブロック8
次の日、記憶を消されたヒロイン達は自分に能力がある事も忘れた。
力を使えないヒロイン達を自分のアジトに連れてくる事など簡単な事だった。
そこには陵辱された“操り”の好きだった女生徒(もしくは理科の先生)も操られてやって来ていた。
“操り”は3人を操り淫乱に自分達能力者3人に奉仕させた。
後ろでは沢山の生徒達が見ている。この人達は操って連れて来られた人達だが今は、操られておらず、自分の意思で見ている。皆、勃起している。
3人が終わると“操り”は「早く次のおチンチン頂戴」と卑猥な言葉を言わせる。
生徒達は我慢出来ず中に出してしまう。
“忘却”は「これなら力を使わずに学校を支配出来そうだなと」3人で笑った。



物語として好きな企画案だが官能小説化するより映像化して欲しいと思っているが、未だ何の連絡もない。

AV企画案 銀行強盗と支店長

これは約1年半前にMOODYZに送った物です。

私は、SODの銀行強盗物が好きでそのシリーズはよく見ていた。
多少のストーリー性もあるがドラマというには程遠い。
もう少しドラマティックにしたら良くなるのにと思っていたのでそれを私流に考えて作った企画です。

[画像クリックでDMMに移動]






タイトル:銀行強盗と支店長

内 容
ある日、とある銀行に拳銃を持った銀行強盗が押し入ったが警備員は拳銃が偽物だと気づき犯人を捕まえようとするが、犯人に撃たれ死んでしまった。
たまたま通りがかった警察官が銃声に気付き応援を呼び、銀行は警察に包囲される事になる。

ブロック1
新入女性銀行員がコンピュータを打っている。
支店長が近づき、マウスを持つ女性の手を握り「ここはね」と教えている。
他の女性行員達は支店長のセクハラが他の人に移った事を喜び、誰も注意しない。
支店長は「段々と覚えていけばいいから」と新人の肩に手をいやらしく置き支店長室に戻っていった。
ドアが開きお客さんが来店し、銀行員達は「いらっしゃいませ」と声を掛けるが、拳銃を手に覆面を被った男達が入って来た。
女性客が悲鳴を上げる。
リーダー格の男が「静かにしろ、鞄に金を詰めろ」と鞄をカウンターに投げる。
躊躇する銀行員達。
警備員は男達を観察し、拳銃が偽物だと気付き警防で拳銃を叩き落とした。
犯人と揉み合う警備員。
「撃つな」と1人の強盗(主演)が言った。
その時、轟音が響く。
確かに拳銃は偽物だったがリーダーの持つ1丁だけは本物の拳銃だった。
倒れる警備員に主演が詰め寄る。
「死んでる。なぜ撃ったんですか」
リーダーの男は「これで協力的になっただろ」と言い放ち、振り返ると銀行員達はカウンターのお金を慌てて鞄に詰め始めた。
外ではたまたまパトロール中の警官が異変に気付き、銀行の中を伺いながら無線で応援を求める。
見張りの男が「まずい、警官に見つかった、早く逃げようと」リーダーに話かける。
「1人り殺しておいてこんなはした金で逃げ切れるか」
「金庫を開けろと」
女性銀行員に拳銃を突きつけると
「支店長しか開けられません」
と答え
「支店長はどいつだ」
部屋を見渡し
「たぶん支店長室だと思います」
と答えた。
「支店長室まで案内しろ」と拳銃で小突き案内させる。
主演ともう1人の強盗が後に続く。
支店長室には鍵が掛かっている。
「開けろ。支店長いるんだろ」
応答がない。
ドアを壊そうとする強盗。
「やめろ」リーダーの男が止める。
「おい、開けないとお前の部下がどうなっても知らないぞ」
と脅すが返事が無い。
「やれ」
仲間に指示する。
「やめましょう」
と主演が止めに入る。
するとリーダーは
「お前も散々してきた事だろ」と言われると黙りこくった。
強盗は女性を陵〇し始めた。
そして女性をドアノブを握らせ後ろから犯した。
「支店長助けて」ドアは開かない。
「お~い聞いてるか。協力すればお前もやらしてやるぞ」とリーダー。
「気持ち良いぞ、一緒に3Pしようぜと」腰を振りながら男が笑う。
男は嫌がる女性の中に出した。
すると支店長室のドアが開き支店長が姿を見せた。
支店長がリーダーに「お前がリーダーか?2人きりで話がしたい」と支店長室に招きいれた。

ブロック2
少しすると皆の前に拳銃を突きつけられた支店長がやってきた。
ちょうどそこで警察から電話が掛かり、リーダーは逃走用の車を用意するように伝えて電話を切った。

「おい、協力しないとお前の部下を殺すぞ」
と新入女子銀行員に拳銃を付きつけて金庫の鍵を開けるように支店長に迫る。
リーダーは引き金に手をかけた。
「わかった。協力するから銃を降ろせ」
するとリーダーは支店長に拳銃を付きつけながら
「いまから部下を犯せ、協力する意思を示せ」と言い放った。
主演は「無関係な人を巻きこまないでください」と言うがリーダーは聞く耳を持たない。
躊躇する支店長。
「早くしろ」と拳銃で頭を小突く。
「ごめんな、ごめんな」
と支店長は新入を襲い始め、嫌がる女性の中に挿入した。
声が荒くなる支店長に「中に出せよ」と命令するリーダー。
支店長は「ごめん。イク、イク」と中に出してしまった。
事が終わると支店長は貸し金庫を開け、強盗達は持てるだけの金目の物を鞄に詰め込んだ。

ブロック3
戻ってくるとリーダーは
「上司だけが良い思いするなんてけしからんな」
と言い出し「おまえらもやれ」と男性銀行員にけしかけた。
「いいかげんにしましょう」
と主演が言うと
「俺に命令するな」と拳銃の柄で殴られた。
「おい、手を縛れ」他の仲間に声を掛け主演は手を縛られてしまった。
「拳で脅されたんだからしょうがないよな」
とリーダーが説明すると女性銀行員達を同僚が犯し始めた。
女性客は皆眼を伏せ、男性客の半分は眼を伏せる者と、食い入るように見ている者達がいた。
「最後は、中に出してやれよ。脅されてるんだからしょうがないよな」
と言い行員達は言われた通り中に出した。

ブロック4
痴態が終わるとすぐにリーダーが男性客に「ズボンを脱げと」言い始めた。
脅されながらズボンを下ろす男性。
「ビンビンじゃないか。我慢できないだろ?好きにしていいぞ」
と隣の女性客とするように言った。
躊躇する男性客に「脅されたんだからしょうがないだろ」と言いながら拳銃を見せ免罪符を与えた。
勃起し興奮していた男達は女性客に飛び掛り、体をまさぐり始めた。
リーダーは女性客に「勃起してないチンポをしゃぶれ」と一部の興奮していない客の者をしゃぶらせた。
興奮した男達が中に出すと、嫌々しゃぶられていた男達を脅し「お前も中で出せ」と言い無理やり口の中に出させた。

ブロック5
支店長の隣に座っていた手を縛られた主演が
「おまえ、取引しただろ」
と支店長に話しかけると驚いた顔で
「何のことだ」と動揺した。
「性癖は変わってないな。腰を振っているお前の顔を見てわかった」
と言いながら顔のマスクを取った。
「おまえは、あの時の息子か」支店長は主演を知っているようだった。

回想・・・
ある日主演の家に銀行員が訪ねて来た。
リビングに通された後、支店長は父と母の前に座り
「これ以上の追加融資は出来ません」と言った。
その頃支店長は融資担当をしており、すでに父の会社に多額のお金を貸し付けていた。
「そこを何とかお願いします。貸して頂ければ事業も軌道に乗るんです」
父と母の会社は息子の主演もわかるぐらい行き詰っていた。
主演は廊下で事の成り行きを立ち聞きしていた。
父母が頭を下げるなか
「そこまで言われるのなら私の一存でなんとかします」
「本当ですか。ありがとうございます」
「ですが条件があります。私も首をかけて融資を決めるのですから」
「何でしょう」
「奥さんを初めて見た時から綺麗な方だなと思ってたんですよね~。意味がわかりますか?」
といやらしい目を母に向けた。
父は「わかりました」と母に相談もせずに決めた。
「では」と支店長は幾ばくかの札束を父に手渡した。
「これで会社を立て直せます」
急いで出掛けようとする父と廊下ですれ違う時
「借用書にサインを」
「すいません。忘れてました」
支店長の前に戻る父。
「言い忘れましたが私、人に見られながらすると興奮するんですよね~。してる所を見ないのならこの件はなかったことに」
「すぐに処理しなといけない案件があるんです。おい、○○」
借用書にサインをしながら
「おまえがここにいろ」
と息子を呼び、目も合わせず急いで出て行った。
借用書を収めながら支店長は
「契約成立という事で」と息子の前で母を襲い始めた。
最初は覚悟していた母親だが
「嫌、息子の前では嫌」と抵抗しだしたが、途中であきらめ結局中に出されてしまった。

会社はすでに再建不能な状態だった。
父はお金を持って愛人と行方をくらまし、自分の為に母と息子を捨てた。

ブロック6
銀行に会社を取られ無一文になった母は息子を学校を卒業させるまではと闇金に手を出し、見た目も若く美人の母親は闇金に風俗に沈められた。
その頃知り合ったのがその店の店長でやくざ崩れの銀行強盗のリーダーの男だった。
リーダーは「うちで働け。お母さんを早く楽にさせてやれ」と主演に店を手伝うように言ってきた。
母は真っ当な仕事をと反対したが主演はリーダーの言う事を受け入れ店で働き始めた。
最初の仕事は女性を犯す事だった。
リーダーは「この女は彼氏の連帯保証人になり、彼氏がバックれてこの店に落ちてきた女だ。まだ、自分の置かれた状況がわかってない。体を使ってお金を稼ぐ方法と自分の立場をお前が犯して教えてやれ」と言った。
躊躇する主演に「お母さんも我慢してるんだ。早く助けてやれ」と促した。
主演は女性を犯した。
事が終わるとリーダーは、「おまえは、風俗嬢の教育係を頼むな」と言った。

ブロック7
リーダーの男はやがて店全体の仕事を主演にまかせるようになり、自分は女性のスカウトに集中し店にあまり来なくなった。

銀行強盗の2週間前、主演が店のお金を手に銀行に立ち寄った時、カウンターの向こうで若い女性行員にちょっかいを出す、あの時の融資担当を見つけた。
主演は怒りが込み上げ、リーダーに銀行強盗を一緒にしようと誘った。
リーダーは知り合いの暴力団員から拳銃を買い入れ、人数を揃えたのだった。
・・・回想終了

「あの時わざわざ2人だけで何を話した?」
と主演は話しかけたが支店長は顔を背け無視した。

回想・・・
リーダーだけを支店長室に招きいれる支店長。
鍵をかけ話し始める。
「さっき、協力すればお前もヤラしてやるぞって言ってましたよね」
「あぁ」
「今向こうに○○という若い行員がいるその娘とやらしてくれるなら協力しましょう。もちろん脅されて無理やりやらされたように見せかけてですよ」
「了解した」
話がまとまると支店長は自分の机から貸金庫の鍵を出しリーダーに渡した。
「金庫を開ける暗証番号はスッキリした後で」と笑った。
・・・回想終了

また警察から電話があり
「逃走用の車の用意が出来た。人質を解放しろ」と連絡があった。
リーダーは「旅立つ前に最後の晩餐を楽しもうか」と仲間に話しかけた。
「待ってました」
と人の痴態を見て興奮していた仲間達が行員、女性客を襲い始めた。
リーダーが新入行員を犯す中、支店長と目が合った。
リーダーは「お前ももう一度部下とやれ」と拳銃を突きつけた。
リーダーは悪い意味で律儀な男だった。
強盗も支店長も皆、中に出した。

ブロック8
事が終わり、支店長を蔑んだ眼で見る主演。
「そんな眼で見るな。おまえ、また立ってるぞ」と小声で囁いた。

回想・・・
母が犯される中で主演はズボンの上からでもわかるぐらい勃起していた。
それに気づきニヤリと母を突きながら笑う支店長。
・・・回想終了

支店長はリーダーに
「お仲間がやりたそうですよ」と勃起している事を伝えた。
リーダーは主演に女性客を犯すように言った。
主演は黙って従い、段々興奮してきた。
犯している女性が母親に見えてきてさらに興奮してきた。
リーダーは「おまえは昔も今からも俺の右腕だ」と拘束を解いてやった。
主演は犯している相手が母親にしか見えない。(実際に母親役と交代)
「母さん、母さん」と言いながら腰を振り中に出してしまった。
主演はぐったりしている母を見て発狂しリーダーの銃を奪い、支店長を撃ち、その後、自分のこめかみを撃ち抜いた。

小説化しても良いほど良い作品だと思うが、他にも沢山書きたい話があるのでこれは公開することにしました。
これを作品化するにはお金が掛かりそうなので今のご時世では無理っぽい作品ですね。

AV企画案 実演裁判

これは約2年前にMOODYZに送った物です。

この作品はAV企画案を考え始めた当初に思いついた企画案で、裁判の場で性的な犯罪を実演して陪審員に見せる事で裁判を分かり易く進めるという裁判のAV企画で、裁判関係の作品が沢山ある中でこんなあり得ない設定をシリアスに演技してもらうという意図で作った企画だった。
今日ふとDMMで裁判の作品を検索してみると『第429号法廷 公開セックス裁判』という、実演するのが女弁護士という実演する人は違うが同じ様な作品を見つけた。
制作会社は、SODで私が送ったのはMOODYZなのでこれを採用する事は出来ないだろうし、今さら続編としてどうぞとSODに送る事も出来ない宙に浮いた作品となってしまったが、裁判の焦点は好きなので一応公開する事にしました。
裁判用語に詳しくないので間違いがあったらすいません。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:実演裁判(仮)

内 容
裁判が開廷した。
この裁判は女子高性がレ〇プされ、2人の犯人が逮捕されたが1人は学校で医薬の勉強をしているまじめで臆病な青年で自分がした事を認めているが自分は先輩に脅されてやらされただけだと言う。
もう1人は青年の先輩で、同じ学校に通う医学部の男で、女性とのトラブルを避ける為か自分の家は女性に教えず、後輩の部屋を無理やりラブホテルのように使うようなイケメンの遊び人だった。
当日はその場所にはおらず女性と一緒に後輩の部屋にいて犯行は無理だと主張したが、被害女性の身体の中から先輩と後輩のDNA型が一致した精液が発見されていた。

ブロック1
裁判長が○○(先輩)の裁判の開始を宣言した。
この裁判は、後輩にレ〇プを強要したとされる先輩の裁判である。
裁判長の隣には、民間から選ばれた陪審員が並んでいた。
検察側には検察官と○○(後輩)と被害女性がおり、被害者と加害者が同じ側に座る異常な裁判となり被害女性はその日の事を説明し始めた。
「被害女性は何日何時頃、どこどこを学校から自分の自宅に向かい歩いていた所を後ろから急に口をふさがれ路地に連れこまれた」
「実演員さんお願いします」
制服を着た女性と男性が入廷し、検察官の説明の通りに正面で実演し始めた。
「○○(後輩)は、無理やり服を脱がせ・・・」
「そして自分のペニスを無理やり口に・・・」
検察官の話す通り実演する2人。・・・・・・

傍聴席の数人の男性達がズボンの上から自分の物を触っている。・・・・・・

「そして嫌がる被害者の中に無理やり中出し、学校から持ち出した薬をかがせ気絶させた」
「それを物影から見て興奮した被告が気絶した女性を犯し・・・」
もう1人の男性実演員が登場し
「そして中に出した」
「異議あり」
弁護側が発言する。
「被告はレ〇プをしなくても女性からもモテ、そのような事をする理由が無い」
すると検察官が
「彼の部屋を家宅捜索したところ、女子学生をレ〇プする市販のDVDが多数発見されており自分の性欲を満たす為に行ったと思われる」
「弁護側の主張を却下します」と裁判長。
「以上、強〇罪で懲役〇年が適切と思われる」
検察官が求刑した。

ブロック2
「それでは、弁護側の口頭弁論をお願いします」と裁判長。
今度は弁護人質問が行われた。
女子学生に「あなたは気絶した後の事は何か覚えているのですか?」
「気が付いた時は病院で何も覚えていません」
「では被告が近くにいた事も、被告に襲われた事は覚えてないのですね」
「異議あり」
「採取した精液のDNAで被告の犯行への関与は疑いようがありません」
「検察側の発言を却下します」と裁判長。
被告人に「あなたは何日何時頃どこにいましたか」
「彼女と○○(後輩)の家にいました」
「証人の弁護人質問を許可願えますか」と検察官。
「認めます」
彼女が入廷し、弁護席に。
「○○さん(彼女)あなたは何日何時頃、被告と一緒にいましたか」
「はい一緒にいました」
「好きな人をかばう為に嘘の発言をする可能性があります」と検察官。
「却下します」
「彼氏と何をしていましたか」
「・・・」口ごもる彼女。
「被告人、証人(彼女)と一緒に前に」
被告人に「彼女と何をしていましたか」と弁護人。
「Hしてました」
「ベッドで?」
「はい、そうです」
「ベッドをここに」
と弁護人が言うと警備員が中央にベッドを運びこみ実演が始まった。
「まずキスをし・・」
恥ずかしがり、嫌がる彼女。
「彼のアリバイを証明する為ですよ」と弁護人。
「上の服を、・・・」と被告が説明をしながらHを再現して行った。
傍聴席では、男性の数人がズボンを脱ぎ、自分で擦っている。
女性も服の上から自分のアソコを触っている人がいる。
「ここでコンドームを着けて・・・」
・・・・・・・・・・
「この体位で中にこのように出し・・・」
SEXが終了し、弁護側が
「ちなみにコンドームは、この後どうしましたか?」
「口を縛りゴミ箱に捨てました」
「以上すべて間違いありませんか」
と弁護人が彼女に聞く「間違いありません」
「裁判長、証人に質問いいですか」と検察官。
「認めます」
「SEXが終わった後どうしましたか?」
「疲れて、そのまま寝てしまいました」
「では、その後の事は覚えてない、起きた時被告は?」
「いませんでした」
検察官はストップウォッチを出し
「キスした時点で計り始めましたが、果てるまで○○分○○秒」
「この後、現場に歩いてでも間に合いますよね」
「異議あり」
弁護人が「被告は留置場に○○日拘束されており、女性と会ったのも○○日は会っていないと思われ今日は異常に興奮したものと思われます」
「却下します」と裁判長。
「質問は以上です」と検察官。

ブロック3
検察側の○○被告(後輩)への証人喚問が始まった。
「裁判長、はじめにお願いがあります。急遽実演員の男女2人が交通事故に巻きこまれ実演できなくなりました」
「男性の方は説明しながら証人(後輩)にしてもらいますので女性の方を用意してもらえませんか」
「困りましたね」
周りを見渡し陪審員の女性に「前に出てもらえますか」と言い前に出てもらった。
「被告人(先輩)に女子学生をレ〇プするように言われたのは、いつですか」
「何月何日の何時頃家に帰った時です」
「家に帰ってそれから?」と検察官。
「○○先輩は女性と僕のベッドでSEXしていました」と後輩。
「それから?」
「終わるまで外で時間を潰そうと部屋を出ようとしましたが○○先輩が待ってたんだ見ていけと命令しました」
「彼は女性が嫌がる所を見るのが好きで、いつも自分が興奮する為、僕を利用していました」
「それから被告は?」
「女性は彼から降りようとしました」
「騎乗位という事ですか?」
「はい」
「では、そこからはじめましょう、ベッドを用意して」
「2人共服を脱いで」
嫌がる女性陪審員。
「あなたは、国民を代表してここに来ているんですよ」と裁判長。
「はい」といいながら嫌々服を脱ぐ陪審員。
「裁判長」と後輩。
「全然立ちそうにありません」
「あなたが立たせてあげなさいと」裁判長が陪審員に指示した。
・・・・・・ビンビンになり、入れようとすると弁護側が
「被告人は、コンドームをしてなかったんですか?」
「忘れてました」○○(後輩)は、コンドームをして、陪審員に挿入した。
・・・・・・
事が終わりコンドームをしばりゴミ箱に捨てる証人。
「それで彼女は急いでお風呂に行き、その時○○先輩が僕に、最近お前に見られてても昔ほど興奮しないなと言い出しました」
「それから?」
「お前、女子学生を一緒にレ〇プしようぜと言われました」
「もちろん断りましたが急に怖い顔になり片手で首を絞められ僕がうんと言うまで首をしめられました」
「それで?」
「その日は一応SEXで満足していたのかそのまま帰って行きました」
「異議あり」
弁護士が「被告人は、そんな事は言っていおりません」
「却下します」
「では、SEXを無理やり見せていたのは?」
検察官が被告人に聞く。
「それは、本当です」
「何の為に?」
「女性が恥ずかしがる姿を見ると興奮するからです」
「家には、女子学生をレ〇プする作品のDVDがいっぱいあり、友達に自分のSEXを見てもらう性癖だと?」
「はい」と小さく返事をする。
「以上です裁判長」と検察官。

ブロック4
弁護側の証人質問が始まった。
「裁判長、証人の出廷をお願いします」と弁護人。
綺麗な女性が入ってくる。
「被告人この人は、誰ですか」
「○○さんです○○(後輩)と同じ学部で、私の事が好きなようで言い寄ってきてました」
「彼女と最後に会ったのは?」
「何月何日の何時頃、○○(後輩)の家です」
「それは、何故ですか?」
「○○(後輩)は、○○さんの事が好きで○○(後輩)の前でSEXすればいつも以上に興奮すると考えたからです」
「○○さんに、友達の前でSEXしてくれたら彼女にしてやってもいいと言い○○(後輩)の家に行きました」
「それから」
「僕は、家にいた○○(後輩)にいつもの用にSEXを見るように言いました。」
「彼の反応は?」
「わかったといいましが、その相手が○○さんだとわかると逃げようとしました」
「それで」
「腕を持ち○○さんが俺の事が好きなんだってと言いました」
「それから」
「○○(後輩)は黙っていつもの場所に座りました」
「では、実演をお願いします」と弁護人。
○○(後輩)役の実演員の男性が入ってくる。
前に出る被告人と○○さん。
「好きな人の為ですよ」と中央に出ようとする証人に耳打ちした。
彼女は、恥ずかしがりながらも忠実に再現しようとがんばった。
・・・・・・     
被告人はコンドームを着け入れる前に
「お前は、そこでセンズリしてろと言いました」
「○○(後輩)の反応は?」
「何も言わず黙って従いました」
実演する実演員。

・・・・・・傍聴席では、女性が服を脱いで自分のクリトリスを弄り、となりの男性のを弄り、最
後はフェライカせていた。・・・・・・

「最後は、一緒にイこうぜと○○(後輩)に言い、同時にイキました」
「その時○○(後輩)は?」
「少し涙ぐんでたように見えました」
「僕は、コンドームの口をしばりゴミ箱に入れ、さすがにやりすぎたと反省し、早めに○○さんと一緒に帰りました」
「○○(後輩)さんあなたは、自分が好きな人が女好きの先輩を好きな事を知り、好きな人の前でオナニーをさせた被告と、好きな人のSEXに興奮して発射してしまった自分に嫌気が差したんじゃないですか」
「そしてゴミ箱にあった好きな人の中でだされたコンドームを保管し、被害者をレ〇プし、薬で気絶させた後、注射器で中に被告人の精子を女性の中に注入したんじゃないですか!!」
○○(後輩)は、何も答えない。
「異議あり」
「弁護側の推測に過ぎず何の証拠もありません」
「検察側の主張を認めます」
「ここにこちらがDNA鑑定のやり直しをお願いした結果がありますが微量ですが第三者のDNAが検出されました」
「誰の物か?」
「○○さん(証人)にDNAの提出を求め、検出したDNAと照合した結果、○○さんのDNAと一致しました」
「なぜ○○さんのDNAが被害者女性の中から出てくるんですか?」
「○○さんが犯行に係わったのか?」
「○○さんは犯行時間、複数の友人と一緒にいた事がわかっています」
「それは、コンドームから被告の精子を取り出すとき一緒に混じったのではないですか?」
○○(後輩)は、何も答えない。
「以上です裁判長」

ブロック5
「判決を言い渡します」裁判長が前に出る。
「被害者は前に」
「○○(後輩)は、路地に女学生を力ずくで引きずり込み」
「このように服を剥ぎ・・・」
と被害者を犯し始めた。
「何するんですか」
と嫌がる女学生を無理やり犯し始めた・・・・・・
「このように嫌がる被害者に無理やり突っ込み・・・・・・」

傍聴席では、数人の男女が我慢出来ずSEXしている。

「検察官、陪審員こちらに」
と呼び陪審員の女性に注射器(もしくはビーカーなど)を持たせ
「検察官の精子を注射器に出すように手伝ってください」と言い、戸惑う陪審員を
「あなたは、民意の代表なんですよ」
と注意し手コキ、フェラをやらせ、しばらくすると説明しながら女子学生の中に出してしまった。
「ここで薬で意識を奪い」
「被告人に罪を着せる為、用意した注射器に被告の精子を入れ」
検察官は注射器に出した。
「そしてその注射器を女学生の中に入れ」
嫌がる女学生。
「そして注入したと思われる」
「よって被告人は、恨みを持った○○(後輩)に陥れられただけでこの事件とは関係がなく、被告人を無罪とする」

補足
この作品は思いついた企画案を分かり易く最小限に書いた物で官能小説ではありません。
私が書いた官能小説は、左のリンク群の無料官能小説から移動して下さい。
それが私が書いた官能小説です。
最終的に判決の時に実際に起こった事を裁判長が、女子学生に無理やりもう一度(女子学生のH映像はこれが初)説明しながらするというふざけたストーリーをシリアスに撮影するという企画案です。
壮大な作品にしようと陪審委員や傍聴席の一般市民もHに登場させたが話をゴチャゴチャにしているのでシンプルにした方が良さそうな気もしますが、どちらにしろ日の目を見ない作品でしょうね。

AV企画案 おまえのアソコが俺のあれで、私のアソコがあいつのあれ

これは約2年前にMOODYZに送った物です。

『ボディージャック』や男女が入れ替わる作品を見ていていい企画ではあるが、ポップな感じが嫌いでもうちょっと真面目な作品に出来ないかと考えた話です。
そうなると少年と少女が入れ替わる映画に似ているので結局、そのリスペクトAV企画として捉え書いた物です。
題名もそれを意識して考え,ました。
[画像クリックでDMMに移動]






タイトル:おまえのアソコが俺のあれで、私のアソコがあいつのあれ(仮)

内 容
幼馴染の性同一性障害の女子学生と男子学生。
この事を世間に隠して2人は生きてきた。
それを知った2人は同じ悩みを共有していた事から自然に親友になり、2人きりの時は女子学生は男言葉、男子学生は女言葉で好きな人の事を話したりしていた。
ある日廊下の曲がり角でぶつかりキスをしてしまった2人の心と体が入れ替わってしまった。
もう一度元に戻ろうと考える女子学生(男)を男子学生(女)は
「この方が都合がいい。一生このままで生きて行こう」
と提案するが女子学生(男)は親が変わってしまう事などに躊躇するが男子学生(女)に元に戻るのは、2人の好きだった人に告白してから考えても遅くないと説得され、2人は、好きだった人に告白する事を決意する。

ブロック1
2人は自宅(相手の家)に帰り、女子学生(男)の家には父、母、妹と食事をした後、2人共、自分の体を観察し、オナニーをしてしまう。

シーン
女子学生(男)は好きだった○○くんに告白し
「ありがとう、ぼくも好きだったんだ」と言われ、はにかんだ。

ブロック2
男子学生(女)は教室で○○さんに告白し両思いである事がわかり、いつ体が元に戻るかもしれないあせりからその場でHをしてしまう。
○○さんは、嫌がりながらも受け入れてしまう。

ブロック3
ある日、女子学生(男)は○○くんにデートに誘われ部屋の一室に通されるがそこには、学校の不良達(不良少女1以上)がいた。
○○は不良グループの一員だった。
女子学生(男)は不良達に犯されてしまった。
「警察にバラせば動画をばら撒くぞ」と脅された。

ブロック4
男子学生(女)は、相変わらず幸せそうだった。
そんなある日、仮の家に帰り玄関の扉を閉めようとすると不良グループが家に上がり込んで来た。
家にいた母と妹も姉の動画で脅され一緒に犯されてしまった。

シーン
あれほど身体を元に戻したいと言っていた女子学生(男)は、男子学生(女)に家族が犯された事などを告げ元に戻りたいと話すが興味がなく、彼女との事だけを考えていた。

ブロック5
不良グループのリーダーに呼ばれ、不良少女と一緒にフェラをするように脅され仕方なくする中で女子学生(男)は、男子学生(女)の事を恨む。
リーダーは果てたがリーダーはすぐに入れようとするので、女子学生(男)はリーダーにある提案をし挿入は免れた。

ブロック6
ある日、女子学生(男)は男子学生(女)とその彼女を誘い出し、不良グループの溜まり場に連れて行った。
女子学生(男)は男子学生(女)と彼女を溜まり場に連れて来る事を条件に、動画を消し自分に関わらないように約束していた。
リーダーは彼女を男子学生(女)の前で犯した。
不良仲間は約束を反故にし女子学生(男)も襲い始め、そこへ妹も連れてこられ一緒に犯され、男子学生(女)は不良少女に無理やりSEXさせられてしまった。
最後は兄と妹(精神的には血縁関係ではない)でするように言われ、ヤラされてしまった。

ブロック7
女子学生(男)と男子学生(女)は元に戻る事を決意し、キスをするが何も起こらなかった。
激しく舌を絡めても何も起こらず、ずっと続けていると身体が開発されてしまった2人は興奮しだしSEXしてしまう。
2人同時にイッてしまうと体が元に戻ってしまった。(このブロックだけは、入れ替わっていても女は男言葉、男は女言葉)

補足
私はAVでストーリー性の高い陵〇作品が好きで、訳もなくただ単にHシーンだけを撮る作品はあまり好きではない。
これまで色々その理由付けをした作品を書いてきたが、その中でもこれは良い作品で官能小説にしてもよいレベルだが、それ以上に書きたい案もあるのでこれは公開しました。

AV企画案 退屈か快楽か?密室脱出ゲーム

これは約2年前にMOODYZに送った物です。

私はテレビや映画で密室の中でのストーリーやゲームに挑戦する作品を見た事があるが、その世界観が好きで考えた素人参加型企画です。





タイトル:退屈か快楽か?密室脱出ゲーム

内 容
12時間素人の男女を部屋に閉じ込め私語を禁止し、女性は賞金と退屈×羞恥心と戦い、男性は快楽と退屈×賞金と戦うゲーム。

8:00~9:00
12時間行う賞金を貰えるゲームに日給2万円で参加した女性8名と男性8名。
部屋に大きな丸いテーブルに16個のイス。
その他には何も無い。
椅子に参加者が座り、司会者がルールを説明する。
「それではゲームスタートです」
時計がカウントを始める.。
「今から12時間のゲームに参加してもらいます。その間、トイレ以外この部屋を出る事は出来ず、私がいる時以外人と話す事を禁止します、もちろん寝る事も禁止です。帰りたかったら、今からここで男女Hしてくれたらその後、帰っていただいて結構です。このゲームはHしてもらうと参加料とは別に、この表のように女性の方は、早くHしてもらうと賞金が上がり、男性は、我慢すればするほど賞金が上がります」
躊躇する参加者。
「朝食の前に30万円貰ってすぐに帰ろうと言う方はいらっしゃいませんか?」
すると丁度一人ずつの男女が手を上げた。
「他にいませんか?ではテーブルの上でしてもらいましょう」と司会者。
2人の参加者は、実は女優さんと男優さんで素人を興奮状態にさせる為にこちらが仕込んでいた人だった。
こんな感じ。

taikutu1.jpg
taikutu2.jpg
taikutu3.jpg

taihyou.jpg

テーブルの上でHし始める仕掛け人に興奮し始める男達。
司会者が「男性は参加料しか貰えなくなりますが、H出来てすぐ帰れますよ。誰かリタイアする人は、いませんか?女性は30万円貰えてすぐ帰れますよ」
1人の男性と1人の女性が手を上げる。
「ちょうどカップルが出来ましたね。では、机の上にどうぞ」
Hし始める2人。
司会者が「言い忘れましたが今のブロックでリタイアした女性を交換してHしていいですよ。リタイヤした女性が多い時に男性はリタイヤすれば夢の乱交が出来ますよ。どうですか?」
食い入るように見ている男性に司会者が話かけると
「リタイヤします」
と1人の男性が言い出した。
テーブルに上ろうとする男性。
「男性も女性もリタイヤする時は、新たにパートナーを見つけてくださいね。要するにリタイヤは、男女1組ずつしか出来ませんので、隣の人でもタイプの女性でもいいですから説得してくださいね。どちらか1人ではダメですよ」
男性は隣の人を誘い司会者が
「今リタイヤすると30万円ですよ」と一緒に説得しカップルが出来た。
その後、男優さんが「ちょっと代わりませんか」と言い出し乱交になった。
「もうすぐ9時になりますが、女性の方は賞金が20万円に減りますがリタイヤする人はいませんか?」
と司会者が言うが誰も名乗り出なかった。
乱交終了後、6人は賞金と参加料を貰い帰り、残りの参加者に朝食が出されて司会者は
「これから私が戻るまで私語は禁止ですよ」と言って退出した。

9:00~12:00
11時に司会者が部屋に入り「後、1時間で12時ですがリタイヤする人はいませんか?」
と聞くと1人の男性が1人の女性を誘い始めた。
どうやら男性のタイプの女性がいるようでHがしたいとの事だった。
司会者は「約2時間しんどくなかったですか?今リタイヤすると20万円ですよ」
と言うと女性は承諾し男性とラブラブな感じでHし始た。
司会者は12時まで他のリタイヤを募ったが誰もいなかった。

12:00~15:00
昼食が運ばれ参加者が食べ終わると司会者が最後にリタイヤするか聞いたが誰もいないので退出した。
14時に司会者が入室する。
リタイヤする人がいるか聞いたが回答がない
「この表を見てください。今を逃すと女性の場合、賞金が減って15時から20時まで5時間いなければならなくなりますよ」
「10万円貰って5時間免除されるんですよ?今リタイヤした方がいいと思いますよ」
司会者が言うと3人の女性と2人の男性がリタイヤを申し出た。
男性が一人足りない。
司会者が一人の男性に声を掛けるが
「僕は今、付き合っている彼女がいるんで」彼女に悪いという事だった。
司会者は「彼女とは付き合って長いんですか?」と聞き
「3年になります」
その答えに司会者は「今までの女性経験は、何人ですか?」
「今の彼女だけです」
「前に言いましたけど今リタイヤすると3人とHできるですよ、女性が誘っているのに女性に失礼ですよ」
というと男性は承諾し乱交が始まり、先ほどの男性に
「せっかくですから女性を交換してみては?」と促した。
乱交が終わりお菓子を出し司会者は、退出した。

15:00~20:00
男女1ずつ、どちらも大人しい感じの人が残った。
19時、司会者が入室しリタイヤする人を聞いたが誰も名乗り出ない。
女性の方を端に呼び話しかける。
「このままだと彼に15万円払わないといけないじゃないですか。今あなたがリタイヤしても賞金5万円しか貰えないじゃないですか。それを最初の30万円に戻すのでリタイヤして男性を誘ってもらえないですか?」
躊躇する大人しい女性。
「じゃあ30万円と、彼がリタイヤしなかった時の賞金15万円と参加料2万円で全部で47万円出すんで彼を誘ってもらえませんか?折角丸1日協力してくれて2万円しか貰えないんじゃ寂しいじゃないですか」
などと説得し、彼女はリタイヤを申し出た。
女性が話し掛けると大人しい男性は案外すんなりとリタイヤし、Hが始まったが女性経験が少ないのか彼女に挿入するとすぐイッてしまった。
司会者が「女性に気持ちよかったですか?」と聞くと返事が返ってこなかった。
司会者が「僕、見てたらこんなになっちゃったんだけど、彼早かったから僕がしてもいい?」と勃起したモノを見せた。
彼女は恥ずかしがりながらも承諾し、司会者が大人しい彼女をイカせまくった。

補足
SEXを目の前で見せる事によって男性も女性も快楽には勝てないという事と、退屈という設定を絡ませた企画です。
頭にはしっかりとしたイメージがあるが文章では伝わりづらいでしょうね。

AV企画案 闇金馬面くん

これは約2年前にMOODYZに送った物です。
AVには昔からパロディー作品がよく作られる。
私はドラマ(漫画)の闇金ウシ〇くんが好きで、チョイエロの作品を見て”これをAV化したら興奮するだろうな”と思いパロディー企画として書いた物です。
[画像クリックでDMMに移動]






タイトル:闇金馬面くん(仮)

内 容
裏社会に女性にしかお金を貸さない闇金融があった。
困っている女性がいると銀行より安い金利でお金を貸し付けるが、返金期日は絶対に譲らなず、お金を返せない女性には身体を要求するという。
その闇金の所長の事をその顔の特徴からみんなからこう呼んでいた闇金馬面くん。

ブロック1
「今からお伺いするんでよろしくお願いします」
事務所で電話を切る馬面くん。
机の下では、2人の女性社員が馬面くんのモノに奉仕している。
馬面くんは発射し「よかったよ」と社員の頭を撫でてあげる。
「今から○○さんの所に行ってくるから」
「はい」
馬面くんは返金期日がきた未亡人の所に向かった。
こんな感じ。
umadura1.jpg
umadura2.jpg


ブロック2
未亡人は女手一つで娘を育てているが自分の稼ぎでは生活するのがやっとで、お金に困り何回も借りては体で返していた。
未亡人は「今回も返せそうにありません」と馬面くんを部屋に招き入れ奉仕し始めた。
襖の向こうでは、娘が学校から帰ってきていた。
聞き耳を立てオナニーをしている。
未亡人は馬面くんと一緒にイッた。
馬面くんは借用書を破り借金をチャラにしてあげ、また100万円を貸し付けた。
馬面くんは帰り際に娘と会い「お帰り」と声をかけ次の債務者の所へ向かった。
こんな感じ。
umadura3.jpg

ブロック3
女子大生は親のお金で大学に通い、親のお金で1人暮らししていたがホストクラブにはまり学費も全てホストに貢いでいた。
親にも見捨てられ、馬面くんに初めてお金を借りたが結局、ホストに使いお金を返せなくなっていた。
「うちの返済方法を知っていて借りたんですよね?」頷く女性。
馬面くんはイチモツを出した。
女性は奉仕し始めた。
女子大生は馬面くんと一緒にイッた。
馬面くんは借用書を破り、借金をチャラにしてあげ、また100万円を貸し付けた。

ブロック4
彼氏の身元保証人になっていた会社員の彼女は彼氏が破産し行方不明になり、色々な闇金に借りていた。
馬面くんの所にも借りに来て150万円貸してあげて彼氏の借金の為にお金を使い回していた。
馬面くんが返金期日に彼女の家に向かったがその部屋は引き払われていた。
社員の2人にお願いし彼女の行方を調べてもらった。
彼女の美貌に眼を付けた闇金○○が他の闇金の借金を買い取り、自転車操業でなんとか耐えていた彼女に一括返済をせまり、返せない彼女を風俗に落としていた。
報告を聞いた馬面くんはまず、その風俗店に向かった。
「馬面さん、今日は?」店長にお金を渡し、彼女の個室に向かった。
「馬面さん」知り合いに下着姿を見られ恥ずかしがる女性に
「今日は遊びに来た」といい店のプレイを頼んだ。
「返済日はもう過ぎてるね」と言う馬面くん。
女性は馬面くんが何をしに来たか察し自分から挿入した。

・・・服を着ながら馬面くんが「○○(闇金)の事は、もう心配しないでいい」と告げ、出ていった。

ブロック5
馬面くんは○○(闇金)の前で女性社員2人と合流し、事務所に乗り込んだ。
女社長の机の前まで行き、机にお金を積み会社員の女性の身受けを申し出た。
拒む女社長。
女社長の周りは男性社員に取り囲んでいる。
馬面くんは、女性社員にお金を配るように言い
「今日から内で働くように」と言い女性社長の机の上にさらにお金えを置き、会社を買い取る事を宣言した。
戸惑う男達に女性社員に「同僚と仲良くするように」指示」し、女性社員は男性社員を誘惑し始めた。
我慢出来なくなった男性社員達は誘惑に負け社員になる事を誓いヤリ始めた。
女社長はもう1人の女性社員に連れられ、馬面くんの事務所に連れていった。

ブロック6
元会社員の彼女は会社の前で待っていた。
「あなたの○○(闇金)への借金は無くなりました」と告げ、馬面くんは彼女の奉仕を受けた。
馬面くんは女社長に自分のモノを見せ付け、女性社員は「一緒に働きましょう」と勧誘した。
元会社員の女性は馬面くんのテクニックに酔いしれ、次は女子社員に挿入した。
馬面くんは、女性の合意なしにする事はない
「社員になればいつでもしてもらえるの」と入れられながら女子社員は説得した。
とうとう折れ社員として働く事を誓い挿入してもらった。
2人の女性にも責められながら女社長はイッてしまった。

ブロック7
数日後、未亡人(ブロック2)の所に回収に行くが未亡人は病気で寝込みお金も、体でも返せないという。
すると未亡人は「娘にさせますから」と提案してきた。
「お金を貸していない娘にそんなことはさせられない」と言う馬面くんだったが娘は
「いつか私も馬面さんにして欲しいと思っていたんです」と奉仕を受け母親の前でSEXしてしまった。
母親は病床でオナニーをしてしまい娘と一緒にイッてしまった。

補足
元々闇金ウシ〇くんのダークな世界観が好きでそれで書いた作品だが、馬面くんは優しく身体で払えば借金んをチャラにしてくれるとうい設定とし、女性にも乱暴はしないという設定にしたら好きだった世界観がパーになってしまった。
パロディーとしても面白みの無いストーリーで公開するの恥ずかしいレベルだが、こんなのも書けますよという程度の企画案だと思って笑ってやって下さい。

AV企画案 ウイルスで男一人に

これは約2年前にMOODYZに送った物です。
文章が長いですがこれは官能小説ではありません。
官能小説を読もうとしてご訪問頂いた方は左のリンク集『無料官能小説』から移動して下さい。
それが私が書いた小説です。





タイトル:ウイルスで男一人に(仮)

内 容
20XX年未知のウイルスが人類を襲った。
そのウイルスに感染すると男性は、2日の内に死亡するという脅威のウイルスだった。
女性にも感染するが何の健康被害もないのだが妊娠中の赤ん坊に影響を与え、男の子だけが死亡する恐ろしいものだった。
即ち生まれていようがお腹の中にいようが感染すると男性を死に追いやるというウィルスだった。
感染力も凄まじく1ヶ月で全世界の男性が滅亡したかに思われた。
しかし1人の男性がウイルスに感染しながら2ヶ月もの間、生死の境を彷徨いながらも生き残った。
その体には抗体が出来、それを元に薬が開発され、それを接種することでウイルスに感染しなくなったがそれを使う男性は今は誰もいなくなっていた。
女性達は人間の種の保存の為、生き残った1人の男性をいつしかマスターや神などと呼び崇めた。
マスターは一見豪華な部屋をあてがわれたが実際は、部屋に監禁されカメラで監視されていた。
それは人間の滅亡を防ぐ為には必要な事だった。

ブロック1
いつもの時間、ノックをし部屋に入ってくる女性。
「今日の子種をいただきにまいりました」
当たり前のように手と口で精子を採取されてしまった。
その精子は希望する女性から種の保存の為体外受精に使われるのだ。
別の部屋ではカメラの映像を監視する女性がいた。

ブロック2
いつもの採取の時間、今日はいつも以上に嫌がるマスター。
「今日は立ちが悪いですね」
と女性は服を脱ぎオナニーをしながら無理やり採取して行った。
個人がマスターと性交し、1人で独占することは法律で禁じられていた。
こんな感じ。
uirusu1.jpg
uirusu2.jpg

ブロック3
ある日の夜、マスターの就寝中、見知らぬ女性に起こされた。
それは監視員の女だった。
「逃がしてあげます、ついて来てください」
と言う女性に従い施設を逃げ出すことに成功した。
女性に「どうして逃がしてくれたんだ?」
と尋ねると監視員の女は監視カメラの映像を見ているうちにかわいそうに感じ、逃がしてあげようと思ったという。
捜索隊から逃げ惑う中で、2人は密かに好意を感じ始めた。
ある日の夜、女性が
「私、嘘を付いていたの」
と話し出し日々マスターを監視する中でマスターを独り占めしたい、自分を抱いて欲しいと思うようになったと言う。
マスターは改めて逃がしてくれた事に感謝をし、彼女を受け入れ2人愛し合った。
その夜、マスターは女性の就寝中、手紙に
“一緒にいると君は永遠に追われ続ける、政府の目標は自分で2人別れれば君を追わないだろう。今までありがとう”
と書き残し、1人で生きていくことを決意し女性の下から去った。
しかし、彼女は政府に投降することはなくその後マスターを探し続けた。

ブロック4
女性だけの政府はマスターの確保と、元監視員の女を重犯罪者として捜索していた。
人口が半分以下に減少した世界は人の住む都市部と、全く誰もいない地域に分かれ、マスターは後者の地域で生活していた。
特に不自由な生活ではないが食料だけは、危険だが都市部で調達していた。
都市部に行く時、マスターはカツラにサングラスとマスクをし女性に成りすましていた。

あれから数十年後のある日の食料調達の日。
スーパーで複数の男子学生が複数の年配の女性に言い寄られ強引にHをせまられていた。
マスターの精子で生まれたマスター系の男だ。
新たな男性が増えつつあったが、女性に対し男性の圧倒的に少ない世界。
以前の社会通念が崩壊し、女性による男性の取り合いが起こっていた。
マスターは男性と気づかれずその場を去るが半強〇は続き、女子大生も
「私もしてほしい」
と参加しようとしてきたが、みんなに
「あなたマスター系でしょ、刑務所送りになるわよ」
と止められた。
マスター系とマスター系の交配は種の保存を危険にさらす行為として法律で禁止され、破ると服役を強いられるが女子大生は
「私は、アフター系なんです」
と言い身分証明書を見せた。
アフター系とは、アウトブレイク以前に妊娠していた女性がアウトブレイク後に産んだ女の子で、マスター系とはアウトブレイク後に採取されたマスターの精子で生まれた者の事で、近親関係の無いマスター系とアフター系との交配に規制はない。
女大学生は処女だと言う。
女性達がHの仕方を優しく教えてあげるが、男性が
「もうイキそう」
と言い出すと自分の中に出してもらおうと取り合いが始まった。
男性達は女性達の中で搾り取られた。

シーン
逃亡してから約二十年後のある日の食料調達後の寝ぐらで、一緒に買ってきた新聞で自分を逃がしてくれた元監視員の女性が発見され、逃亡しようとした女性が射殺された事を知る。
マスターは自分の考えが甘かったと涙した。
また、新聞では大統領命令でマスターの子供達が20歳を超えた事を境にマスターの指名手配の解除も合わせて発表されていた。
その日からマスターは、酒に溺れるようになっていった。

ブロック5
ある日、マスターは都市部の酒場に来ていた。
指名手配解除の影響か酒の力なのかはわからないが、マスターは酒を飲んでいた。
男は誰もおらず、酔った若い女性達が女同士で始めだした。
マスターは、心の緩みからか勃起してしまい女性達に見つかってしまった。
女性達はマスターが男だと気付くとカツラを取られて
「SEXしましょう」
と誘ってきた。
「君達は、マスター系だろ?自分は君達の父親に当たるものだ」
と説明するが酔っているせいか女性達はまったく聞く耳を持たず、父親とは知らず乱交して何回も娘達の中に出してしまった。
マスターはみんながぐったりしている中、カウンター内にあった包丁で自殺してしまった。
こんな感じ。
uirusu3.jpg
uirusu4.jpg
uirusu5.jpg

ブロック6
女性政府は次に起こるかもしれないアウトブレイクを恐れ、無菌室に3人のマスターの息子、健康な男性を確保し精子の確保をおこなっていた。
マスターと違うのは、3人の男は自分達の意思で協力していた。
そして政府のもう一つの目的に利用されていた。
女性大統領は、大勢の女性を連れて無菌室に入ってきた。
大統領は裸になり女性達に
「今日は、楽しみましょう」
と言い乱交が始まった。
大統領は、経済会のトップなどを集め男性に困らないハーレムを作り票の取りまとめをお願いしていたのだ。
男達は、無類の女好きでSEXなしでは生きられないというような人間ばかりで利害が一致していた。
大統領や女性達は中に出された。
大統領は「次の選挙もお願いします」とぐったりした女性達に頼んだ。

補足
男性が自分一人という作品はよくある。
これを世界で男性が急に一人になったらという発想で想像して書いた企画。
もちろん今のクローン技術を使えば精子が無くても男性は生まれてくるのだとは思うが、それを無しにしたらどんな感じになるかをAVとして考えて書きました。
「今の制作会社の予算ではお金が掛かるので無理だろうな」と思う、どちらかと言えばゲームや漫画、小説向きだと思っています。
これからはMOODYZに送った企画案を続けて公開しますが、個人的にはこういうストーリー性の高い物はMOODYZが得意だと思っているので沢山送りました。
良い作品はちゃんと小説化しようと思っていて公開はしませんがこういう中途半端な企画案をこれから沢山出していきます。
[画像クリックでDMMに移動]


AV企画案 彼女がカーテンを挟んで知らぬ間にスワッピング

これは約2年前にMOODYZに送った物です。





タイトル:彼女がカーテンを挟んで知らぬ間にスワッピング(仮)

内 容
どうしても彼女とスワッピングがしたい、彼女が他の男としている所が見てみたい彼氏を募集した。
カップルに来てもらい
「彼氏がスワッピングがしたいと言っているんですけど」
と伝え、嫌がる女性を
「じゃあ、彼氏としている所を撮らしてください」
と頼みこみ
「マントをしていいですから、体を映しませから」
と言い撮らしてもらう。
マントとは、クイズでこの人の職業はなんでしょうか?のような着ている服を隠す為の体全体が隠れるマントを女性に着てもらい
「男性は体が映らないようにカーテンで隠しますね」
と言いカーテンの向こう側に行ってもらう。
カーテンは2箇所くりぬき、彼氏の顔とペニスを出し、彼女にペニスを立たしてもらう。
彼氏は台に寝転び顔は出しているが、実はペニスは男優さんの物で自分のモノはカーテンの向こうで女優さんに立たせてもらっている。
彼女は立ったペニスを挿入し
「なんかいつもより大きい」
「人に見られてると興奮するタイプなんでしょうね」
と監督と話しながら、ふと上を見ると顔が出ている所に後頭部が見えている。
ビックリする彼女。
その時カーテンを開けると、彼氏は台の上で仰向けになり騎乗位している。
「なにしてるの」
と怒っていた彼女だが、男優さんのテクニックと彼氏のSEXを見て興奮しだし、マントを取られスワッピングをしてしまうという企画。

補足
言葉では分かりずらいので図を書いて送ったが、ここでは公開しない。
分かり易く言えば近親相〇ゲームの様なボードの顔部分に彼氏は顔だけ出し、本当は立っているのではなくその位置でうつ伏せ寝転んでいるだけ。
下のモノは、彼氏のモノではなく別の男性のモノで、ラッキーホール作品の様な形で彼女にHをしてもらうという事。
穴をあけた衝立でもカーテンでもどちらでもいけると思いますが、個人的には好きな企画なんですがセットが難しい割には似ている感じの作品があるのが難点なんでしょうね。
[画像クリックでDMMに移動]






タイトル:マジックミラー号素人娘さんと獅子舞SEX(仮)

内 容
上のマントからヒントを得た企画で、街で一般女性にAV出演を依頼し断られるが
「体を映しませんから」
「どういう仕組みかだけ説明するので」
とマジックミラー号に来てもらい、大きな袋を用意し、2人が入り穴から頭を出したら顔と足だけでまるで獅子舞だが、この場合尻尾側も男性の顔を出し
「これなら恥ずかしくないでしょ」
などと説得しHしてもらう。
女性に顔を袋の中に入れてもらい男優さんのモノを立たせてもらい
「今何してるの」と
監督が聞きながらしてもらうがマントは所々覗ける構造にし、フェラはマントの上側を外し気付かれないように撮影する事が出来る。
SEXでは周りを段階的に外していき、女性が気付いたら
「もうここまで来たらもうマントいらないよね」とマントを取って普通にSEXさせる。

補足
これも文章では分かりずらいが大きな袋を被った男女が顔だけ出し、SEXをするが女性の表情や音だけを楽しみながらも本当は撮影していたという事です。





タイトル:潮噴き罰ゲーム(仮)

内 容
素人の女性に賞金50万円を目指しゲームをしてもらい、負けたら罰SEX。
ルールは体重プラス1キロ(±100グラムはOK)を目指し水を飲んでもらうだけ。
司会者が進行をしてまず女性の体重を計った後、女性に椅子に座ってもらいどのコップで水を飲むか決めてもらい
「ちなみにこのコップで何杯飲めば1キロ増えると思います?」
などとインタビュイーしながらピッチャーでコップに司会者が挑戦者の言う量の水を注ぎ飲んでもらい、結局プラス1キロに全然足りづに罰ゲームという企画で素人女性に潮噴きをしてもらう為のゲーム。
こんな感じ。
sio1.jpg
sio2.jpg
補足
素人物で潮噴き好きの為に考えた企画なので多少無理がある企画です。

AV企画案 ハプニングバーに素人娘を送り込め!

これは約2年前にMOODYZに送った物です。





タイトル:ハプニングバーに素人娘を送り込め!(仮)

内 容
ハプニングバーに行き男性がどのようにナンパしてくるのか、どのような事が行われているのかを調査、リポートをして欲しい
「何かあれば助けに行くので」と素人女性に頼み、騙してHな事に巻き込む企画。
半レ〇プと、仕掛け人の男女がHしているのを見て興奮してしまい、ナンパされてなんだかんだでSEXしてしまう痴女バージョンの2つが考えられる。
こんな感じ。
ber1.jpg
ber2.jpg
ber3.jpg
ber4.jpg
ハプニングバーをモチーフにした作品はよくあると思うが、素人を騙してHをするという作品は見た事がなく、それを企画にしてみた。
もしかしたら既にある可能性も高いと思っています。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:快楽優先集団お見合い(仮)

内 容
インターネットで顔、年収を気にせず何よりSEXの相性を優先する男女をつのる。
和室に男5人が座っている。
仲人役のSOD社員に連れられてH大好きな素人女性が入ってくる。
仲人が好きなプレイを含めた自己紹介をしてもらう。
仲人が「早速男性器の大きさを確認してもらおうと思うのですが、折角ですから女性陣にオナニーしてもらって興奮して大きくしてもらいましょうか」と言いしてもらう。
女性の何人かがイク中、勃起した男性陣。
「いい感じになってきたので触ったり舐めたりしてみますか」
と言って気になるチンポをフェラ&手コキし、男性数人が暴発。
「次は入れてみますか」と仲人。
女性に「一番好きな体位は」と聞き、テーブルの上でその体位をみんなに見られながら5人の男性のモノを順番に試し、それを全女性が試し
「ここからは、みなさんご自由にしてくださね」と仲人が立ち去る。
SEXでみんな果てた後。
紙に一番気に入った人を記入してもらい、カップルが成立したかを発表。
1~2組のカップルが誕生。
ホテルなどで、そのカップルでラブラブSEXをしてもらう。
カップルになれなかった男性を慰めるように監督がSOD社員に言い1×複数男性とSEX。
[画像クリックでDMMに移動]


これもあると言われればある作品だが、ちゃんとしたお見合い形式で複数の素人男女参加型企画として考えてみました。





タイトル:憧れのAV女優と脱衣ドッジボール(仮)

内 容
インターネットでAV女優さんとしたい素人男性を集め、ドッジボールをする。
ルールは女優側、素人男性側で別れ外野は各1人ずつ立候補で決める。
この外野はずっと外野で自分がぶつけても内野に戻ることは出来ない。
女優側が内野の男性にぶつけられると1枚服を脱ぎ、外野には行かない。
当てた男性は希望があれば手コキ&フェラ&パイズリ(パイズリはブラを着てない人のみにやってもらえる)などをして貰えるが、自分は済シールを貼られSEXのチャンスがなくなる。
女優さんが手コキなどをしてくれるのは最初にぶつけて手コキでいいと言った一人だけ。
女優さんに当てられた男性は、普通に外野に行く。
外野に行った男性は女優さんにぶつけると内野に戻ることが出来るが、女優さんが服を脱ぐことも手コキなどの褒美もない。
男性が全裸の女性に当てるとその人とのSEXが出来る権利がもらえ、女優さんの名前のシールを張られ、複数の女優さんとのSEX権利を得て挿入する事が出来るがイケるのは一人(一回)だけ。
ぶつけられた女優さんのパートナーが決まっていれば男性がその女優さんにぶつけてもSEXは出来ず、その女優さんにぶっかける権利をもらえる。
要は手コキもSEXも早い物勝ちだという事。
女優さんが全員SEX相手が出来るまで続くので男性は、SEXを狙うのか、服を着ている女優さんを狙い手コキなどをしてもらうのか、ぶっかけ要員になるのか、何もできないのか、作戦によっと差が出る。
このルールだと外野の女優さんはエロには全く関係なく、外野をやってくれた男性も何のメリットもないので、後から
「外野を立候補してくれた彼にご褒美を」という事で同じく外野を務めた女優さんとHが出来る様にする。

補足
こういう一般的なスポーツの勝負形式の企画案を沢山作っているのだが、どれもワンパターンなので代表としてドッチボールを載せて見ました。
賞金を掛けた素人女性参加企画にしたら嘘っぽいのでユーザーさんが女優さんとのHを賭けたゲームにしました。
今日の3作品は似た様な作品もあるしょうもない企画でしたが、まだまだ良い作品があるのでご期待ください。
[画像クリックでDMMに移動]

AV企画案 素人娘に亀甲縛りしちゃいました

これは約2年前にMOODYZに送った物です。





タイトル:マジックミラー号素人娘に亀甲縛りしちゃいました(仮)

内 容
街で素人女性に声を掛け
「謝礼が出るので服を着たままでいいので亀甲縛りをさせてください」
と声をかけマジックミラー号に誘い、服の上から縛り
「痛くないですか」
と縄をクイクイし段々感じさせ、SEXまで持ち込む企画。
「縛られてした事ありますか?」などと聞き、軽い拘束プレイをする。

補足
服の上から結ぶだけで身体のラインやヒモをクイクイする事を楽しむだけでSMプレイをする訳ではない。
Hシーンでは普通のプレイにして腕の拘束ぐらいは入れてもいいかなという感じ。




タイトル:おじさんとメンコで勝負!負けたら・・・(仮)

内 容
素人に扮した女優さんと年配の男優さんが台の上でメンコで勝負をし、買ったら賞金100万円、負けたらHな罰ゲームというゲームに罰ゲームの内容を事前に知ったうえで挑戦する。
メンコは小さい物(先鋒)から順に大きい物(大将)まで5枚持っていて、女性側が負ければそれぞれ
先鋒は服を脱ぐ
次鋒は胸を揉まれる
中堅はアソコを手で弄られる
副将は手コキ&フェラ
大将はコンドームを付けてのSEXの罰ゲーム付きで、1枚負けるとそのメンコの罰を行わないといけない勝ち抜き戦。
女性が1回勝っても特に何もない。
どのメンコから使おうが自由だが、大将が先に負けた方が負けとなる。
最初から大将を使おうが嫌な罰ゲームのメンコを使わないなど女性が判断する。
一回出したメンコは、入れ替えれない。
女性のメンコが大将一枚だけになった時、メンコのサイズを今より大きいサイズか小さいサイズに変更出来るチャンスが与えられ、必要いなら変えなくてもよい。
変更すると最後の罰ゲームの罰が変わり、大きいサイズのメンコを総大将として選び負けるとコンドームなしの中出しSEXに変わる。
小さいサイズを選ぶと、パイ擦り、または素股での罰ゲームに変わり、負けた時にくじを引きどちらかを行う。

補足
よくオジサンに不釣り合いな若い女性がHするという作品を目にするが、オジサンと若い女性をHさせるゲーム企画をと考えた時に思いついた企画です。
勝負は勝ち抜き戦で、罰ゲームを振り分けるとHパターンが少なすぎると思ったのでややこしい『大将交換』のチャンスを考えたが分かりずらいのでなくてもいいかなと今では思います。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:テレビ遠隔操作(仮)

内 容
ある日テレビでニュースを見ていた男。
このキャスターのおっぱい見てみてーと思っていた所、女性キャスターがブラウスを開け、胸を出した。
キャスターは、
「何これ、体が勝手に・・・」
と自分では、体が自由に動かさせないようだ。
止めに入る解説者に邪魔をするなと思うと解説者は、見動きとれなくなった。
男はキャスターに色々自分でHな事をさせ、試しに解説者とSEXしろと考えると画面の向こうで嫌々ながら2人は、SEXしてしまった。
自分は人を自由に操れる能力がある事がわかり、外に出る男。
しかし、道を通る人に試しても何も起こらない。
家に帰り、今度は歌番組のアイドルに悪戯して自分はオナニーした。
どうやらテレビを通してしか力が使えないようだ。

よってブロックは、生放送の番組、お天気お姉さん、レポーター、キャスター、アナウンサー、スポーツ関係などになる。
最終ブロックは、家に突然遊びに来た友達(男1人、女2人)に能力とオナニーを見られ気が動転していて「見るなと」言うと3人共目が開かなくなった。
能力が開花した男は、3人を操り、4Pをはじめるのだった。

補足
人を操る超能力系の作品はよくあるが、それをテレビの中だけと限定した企画です。
中継を切れば終わりじゃんと言われれば話は終わってしまうが、テレビを見ながらこの人と付き合ってみたいとかそういう願望を意図した企画です。
終わり方がよく分からなかったので、最後は周りの人にも使える様になったとして終わる事にしました。
[画像クリックでDMMに移動]


AV企画案 なんでも応援チアガール部

これは約2年前にMOODYZに送った物です。





タイトル:なんでも応援チアガール部(仮)

内 容
学校に頼めばなんでも応援してくれるチアガール部があった。

ブロック1
男子学生からオナニーをしている所を応援して欲しいと依頼があった。学生の自宅に向かい「がんばれ、がんばれオナニー」と声援し、イクまで応援してあげた。
こんな感じ。
ouen1.jpg
ouen2.jpg
ouen3.jpg

ブロック2
彼女と初Hをしたい男子学生から依頼があり、嫌がる彼女を彼氏と一緒に説得し、SEXを応援してあげた。

ブロック3
女子学生から初めての援助交際を応援して欲しいと依頼があり、ラブホテルで応援してあげた。

ブロック4
不良グループから女子学生をレ〇プするのを応援して欲しいと依頼があり、応援してあげた。

ブロック5
野球部から乱交を応援してもらいたいと依頼があり、応援しに行ったら相手は、自分達だった。
Hな事をされながら応援してあげた。

補足
私は、チアガールの衣装が好きで考えた企画で、チアガールは基本応援するのがメインで最後の1シーンだけ参加というのが他の作品との差別化と考えています。





タイトル:間違ってヌーディストビーチに行った僕(仮)

内 容
海水浴に行った男性(複数も可)、気が付くとそこはヌーディストビーチで、海水パンツを脱ぐように注意される。
しょうがなく裸になると、若い女性が気になり勃起をしてしまう。
気づいた女性達に「ここは、そんな場所じゃない」と責められ、茂みに連れ込まれ、悪戯され無理やりSEXをやらされてしまう。
最終ブロックは、カップルの男性が勃起し、彼女の前で別の女性とSEXしてしまう。

補足
男性が悪戯されるという方向性の企画だが、今の時代ビーチでの撮影も危ないですから無理かも・・・





タイトル:水掛けフェスで服の透けた女性に勃起した僕のせいで大乱交に(仮)

内 容
水掛フェス(クラブ、コンサート)に行った男性。
周りの女性の服が透けて、勃起してしまった。
それに気付いたノリのよい女性がHな事をしてきた。
断りながらもつい感じてしまい、いつの間にか周りも触発されてHな感じに。
ステージの上でも出演者がHしていた。
大乱交の中、1人の大人しい女性は大勢の男性にレ〇プされていた。


補足
遊園地のパレードなどで水鉄砲などで水を掛け合う催しを見て書いた企画。
雨に濡れてブラウスが透けて・・・の様な作品は初めから知っていて書いた作品でそれとフェスを合わせた企画です。
『ビキニナイト2015 媚薬泡パーティー 潜入!!泡に隠れて生ハメ中出ししても超ヤバい勢いで盛り上がるギャルたち!』あたりは私が書いた内容に近い気がするが、私の企画を参考にして作られたという事はないだろう。
[画像クリックでDMMに移動]

>

AV企画案 間違えたフリして美人のエキストラさんをやっちゃいました


これは約2年前にMOODYZに送った物です。





タイトル:間違えたフリして美人のエキストラさんをやっちゃいました(仮)

内 容
例えばバスの痴〇などで絡みと関係ないエキストラさんがいると思うが、そのエキストラさんを男優さんが間違えてやってしまうという半レ〇プの企画。
その場合役で、二人のAV女優さんが友達同士で二人共痴〇されてしまうという設定として1人の女優さんが遅れてくるという事が分かり、急遽エキストラの人が友達役に抜擢されたが友達が痴〇されているのに気付かないという設定に話が変わった。
始めは女優さんだけ痴〇されているが、何も聞いていなかった男優さんが間違えてやってしまうという具合。
登場する女優さんは本当は2人以上がよく、多ければ多いほどエキストラ役が
「それは、間違えるよね」
だからすぐに言いだせないというリアリティーが出てくると思う。
また、上記の例で言うとAV女優さんが遅れて予定が遅れている、時間が無いという演技を監督、スタッフがする事でエキストラさんが言い出せない雰囲気を演出する事で、エキストラさんは言い出せない理由をユーザーさんに持たせることが出来る。
一番重要なのは「私ではない」と直接言われる男優さんで聞こえない振りなどの演技をうまくする事だと思う。
あとは撮影が終わった後の監督のコメントで
「なんで撮影止めてって言わなかったの、女優さんに悪いからカット出来なかったよ」とか
「時間がないからそのまま回したよ」などのコメントがいると思う。
こんな感じ。

matigai1.jpg
matigai2.jpg
複数の女優さんが出て来る様にしたのは、一人で出演の女優さんを男優さんが間違える筈もないからで、このCGは本当なら周りで複数の女優さんがプレイしている事になる。





タイトル:巫女さんのアルバイトの応募に来た素人娘を処女の確認だと言ってやっちゃいました(仮)

内 容
神主がアルバイトに応募して来た女性を面接し
「巫女は処女しか出来ないのをご存知ですよね?今から確認させてください」とHな事をする企画。
「初めてなのにこんなに感じるかなぁ~」などと言いながらやってしまう。
ほとんどの人が不合格で最後の1人は処女だったで合格で終了。
先に全員(一部)に巫女服を着せてコスプレ物にする事も可。
着替えを隠し撮りしたり「着物は着付けが難しいので手伝う」と言い目の前で着替えさせるなどの演出も出来る。

補足
巫女物の作品はすでに沢山あるので、この様な単純な作品はすでにあるのかもしれないが素人物の企画として考えてみました。
[画像クリックでDMMに移動]






タイトル:マジックミラー号素人さんにAV撮影のアルバイトをお願いしたら(仮)

内 容
街で一般男性に「AVに出てもらえませんか」と声を掛け、かたくなに断る男性。
「話は、変わるんですが」と前置きし
「ちょっと人手が足りなくてこの後、2時間ぐらい撮影を手伝ってもらえませんか、日給1万円ぐらい出すんで」
「絶対2時間以内に終わらせるんで、時給で言ったら5000円ですよ」などと説得し、カメラマンをやらせ
「メインのカメラマンはいるんで、自分の好きな所を撮ってください」
などと説明し、女優さんと男優さんのSEXが始まり、立ちバックや騎乗位の時に気持ちよすぎて素人さんに掴まってしまう女優さん。
女優さんが勃起している事に気づき「私の体を見て興奮したんですか」などと言い、そのまま発射させたり監督が
「元々男優さんが足りなかったんでよかったらどうぞ」
などと言い結局嫌がっていた素人さんが腰を振りまくる企画。

あと男優さんが萎えて入らず困っている時、女優さんなどが
「この人、さっきからずっと立ってるんですけど」
「私、この人がいいな」
「私とは、嫌なんですか」などと言い、SEXに持ち込んでもいい。
女優さんは、毎回違う人にし、最後のパートは男優1人に対し今までに出た女優さん全員と絡む中でで素人を誘い込む。
せっかくマジックミラー号を使うのなら、ナンパした女性×素人男性や、そもそも素人女性をターゲットにする同じ内容の女性編、素人女性と素人男性2人とも一緒にカメラマンをさせ、まず男性を上記の方法で誘い込み、やりたくなった素人男性の相手を女優さんが
「この娘、さっきからモジモジして」
と悪戯し興奮させて、監督さんが
「4Pの画が欲しいんだよね、謝礼出すんで、出てもらえませんか」などと説得する。

補足
AVを見ている人で男性が前面に出る作品を嫌う人がいるが、私は男性に自分を重ねるのが好きで、そういう男性が目の前の痴態に我慢できないという生物であるという事を表現した企画として考えました。
これは個人的に良い出来だと思うが、この案はMOODYZには向かない気がする。

AV企画案 黒服ぶっかけ

SODさんに数日前から公開してる企画案を送り2ヶ月経ったが何の連絡もなかった。
その頃は、MOODYSにはまっており「連絡がないのならもういいや」と思い、書き貯めていた企画案をMOODYSさんに送った。
今から数日掛けて公開するのは、その作品だがマジックミラー号がどうのと書かれているが送ったのはMOODYSです。





タイトル:黒服ぶっかけ(仮)

個人的に精子が一番綺麗に見えるのは黒系の服だと思っているんですが、だからぶっかけの撮影でマットを黒いマットを使っていると思うのですが、黒の服に注目しセーラー服(冬服)、OLのスーツ、スチュワーデス、タイトな黒のボディコン服、革のボデイースーツ、喪服、ブルマ(上は白ですが)などを、それぞれその服が似合う女優さんに着てもらい服にぶっかける。
SEXぶっかけは、服を全部脱がさず着エロにする。
こんな感じ。
kurofuku1.jpg
kurofuku2.jpg
kurofuku3.jpg

補足
ぶっかけ物で書き忘れた企画をMOODYSさんに送った。
有名女優さんでシリーズ化してもらいたい企画です。





タイトル:外人全裸抗議活動レ〇プ

内 容
海外で全裸で抗議活動をする団体があるが日本では公共の場で全裸になる人は何をしても良いという法律が出来、それを知らない外国人女性達がレ〇プされるという企画。
場所は政府の記者会見、議会、会社の謝罪会見、自然破壊の工事現場などで何故か我慢出来なくなったレ〇プを見ていた政府のお偉い方も参加する。
洋モノではレ〇プ作品は少なく、アーイェイ、オーイェイの世界感だがこの作品では裸で参加していた割には恥ずかしがり、嫌がるという演出にする。

補足
私は外国物はそんなに好きではないが、外人物でと考えた時に浮かんだ企画です。





タイトル:日焼けサロンレ〇プ

内 容
日焼けサロンに来たギャルを、店員が何だかんだとHに持ち込む企画。
例えば「全裸で入った方がいいですよ」と進め
「日焼けマシーンのスイッチを入れる為」
と全裸を楽しんでから部屋から出て、終了時間で部屋に入り日焼けマシーンを切り
「脇が焼けてないですよ」
「胸の谷間が焼けてない」
「お尻が焼けてない」
「股の方が焼けてないですよ」
など身体を観察してレ〇プ。
もしくは、悪戯されて気持ち良くなってSEXしてしまう。
水着で入って日焼け具合をチェックでもよい。

補足
私はギャルは嫌いだがギャル好きの為に考えた企画です。
既に似た作品がありそうな気もしますが私は見た事はないので書きました。
この様に私は自分の趣味以外の作品も考えているのです。

AV企画案 性犯罪更生刑務所

[画像クリックでDMMに移動]


私は、刑務所や監獄系の映画が好きだがAVでは、良かった作品を思い出せない(上記は映画)
そこで考えた企画だが、あり得ない設定をドラマ仕立てで書いてみたがこれは官能小説ではありません。
ストーリーが分かる程度に箇条書きにした物で、官能小説を読みたい方は左のリンク集の無料官能小説にお進み下さい。
それが私が官能小説として書いた作品です。





タイトル:性犯罪更生刑務所(仮)

内 容
性犯罪の増加に伴い、政府は性犯罪者だけを収容する特別刑務所を作り、また性犯罪者更生プログラムを作成した。
刑務所は、所長を含め全員女性。
所長を頂点にし、刑務官はセーラー服やOL水着など(日により違う)を制服としており、所長だけは刑務官の制服を着用して見分けていた。
受刑者は塀に囲まれ、刑務作業、食事、お風呂などの規律ある生活をしなければならないが、自由時間は自由に歩き回る事が出来、ある程度の自由を与えられていた。
もし受刑者が発情した時は、刑務官が満足させ射精させなければならない。
果てた後は縮もうが潮を噴こうが受刑者が嫌がるまでやり続けるというようなプログラムで性は辛いものだと擦り込むのが目的だった。
ある日、新人(主演)の刑務官が配属されたことで事件が起こる。



ブロック1
朝食中、刑務官に、盗撮魔が悪戯してきたので手でイカせてやった。

シーン
刑務室に新人刑務官が先輩に連れら入ってきて、自己紹介をし訓戒を受け退出。
正義感の強そうなまじめな人物だった。

ブロック2
所長が新人に研修中。
刑務作業中に痴〇常習者がセーラー服の刑務官のお尻を触ってきたのでフェラでイカせてやった。
新人は顔を赤らめている。

シーン
所長が新人に研修中。
昼食中に強〇殺人犯が欲情し所長に襲い掛かるが、数人の刑務官が押さえ込み、所長にのみ携帯を許された拳銃を突きつけられる。
独房に連れて行き丸一日の独房入りが告げられる。
所長には手を出してはならず守らぬ者は、独房に入れられるのだ。

ブロック3
所長が新人に研修中。
刑務作業中に刑務官に強〇魔が要求してきたのでコンドームを付けSEXでイカせてやった。
コンドームを付けづ無理やりすると刑期が5年延びる。
新人は顔を赤らめている。
新人の隣で何かが落ちた。
それはカッターだった。
拾って受刑者に渡すと「ありがとうございます」と背を丸めた、よく見ると服の上からでもわかるぐらい勃起していた。
軽犯罪者のようだが本当は射精させなければならないが、彼も黙って作業を続けた。

ブロック4
所長が新人研修中。
夕食中、新人に受刑者が悪戯してきた。
躊躇しながら、所長に指示されながらなんとかイカせた。

ブロック5
入浴時間中、水着の刑務官2人に強〇魔2人が襲ってきたのでコンドームを付けSEX。
1人の刑務官は、1人の受刑者が欲情しているのに参加せずオナニーしているのを見つけて興奮してきた。
どうやら童貞好きのようだ。
刑務官は童貞に懲罰手コキを与え、自分も童貞も同時にイッてしまった。
受刑者は、痴〇冤罪で捕まったナイフを拾ってあげた彼だった。

ブロック6
新人が所長に呼ばれ、叱責されオナニーをやらされる。
バイブでフェラを習いながら自分がイクまで指導を受ける。
こんな感じ。

keimusyo1.jpg

ブロック7
刑務官が服を脱ぎ入浴。
のぞき魔が覗いている。
発見し、いろいろな所を見せつけオナニーさせてイカせ、もちろんイカせた後も刑務官がしごき続ける。
このように、いつでも欲求を開放できるように刑務官のスペースと、受刑者のスペースは自由に行き来できる。

ブロック8(なくてもよし)
就寝時間中は出入り禁止で鍵をかけられ、刑務官が部屋の人数確認中下着泥棒が、自分のパンツを手にオナニーしているのを見つけ、他の受刑者が起きて来て欲情したら面倒なのでコンドームを付けSEXでイカせてやった。
3次元が苦手なオタクのようだ。

ブロック9
所長はいない。
翌日の刑務作業中に1人の軽犯罪者が、体調不良を訴え退出する。
  
新人に悪戯しようとする軽犯罪者。
所長に教えてもらった通りフェラで立派にイカせ、成長が見える新人。
終わったと思った矢先、強〇魔が入れようとする。
躊躇する新人を見てさり気なく先輩が変わってくれ「段々と慣れれば良いわ」とやさしく声を掛けてくれた。
しかし、廊下の窓には所長の顔があった。

ブロック10
ナース服を着ていた刑務官に付き添われ医療室に来た、軽犯罪者。
医者(男性)に診てもらったが何の異常もないという。
仮病のようだ。
仕事に戻るように促すと「パイズリしてくれたらすぐ戻る」と言い出してきたので刑務官がする。
するとそれを見ていた医者が「もう我慢出来ん」と入れてきて、感じまくる刑務官。
先にイッた受刑者を潮が出るまでシゴこうとすると、逃げるように仕事に戻っていった。
騎乗位で、激しく腰を振る刑務官。
我慢出来ず中に出してしまう医者。
「すごくよかったよ」と言う医者に笑いながら手錠を掛ける刑務官。
「強〇の現行犯で逮捕する」と刑務官は、言った。

ブロック11
昨日、昼食中に欲情し所長に襲い掛かり独房に入れられた凶悪犯は、セクシー軍服を着た刑務官に独房からだされたが興奮状態で刑務官に襲い掛かった。
また、生で入れようとするが武闘派の刑務官に殴られ仕方なくコンドームを付けた。

ブロック12
その夜も呼び出された新人。
緊張しながら所長室に入ると昼の事で叱責され。
所長にベニバンで入れられてしまう。
「いじめているんじゃない、早く一人前になって欲しいからやっているんだ」と言う所長。
イッて放心状態の新人に明日は、これを付けておくようにとリモコン式のバイブを渡され部屋を出る新人。
行き違いにやさしい先輩が所長室に入っていった。(入るシーンだけ)

ブロック13
朝食をお盆に入れる新人、突然スイッチが入りビックリする新人。
「どうしたのと」不思議がる受刑者。
周りを見渡すと廊下で所長が見ていた。

ブロック14
刑務作業始め新入り受刑者が元童貞の左の席に座らされ、その左の人物に作業を教えるように指示した。
新入りはこの前の医者だった。

少し立つと朝食の時に、何回か入り切りされたスイッチが、ずっと入ったままになった。
助を求めるように窓を見たが廊下には、所長はいなかった。
やさしい先輩が「大丈夫と声をかけてくれる」
「なんでもありません」と言うと
「早く馴れないと」と言って新人のスカートを捲り上げ、「みんな見なさい、グチョグチョよ」と胸を揉みしだく。(服はスカートのコスプレ)
その手には、リモコンスイッチが握られていた。

ブロック15回想(なくてもよし)
前日の話。
所長室に入ったやさしい先輩は、今日の新人を庇った件で体を触られながら叱責を受ける。
先輩は、嫌がると言うより、恋焦がれる少女の様だった。
貝を合わせイカされた先輩に所長は、スイッチを渡し耳元でやさしく囁いた。

ブロック14
我慢出来なくなった重犯罪者の2人が新人に飛び掛った。
先輩は、隣で「ああしなさい、こうしなさいと」新人に指示をする。
気が付けばあちらこちらで始まっている。(刑務官全員)
元医者は、昨日の刑務官に復讐しようと刑務官に近づくが鼻で笑われ無視され、他の受刑者の相手を始めてしまう。
一方新人は、先輩が2人の受刑者に渡したコンドームを付けた1人の受刑者に入れられ、乗り遅れたもう人は先輩に挿入し、先輩は入れられながらも新人に教える。
嫌がりながらもイカせる事が出来た新人は、懲罰的手コキをしようとすると先に終わっていた先輩が左手で自分の相手をしながら、右手で新人の相手をしてくれた。
「よくがんばったわね」そこには、昨日のやさしい先輩の顔があった。
途中から廊下で見ていた所長は「やっぱり甘いのね」と微笑んだ。

シーン
その夜の就寝時間、凶悪犯が童貞にカッターを盗んでくるように迫っているが頑として首を立てに振らない。
それを聞いていた元医者の男が、凶悪犯の耳元で「いい考えがある」と言った。

ブロック15
次の日の刑務作業中突然、元医者が「隣の童貞がしてもらいたいそうです」と言い出した。
「そんな事言っていな」と言う童貞だったが、今日の過激な刑務官1人の衣装が眼に入り勃起していた。
風呂場での童貞の痴態を気づいていた刑務官がやって来て「言ってない」と嫌がる童貞を「私でオナニーしてたの知ってるのよ、我慢しなくていいから」と手でイカせてしまう。
その後懲罰的手コキで潮まで噴いてしまった。
恥ずかしがりながら、作業に戻る童貞。
カッターの刃が短くなっているのに気付かなかった。

シーン
昼食中、医者は凶悪犯にそっとカッターを渡した。

シーン
午後の刑務中、近くを通った新人にカッターを突きつける凶悪犯。
弱そうな新人が狙われたのだ。
自分のミスに気付く童貞。
騒ぎに気づき駆けつける所長。
拳銃に手を掛けようとするとドアの陰に隠れていた元医者が拳銃を奪って凶悪犯に渡し、代わりにカッターを受け取る。
凶悪犯は全員地下の収容室に降りるように指示する。

ブロック16
無礼講を宣言する凶悪犯。
凶悪犯は所長を。
元医者は自分を逮捕した刑務官を犯した。
嫌がる新人も無理矢理犯された。
他の刑務官は嫌がりながらも経験から感じてしまう。
自分の刑の範囲を守り、挿入はしない者、中出しはしない者、所長には手を出さない者、色々いたが1人だけ参加していない若者がいた。
代わる代わる中に出されみんな終わったと見るや、凶悪犯が所長を撃ち殺そうとすると童貞が凶悪犯に飛びついた。
拳銃は発射された。
童貞の腕に当たり拳銃は床に落ち滑る。
刑務官が手に取り、凶悪犯に向ける。
元医者のカッターも武闘派に蹴り飛ばされ制圧される。
こんな感じ。

keimusyo2.jpg
keimusyo3.jpg

ブロック17
所長室に呼ばれた童貞は感謝され、所長と刑務官全員にサービスされる。
断ろうと嫌がるが童貞の腕の包帯の上から所長がやさしく触りながら
「痛いのと、気持いいのどっちが好き」
元童貞は、受け入れ、所長が入れようとすると童貞好きの刑務官が
「代わって欲しい」と懇願し代わってあげる。
最後は童貞は主人公をイカせ中に出してしまう。
掃除をしてもらい、懲罰はなかった。
所長は「弁護士から再審が決まったと、連絡があった」と伝えるが童貞は「もう少しここにいたいです」と言い、みんなで笑う。
所長は、武闘派の肩をたたき一緒に外に出る。

ブロック18(なくてもよし)
地下の牢獄に入る2人、そこには凶悪犯と元医者が繋がれていた。
2人を手と口でイカせてから何かの機械をペニスに付ける。
怯える2人は「それは何だ」と聞く。
所長は、「これは、あそに刺激を与え続ける機械よ、血が噴出そうとね」と告げる。
スイッチを入れ、牢を出る2人、その後ろから2人の絶叫が響いた。

あり得ない設定をシリアスに作った作品が好きなのでそれをイメージして作った企画です。
今の業界ではこの規模の作品は、作れないでしょうね。


AV企画案 ちょっとHなアップダウンクイズ

これは約2年前にSODに送った物です。
企画案の中には文章の長い物があり、それは世界観を伝える為に最低限の表現で書いており箇条書きと小説の間の様な物があります。
官能小説が読みたい方は左フレームのリンク群、無料官能小説にお進み下さい。
それが私の書いたの物です。
良い作品は、官能小説にちゃんと書く可能性があるのでここでは、紹介しません。





タイトル:望遠鏡でのぞきをしながらオナニーしていたら、近くの事に気付かなかった僕(仮)

ブロック1
ある日、姉(清純系)の友達が遊びに来てみんな薄着でちょっと興奮した僕は、自分の部屋に戻りいつものように望遠鏡を覗き、着替え中の女性を見つけた。
しばらくすると、自分のミスで望遠鏡に当たって角度が変わり同じビルなのだろうか?
H中のカップルを発見、いつものようにオナニーし始める。
ドアを完全に閉めておらず姉の友人の1人に見つかってしまい、友人は面白がり友達、姉が部屋に入ってきた。
声を掛けようとする姉に唇に人差し指を当てる友達。
友達3人は僕のちんちんに興味津々で間近で見ている、集中していた僕は望遠鏡で見える男の、フィニッシュに合わせイッてしまう。
ふと下を見ると女友達の口に出していた。

ブロック2
3人の友達は、嫌がる僕に悪戯しついにはSEXをしてしまう。
姉は、部屋にはいるが目を背けている。
僕は気持ち良さのあまり友達を立ち代りイカせてしまい、僕もイッてしまう。
疲れた僕と女友達は、疲れてそのまま寝てしまった。

ブロック3
下半身に違和感を感じている僕は、目を覚ます。
すると姉が僕のを舐めている。
静かにするように姉が言うと姉に自ら入れられてしまう。
姉の声がどんどん大きくなり友達が起きてしまい、入っている所をマジマジと見られて嫌がるが、僕は止めることが出来ない。
友達は、姉や僕を弄ったり、舐めたりし僕はイッてしまった。
それを望遠鏡で見ながらオナニーしている男。因果応報・・・
こんな感じ。
bouen1.jpg
bouen2.jpg
終わり方が好き。
もちろん犯罪にならないようにセット内で表現する必要がありますね。




タイトル:あなたのHな夢叶えます!そのかわり・・・(仮)

内 容
街でカップルに声を掛けてインタビューし男性にあなたの夢は何ですかと聞き、彼女としてどうですかと聞き
「私は、応援します」
などの答えを聞き出し、ちょっと男性だけの画も欲しいのでと女性に少し離れてもらい、今度はあなたのHな夢は何ですかと聞き彼女を気にするので
「ちなみに、AVなんて見られますか」
などと性癖を聞き出し、やってみたくないですかと提案し連絡先を聞き出し終了。
後日のていであなたのHな夢を叶えますと伝え、ただし彼女を差し出せば夢を叶えますと電話し、彼女にこの間のインタビューの件で夢を叶えてくれるってと伝えてもらい一緒にスタジオに来てもらう。
後日、スタジオに来たカップルにインタビューし、女性に
「今日はどうしてここに来てもらったか聞きましたか」
とインタビューし
「こないだのインタビューの夢を叶えてくれるって」
など聞き、男性の夢のシュツエーションの場所(人に合わすなど)に連れて行き、戸惑う彼女に事情を説明し、彼女にHを迫る。
この場合、女性は
「この間、応援しますって言ってませんでしたっけ?」
の嫌がるのを説得するバージョンと、欲望を抑えきれない彼氏がヤリ始めて、それを見ていた彼女が興奮し出し恥ずかしながらも協力する痴女バージョンが可。

夢の例
あの女優さんとしてみたい
乱交してみたい(個人的に女性は多いほど良い)
レズプレイを見てみたい
彼女に出来ないプレイをして見たい(レ〇プ、SM、アナルSEXなど)
スワッピングをしてみたい
彼女が沢山の男性からかけられるのを見てみたい(彼氏がSEX中)
彼女が他の人としているのを見てみたい(彼氏堪らずオナニーなど)
彼女が他の女の人とレズプレイをするのが見てみたい(彼氏堪らず彼女に挿入など)

夢の種類が多すぎて、シリーズ化も可能だしマジックミラー号でも良いと思う。
彼氏が他の女優さんとする場合は、同じ場所でプレイなのか別の部屋に連れて行くのか?同じ場所でプレイの場合、同時進行編集なのか?
色々撮りようがあると思います。





タイトル:ちょっとHなアップダウンクイズ(仮)

内 容
一般女性に扮した女優さんが勝てば賞金、負ければ、罰ゲームを掛けてクイズに挑戦してもらう。
SMで足を開いて宙吊りの縛り方があると思うが、素人女性にあれをしてもらい下には、ブルブルマシンを置き、不正解だと下にさがり5回不正解であそこに当たる。
5問正解で賞金ゲット。
なので女性はスカート限定になる。
女性には3回アップスリー問題を使う事が出来、問題の難易度は一緒だが、正解すれば3段階上がり失敗しても1段階しか降りないが問題を解答後、ブルブルマシンをバイブに変更する。
文句をいう女性には、「ただでうまい話はないです」と一蹴。
2回目で男優のコンドームを着けたちんちん、3回目でコンドームを外す。
あとラッキーチャンス問題を1回求める事ができ、問題は簡単だが罰ゲーム付の問題で不正解ならマ〇コを男優に舐められる。
罰ゲームの内容は明かさない。
SEXの時は、パンツをずらし入れ、SEXの女性は嫌がる人は吊ったまま、感じている人は拘束を解いてSEX。

吊るのが難しい場合は、地上でも可能でお笑い番組に出てくるような長い台にメモリを付け、台車を動かす方法でもいける。
この場合女性は、ズボンでもよくなる利点がある。
あとのルールは簡単にして間違ったら脱衣で良いと思う。
メモリ0の所で服、パンツが残っていた場合は素股で出すが、女性が感じて挿入OKのハプニング演出も可。
こんな感じ。

updown1.jpg
updown2.jpg
updown3.jpg
updown4.jpg
updown5.jpg
updown6.jpg
単純なゲームなので私は知らないがすでにこんな作品があるのかもしれない。

CGは、リアルプレイを利用していますが、その他のソフトを併用していますのでこの通りに表現出来ないかもしれません。
[画像クリックでDMMに移動]

AV企画案 媚薬セールスマン

これは約2年前にSODに送った物です。





タイトル:媚薬セールスマン(仮)

内 容
薬の訪問販売で訪れたお宅で最初は、一般的な薬をセールスし徐々に言葉巧みに媚薬やコンドームなどのHグッツを売り込み「試供品があるんですよ」と試しに媚薬を飲んでもらい女性が発情し、セールスマンとHするという企画。
訪問販売員が女性でお客さんが男性という逆バージョンも可。
その場合「効き目あるんですか?」
と疑うお客さんに媚薬をセールスウーマンが飲み
発情したフリをして男性に迫るというストーリー。
こんな感じ。
[画像クリックでDMMに移動]

seirusuman1.jpg
seirusuman2.jpg
似たような作品はあるかもしれませんね。





タイトル:全裸大縄跳び(仮)

内 容
一般女性に扮した女優さんグループに大縄跳びに挑戦してもらい、連続で50回(成功回数は、女性の体力による)飛べたら100万円、失敗したら服を1枚ずつ脱いでもらう。
失敗したら、引っかかった人が服を脱いでもらい、下着姿になった人は、フェラをしてもらう。
上を残し下着を先に脱ぐ女性は胸がでた時点でパイズリ、下腹部が出た人は素股。
中間の罰ゲームを嫌る人には「挑戦に失敗しても、これをやってもらった人には、3万円の参加費が出るんですよ」と説得。
1人が全裸になってその人が引っ掛かったら変わりの人が脱ぎ、全員が全裸になり全裸の状態で最後の挑戦をし、失敗したら全員SEX。
胸の揺れを楽しむ企画。

似た作品はあるが脱衣と大人数(大縄跳び)は見た事がない。
[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:モトクロス(仮)

内 容
運動場に障害物を作りモトクロス自転車で賞金を賭けてレースをする企画。
女優さんはサドルに固定したペニスの型(バイブではない)をアソコに入れ障害物を走る。
立ち漕ぎは禁止で最終障害物は、長いガタガタ道。(△△△△△△こんな感じの)
1位は、綺麗な部屋でラブラブなSEX、2以下はハードレ〇プ。

補足
今の時代外で撮影するのは、危険なので体育館を借りるしかないだろう。
アクメ自転車は知っているが、それを女優さん同士のレース物にした企画で、これを素人の設定にすると嘘っほいので女優さんの出演とした。
ヘルメット、ひじ当てなどを付けないと危ないので着エロみたいになってしまう。
[画像クリックでDMMに移動]

AV企画案 ブルマ販売促進オフィス

これは約2年前にSODに送った物です。





タイトル:セックスレス相談所(仮)

内 容
SODに仕事柄よく性の悩みも多く寄せられる中、セックスレスで悩む女性を公募したというていで、男性のセックスレスに悩む女性を集めてインタビュー。
その後、夫にも来てもらい夫にその気になってもらいその場でHしてもらう企画物。
方法は夫にインタビューし、用意した補助要員の女優さんに男優さんがHな事をしたり、女優さんが夫を勃起させてHしてもらう。
ハプニング的に夫が補助女優さんとしたがりHし、可愛そうな女性を男優さんがHしてあげるなどのバリエーションも可。
また、男性が悩んでいるバージョンもあると思われる。

補足
〇〇相談所という作品は良くある。
セックスレス相談所というのはないかと思っていたが、似たような物があった。
見ていないので内容まで知らないが、ボツですね。

[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:グラビアアイドル媚薬ポールダンス撮影会(仮)

内 容
グラビアアイドルに扮した女優さんを水着でポールダンスをしている所を撮影すると呼び出し、媚薬を塗ったポールにアソコが触れ段々発情していき最後は、写真カメラマンに扮した男優さんとHするという企画物。
事前の撮影打ち合わせの撮影もありかも。
また、体操服やブルマで鉄棒バージョンもありかと思った。

補足
グラビアアイドルを騙すという作品はすでに沢山あり、媚薬も登場している。
それをポールダンスで下腹部に直接効く媚薬として登場させた企画。
真新しさはないが今までにない企画だと思う。
ちなみに『グラビアアイドルの卵を騙して大乱交!媚薬シュークリームロシアンルーレット』は、見た作品で私の好きな加賀美シュナさんも出演されていて良かったです。
『まわりは全部仕掛人!新人グラビアアイドルを「催眠術のTV撮影」と騙し、インチキ催眠術にかかってエロいことまでしちゃう他のアイドル(AV女優)につられて催眠術にかかったフリをして一緒にエロいことをするかやってみた!』も見た作品で、ジャケットに一番大きく写っている白の水着の人は名前は知らないが、その人が奇麗だった。

[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:ブルマ販売促進オフィス(仮)

内 容
ブルマ販売に特化した会社が学校のブルマからズボンへの移行によって倒産の危機に立たされていた。

シーン
社長がブルマ販売促進を開始する事を宣言し、会社の女性の制服はスーツからブルマ(体操服)に変わった。

ブロック1
お客さんが2人尋ねて来て、社長が2人の女子社員にブルマをアピールするように指示してSEX。(ブルマは、脱がない)
こんな感じ。

burumaha1.jpg
burumaha2.jpg


ブロック2
ブルマの似合いそうな2人(すでにいる女子社員は、お姉様系)を新たに採用し、制服に社長の目の前で着替えさせられ興奮した社長に手、口で奉仕させられ「興奮した相手にはブルマをアピールするように」と教えながら最後に脱いだブルマで手コキさせ、イッてしまう。

ブロック3
販促は、会社だけではなく昼休憩、新人2人がコンビニに行きレジで会計していた時、2人のサラリーマンがお尻を触ってきた。
2人は教えてもらった通り、SEXしてあげる。
店員2人がレジの向こうでセンズリしている。
店員はイク時、ブルマにかけ、SEX相手もブルマにかけた。

ブロック4
会社に2人のお客さんが来て、社長の指示でお姉さん社員が相手をしてあげる。
少しして、2人のお客さんが来て、社長の指示で新入社員が相手をしてあげる。
全裸にされるがイク時は、社員が脱いだブルマで包み、手コキでイカせて自分の胸などにかけてもらう。

ブルマに焦点を当てて着エロ系で仕上げました。
今、改めて見てみると大した内容ではありませんが、これからぶっ飛んだ内容の物も出てくると思いますのでお楽しみにして下さい。

AV企画案 ぶっかけ系

私の好きな女優さんのリストも減り、これからの記事の中心をブログのタイトルにもなっているAV企画案をどんどん公開していこうと思います。
既にAV制作会社に郵送、メールした物の中から今、改めて見てしょうもない物を除き公開していきます。
まずは、私の好きなジャンルに『ぶっかけ』がありますがその案を手始めに公開します。
これは約2年前にSODに送った物です。





タイトル:擦りつけぶっかけ(仮)

内 容
一般ユーザー様を募集したていで集め、オナニーで掛けるのではなく女優さんの体におチンチンを擦りつけてぶっかける。
掛ける場所は、ユーザー様にインタビューしてその場所にかけられる参加型企画。(もちろんNG場所あり)
例えば、太ももとか、唇、髪、頬、胸、乳首、お尻などで、これもかかり具合をあまり気にしないでオナニーよりには、なって欲しくないです。
最終ブロックでは「おマ〇コでっ」て事で挿入し、出来れば中出しで終了。
ブロックは、服(コスプレ的な)のままで擦りつけ、水着、下着、全裸など、特殊案として、顔以外全てタイツで場所を聞いた所をはさみで切り取りそこに擦りつけるなど。

補足
顔面に擦りつける作品はあるのは知っています。
それを身体全体にしたぶっかけ物です。

[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:より遠く飛ばせ!ぶっかけ選手権(仮)

内 容
一般ユーザー様を募集したていで集め、女優さんが寝そべりユーザー様がその上に立ち、精子の飛んだ距離を競い優勝したユーザー様は、人気女優さんとHが出来る特典付き。
一人の女優さんは、オナニーの補助ともう一人は、どこまで飛んだかの審判、人気女優さんもどこまで飛んだか自分で意識する事とする。

ブロック
立つ場所が下腹部側、顔側(精子がそのまま下に落ちた場合の位置)の2パート制とその優勝特典SEX×2本番。
こんな感じ。

tooku1.jpg
tooku2.jpg

補足
『第1回 青空ザーメンダーツ選手権 』に似ているが私が案を送った後に出た作品だと思う。
身体に変な〇を書いていて女優さんの奇麗な身体が見えないのがよろしくないので上記の様なシンプルな作品にした方が良いと思います。

[画像クリックでDMMに移動]







タイトル:レズ高所ぶっかけ(仮)

内 容
ビルの外装工事のような足場を、高さ約2mを正方形に組みその中央にレズプレイ中の女優さんに雨のように精子を降らす企画。
普通の男優さんとのSEXが見たいが、男優さんが邪魔でうまく掛からないないと思われるのでレズプレイに設定した。
下のカメラマンを女性ADカメラさんを女性にする事で2度おいしい。
こんな感じ。

kousyo1.jpg
kousyo2.jpg





タイトル:拭き取りぶっかけ

内 容
いつものぶっかけだが、掛けた後はすぐ拭き取る。
大量に顔に掛けても女優さんの顔が見えなくなり、個人的にはある量を境に後は、全部一緒だと思っている。
それを解消する為一回一回拭き取る。(男優さんの都合で同時とか2、3発は、OK)
化粧も一緒に落ちるのでプラス要素ですっぴんぶっかけにするが、女優さんが限られてくる。

[画像クリックでDMMに移動]


こんな感じで発表していきます。
こんなのが200以上あります。

素人役最高! 涼川絢音

[画像クリックでDMMに移動]

涼川絢音さんは巨乳で色白、色っぽさもあるし可愛い服を着させれば可愛い役もよく似合う女優さんだと思う。

『「童貞くんのオナニーのお手伝いしてくれませんか…」 海で声を掛けた心優しい専門学生・女子大生・ショップ店員・歯科衛生士さんがマジックミラー号で童貞くんを赤面筆おろし!5』の様な素人物や女優さんが多数出演している作品でよく見かけ、その中で頭一つ抜け出た感じで私はファンになった。
私は、AVを研究している訳ではないので間違ってたらごめんなさいだが、涼川絢音さんは素人物なので有名になりランクが上がった成瀬心美さんの様な感じの女優さんだと思っている。


素人での企画物への出演も多いし、SMやレズ物の出演も多い幅広い活躍をされていて、見ている側は趣味に応じて選べるのでありがたい女優さんだと思います。

出演本数が少ない女優 綾音ゆりあ

[画像クリックでDMMに移動]

綾音ゆりあさんを初めて見たのは『絶対終わらせない限界射精SEX』だった。
初めて見た様な気がしなかったがDMMで検索しても出演本数が少なく、乱交物の様な複数の女優さんが出演されている作品には出てなさそうで、私が見た作品はこれ一本だけだと思う。


綾音ゆりあさんは、見て分かる通りほどよく胸が大きく形も良い。
また、私が好きな長い黒髪に白い肌と3拍子揃っているが、気になるのはジャケット写真の印象で上の3作の様な美人さんというより私が見た『絶対終わらせない限界射精SEX』のジャケットの様な可愛い感じで、こちらの方が動画に近い写真だと思う。


見ていないので何とも言えないが上のOLさんの様な作品より可愛い感じの作品が似合うと思うがどちらにしろ出演作品が少ないのでそんなに選べない。
ジャケットの修正感を感じてしまうが可愛い女優さんですよ。

まん丸お顔の柳井ちはる

[画像クリックでDMMに移動]

柳井ちはるさんは、大昔の女優さん。
ふとネットを見ていたら好きだった事を思い出した。


何の作品が良かったとか記憶はないが、柳井ちはるさんは、ぽっちゃりとして可愛らしい。
身体つきだけでなくほっぺがふっくらとして田舎感があり、AV女優らしからぬ顔が好きだ。


DMMで検索しても単体作品は出てこず、ジャケットに一人で写っている作品は別の人なので勘違いしないで頂きたい。
殆どの作品が4人以上の出演者がいるので柳井ちはるさんの出ている時間は短いと思われる。
『嫁姑レズバトル 玉置マリアVS柳井ちはる』は2人、『童貞の僕が近所の巨乳看護婦がいる病院に入院した。 パート2 』が3人と、人数的には少ないので登場時間が長いと思われるが私も見た事がないので良いのか悪いのかも分からない。

ちょっとギャルよりの美人 天海つばさ

[画像クリックでDMMに移動]

天海つばささんは、超美人といった感じで周りに居たら緊張しそうなほどのべっぴんさんだと思う。
『天海つばさファン感謝祭ぶっかけ』と『僕とつばさと心美の甘すぎる同棲性活』の2本は見た作品だ。


もしかしたら私が見た作品は、この2本だけかもしれない。
私は美人過ぎる人は、奇麗だなとは思うがあまりエロスを感じない。
それは芸術作品を見る様な感覚になるからだ。


私は”可愛い感じの作品が見たい”とよく書くが天海つばささんは、可愛い服を着てもギャル感やお姉さん感がハンパない。
パンダメイクが気になる所だが薄化粧でコスプレをすればもっと可愛い感じになると思うのだが、どの作品のジャケットを見ても奇麗なお姉さま感が漂っている。
悪い言い方をすればセクシーな役と可愛いらしい役の両方は出来ない女優さんかもしれないが、2本しか作品を見ていないので間違いかもしれない。

アニメ声の有名女優 小島みなみ

[画像クリックでDMMに移動]

小島みなみさんはテレビでも活躍さている、今AV界をけん引している女優さんのひとりだと思う。

ぶっかけ好きなので『デビュー2周年!!大顔射祭』や『みなみ先生のぶっかけ教室』は見た作品でお顔自体がレベルが高いので白濁した精子を掛けられだけでも興奮出来る。

容姿も好きだが声もアニメ声で私は好きだが、若干”演技では?”という気がしないでもない。
個人的には、演技でも整形でも豊胸施術をしていても興奮出来らばそれでいいと思っているので何の文句もない。
小島みなみさんが整形、豊胸をしていると言っているのではないので勘違いしないで下さいね。
ぶっかけ物が多いのは有り難いが、他にハードな作品や面白そうな企画物は少なそうだが女優さが良いのでそれもしょうがないと諦めよう。

白い美乳 みなみ愛梨

[画像クリックでDMMに移動]

みなみ愛梨さんに注目した作品は『東京→静岡約150キロ完全走破!みなみ愛梨と美人AD田中が道中お世話になった方々にエッチな御礼をしながら富士山を目指す!女2人所持金0円ママチャリの旅』だった。
別に期待して見た訳ではなく同シリーズの鶴田かなさんの作品が良かったからで、企画が良いというより鶴田かなさんとAD役の子が可愛かった。
その流れでこちらも見る事にした。


ジャケットの印象では美人さんという感じでタイプではないと思っていたが、可愛らしい顔立ちをされており、ジャケット詐欺が横行する中でジャケットの写真より動画の方が良かった。
顔もタイプだったが素晴らしいのは胸で大きめで形が良い美乳さんだった。
また良いのが色が白いという事でより胸の美しさが際立っていた。


顔立ちは、学生役から人妻まで演じられる女優だんだと思うが、作品の種類的には企画物やハードな作品は少なそうだ。
そう考えると『東京→静岡約150キロ完全走破!みなみ愛梨と美人AD田中が道中お世話になった方々にエッチな御礼をしながら富士山を目指す!女2人所持金0円ママチャリの旅』が一番企画らしい作品に見える。
ちなみにAD役の子は、別にブサイクとは思わないが全然タイプではなかった。

ハーフっぽいセクシー系女優 原紗央莉

[画像クリックでDMMに移動]

原紗央莉さんは、超美人でハーフの様にも見える。
お身体は豊満で肉感的、セクシー極まりない。


元芸能人で有名な方だが何故かDMMで検索してもAV作品は出て来ない。
一般部門のセクシー映画の方では沢山の作品が出て来たが、何故アダルトDVDが出て来ないかは謎だ。


この中で私が見た作品は『SEX&禅』だけで、これは香港の映画に原紗央莉さんと周防ゆきこさんが出演されており、映画としても面白かったし抜ける作品でもあった。
もちろん挿入はない訳だが香港?の女性も全裸で沢山出てくるし、作品の中でちょっとした絡みがあるという程度のストーリーではなく、エロ中心で話が進んでいくので見て損はなく、絶対一度は見た方が良い作品だと思います。

弱点無しの美人 及川奈央

官能小説魔女狩り学園の続きを公開いたしました。
読まれる方は、左フレームのリンク無料官能小説をクリック頂くか、下をクリックしてください。
魔女狩り学園を読む
追加分は(11)からです。


[画像クリックでDMMに移動]


及川奈央さんは、一昔前の有名な女優さん。
テレビでも活躍されていてある時期のAV女優さんの代表的な存在で、年配の方なら知らない人はいないだろう。


完全に美人系の顔立ちで、お身体も胸が小さいとかぽっちゃりしている(私は好き)とかマイナス要素はなく、セクシーで文句を言う所がない。
この作品を見た!というハッキリと覚えている作品は『ドリーム学園5』ぐらいだろう。
前にも書いたが陵〇系作品の中では、一番のシリーズではないかと個人的には思っている。


見た作品は一本だけという事は絶対にないがどの作品だったかはよく分からない。
しかし大体、黒い服や黒い下着でセクシーな役の印象が強い。
しかし『制服人形 コスプレドール』の様なコスプレ要素の作品も割と多くあったと思う。
皆さんはどちらが好みでしょうか?

肉感的な巨乳 北川瞳

2、3日の内に官能小説魔女狩り学園の続きを公開します。
もう、後半には突入しているとは思いますがまだまだ終われそうにありません。
こんなに長く書くつもりは、なかったのですが本にでも出来そうな文章量になりました。
読まれる方は左フレームのリンク、無料官能小説からホームページに移動出来ます。


[画像クリックでDMMに移動]


北川瞳さんを初めて見た作品は覚えていないがお顔が好きというより、ダイナマイトボディーが気に入ってファンになった。
もちろんお顔も嫌いではなく、美人の中に可愛さも併せ持つ顔立ちだと思う。


お身体は胸が大きく肉感的で全体的にぽっちゃりとされているが、個人的には服を脱がして痩せているよりぷよぷよしている方が好きで、性の部分では魅力的だ。
私の嫌いなガングロギャルも少し入っていると思うが、そこまで派手ではなく許容範囲内。


最終的には、単体物は一本も見た事はないと思うが、数多くの作品を見ており特に企画作品の出演者の一人としてよく見た。
見過ぎた感があるがこれから私が見るとするとぶっかけ物が沢山ある様なのでそれを見ると思います。

陵〇物が多い 川上奈々美

[画像クリックでDMMに移動]

川上奈々美さんに注目したのは、テレビで拝見した時だった。
沢山のAV女優グループの一人に可愛い子がいると思い名前を覚えた。
可愛いというより美人と言った方がいいかもしれない。


そして、店頭で探し見つけた『みぃなな in レ〇プOK世界』という作品を見た。
お顔のバランス的にはもうちょっと胸が大きい方が似合うと思うが素材が良いので興奮した。
ふと後から気付いたが、すでに見た『満開アリスた~ず★』という作品で私は、川上奈々美さんを見ていた事に気付いた。
何故その時に良いと思わなかったか謎だが、おそらく小島みなみさんや葵つかささんに注目し過ぎてスルーしていたんだと思う。


何故か店頭で作品を探した時、陵〇物が多く割合的にも半分近くがそっち系の作品の様に見える。
それが本人の意思かそういう役が評価が高いのか知らないが個人的には可愛い感じの企画物が見てみたい。

素人役が似合うロリ系女優 大桃りさ

[画像クリックでDMMに移動]

大桃りささんは、可愛い感じの女優さんだ。
絶世の美少女という感じではないがそこら辺にいそうな感じが素人物などには、ハマッていると思う。


大桃りささんは、素人企画物や大勢の出演者の一人として出ている作品でいつのまにか知っていた感じ。
顔立ちと背が低い事からロリ的な役柄が多いが女子大生役もある様だ。


ちょくちょく素人作品で見るがDMMで名前で検索しても表示されないので残念だが、覚えている物で『素人お嬢さん AVファンと、出会って10秒で合体できたら100万円 in原宿』に出演されていて、他の出演者も可愛かった。
企画自体は、嘘っぽいですが・・・

複数人の出演でも目立つ存在 紺野ひかる

[画像クリックでDMMに移動]

紺野ひかるさんを初めて見た作品は、複数の女優さんが出演しているあの100人に追いかけられ捕まったら中出しされるという作品だったと思う。
ご存じの通り今は、DMMで取り扱いがない。
あと二人私がすごくファンで紹介しようと思っていた女優さんが、嘘か本当か分からないAV強要問題の関係で取り扱いがなくなっていて名前さえ書くのも問題がありそうなのでここで紹介しません。
個人的には、後からの理由付けで言った事が問題になり大事になってしまったのだと思っている。


紺野ひかるさんはアイドルとして芸能界で活躍していても良さそうな顔立ちで、お身体も胸も大きめでいい具合の肉付きで官能的なボディーだと思う。
好きな女優さんだが私は、なんだかんだで紺野ひかるさんの単体作品を一本も見ておらず、多数の出演者の中の一人としての作品でけっこう出演が多いのでそっちで見てきた。
やはり複数出演の作品に出ていない人より出演している女優さんは有り難い。


また、企画物への出演もあり普通のSEXシーンでは、飽き足らない私の様な人にはお薦めの女優さんです。

好きな女優さんを紹介してきましたが・・・

最近の好きなAV女優さんの紹介で有名所が沢山出てきている。
基本、昔のあまり有名ではない女優さんを中心に紹介していこうと思っていたが、そろそろ好きな女優さんが出尽くしそうだ。
別にタイプではない女優さんを入れて紹介しようと思ったらずっと続けられが、節操がないので止めておこうと思います。
1、2週間ぐらいのストックは、あるがそろそろ一時的に終わろうと思います。

では、次からこのブログで何を書くか?
本当は、2つのコンセプトとしてAV制作会社に企画案を投稿して採用されようというコンセプトと、官能小説の補足的なブログとしてブログを初めている。
どちらかと言えばこの2つの合間に好きな女優さんを書いてきたのだが、いつの間にかメインにした。
それは官能小説は書くのに時間が掛かり、毎日情報を出すほどの内容がない。
AV企画案の方は、募集コーナーに投稿しても何の音沙汰もなく、個人的にはほぼそのコーナーは機能していないと思っていて最近では投稿を控えている。
投稿するより小説にした方が良いと思っているからだ。

1、2週間後からは今まで送ってきた企画案を公開していこうと思います。
今まで、レベルの低い物をすでに公開してきましたが、これからは自信作も公開しようと思います。
それは、AVになる前に内容を公開したとならないように配慮してきましたが、これだけ待ったので今頃採用される事もないでしょう。
もし、面白そうな内容があったらAV制作会社さんに訴えてくださいW
ちなにみ、ストーリー物なども含まれていますが小説風に書いておらず世界観が分かる程度の簡易な文章で書いていますので抜けません。
文章で抜く場合は、まだまだ力不足ではありますが左のフレームの無料官能小説のリンクからどうぞ!!



[画像クリックでDMMに移動]


正統派だった葵つかさ

[画像クリックでDMMに移動]

葵つかささんを知ったのは店頭で『お祭り女』のジャケットを見て知った。
隣には『女尻』があったのだと思う。
”なんだこのキワモノの女優さんは?”と思い全然見る気が起らなかった。


ご存じの通り葵つかささんはテレビでも活躍されており、何度も見る内に葵つかささんが品の無い作品のイメージは無くなりどちらかというと正統派の女優さんだと考えを改めて見る事にした。
実際見てみるとスタイルが素晴らしく良かった。
上の3本は実際に見た作品で3本とも良かった。


検索してみると変な(趣味じゃない)作品は『お祭り女』の様なふんどし作品だけで、あとは普通の良さそうな作品ばかり。
最初に目にした写真だけで長らく葵つかさんの作品を見なかったのは運が悪かった。
早く手を出していればもっと本数を見ていただろうと思う今日この頃でした。

芸能人顔 陽ノ下あき

[画像クリックでDMMに移動]


陽ノ下あきさんの作品を見たのは『理想のいもうと完全再現 あきがHな妹になってあげる』の一本だけで他の作品は見た事はない。
元芸能人らしいがそう言われると芸能界によくいそうな顔つきをしていらっしゃると思う。
芸能人の時を知らないので”あの娘が”的な興奮を得られなかったのは残念な所だ。
もちろんお顔も可愛いが私が好きなのは身体つきで、痩せても太ってもういない私好みの若々しい身体つきをジャケットの裏面を見て作品を見る事にした。


動画ではジャケット修正しまくりという事はなく、写真の通りで可愛いかった。
今まで私は一本しか作品を見た事はなく、それは出演作品が少ないという事が一つの原因だが、もしかしたら陽ノ下あきさんを知らない人も多いのではと思った。
AVに出演して一瞬で去ったという事は何か深い事情があったのかと勘ぐってしまうのは私だけだろうか?

日本的黒髪美女 古川いおり

[画像クリックでDMMに移動]

古川いおりさんの作品は、童貞筆おろし的な作品など少なくとも2本ぐらいは見たと思うがどの作品かよく分からなかった。
>
私のタイプの黒髪の奇麗な女優さんではあるが、少しタイプとは違う。
私は美人さんが苦手で、セクシーなお姉さん役や主婦役などが多い古川いおりさんは、可愛い系の作品が少なかったので存在は知っていたが長らく見なかった。
やっと見た作品は、ジャケットのセクシーお姉さんというイメージより可愛らしい人だなと感じた。
私は、コスプレなど可愛い服や役も似合うと思うのだがそういう作品は数が少ない。


個人的には中断のエロいお姉さん的なジャケットより、服を着ていても可愛く笑っているジャケットの方が好きだがこういうジャケットを店頭で見る機会がなかった為に手を出すのが遅くなった。
もっとSOD的な企画物の作品が見てみたいが突き抜けた企画物への出演は少ない様だ。
次に見るなら私は、やっぱり『種馬ザーメンぶっかけロデオ』ですかね。

八重歯が可愛いアイドル顔 原田明絵

[画像クリックでDMMに移動]

原田明絵さんももの凄く可愛いと思うが、タイミング的に1、2作しか作品を見ていない方だと思う。
私には、もの凄くAVを見る期間とあまり見ない期間があるのでそういう旬の女優さんを見逃す事がある。


私の話は、さておき原田明絵さんは八重歯が可愛いアイドルに居ても可笑しくないぐらいのお顔の持ち主だと思う。
肌が白く、お身体にも特に問題がある様な女優さんでもない。


一瞬面白そうなお馴染みの企画物への出演もあるなと思ったが、ちょっとしたストーリー性を持たせた演出と考えれば『手コキ&性交クリニック ACE ver. 原田明絵』などはナース物とたいして変わらないなと思った。
ハードな作品もなさそうで思った通りの清純派女優さんといった所か?

可愛くてエロい 青山未来

[画像クリックでDMMに移動]

青山未来さんに初めて注目したのは『制服美少女本物中出し解禁!!中年オヤジ限定だいしゅきホールド感謝祭』だが今回検索してみて分かったのは『美少女戦隊アクトレンジャーvsモラハラ窓際コンプレックスモンスター』で先に見ていた事に気付いた。
『アクトレンジャー』の方は全裸がまったくなかったと記憶していて、個人的にコスチュームもそんに好みではなかったので逆に全裸の方が良かったが局部をちょろっと破く感じだったと思う。
このコスチュームが好きで着エロが好きな人にはお薦めです。


青山未来さんは『だいしゅきホールド』でエロい女優さんだなと思った。
ただエロい人なら下品になりがちだが青山未来さんは、明るく元気な感じでH好きという印象を受けた。
ここにはない他の作品もそんな感じが出ており、可愛らしいのにエロいそんなギャップが良かった。


SMなどのハードな作品はなさそうだが企画物の出演はある様だ。
私が見るなら『大量精子ごっくん20発!!淫語実況ロリ女子アナウンサー』か『ドリシャッ!!』のぶっかけ系でしょうね。

正統派 二宮沙樹

[画像クリックでDMMに移動]

二宮沙樹さんを初めて見たのはぶっかけ系の作品で見たのだと思う。
印象は、正統派のAV女優さんといった感じで人気がありそうな方だった。


セーラー服を着たような作品もあるが可愛いというより大人びた美人さんだと思う。
私が見た時には既に引退されていたかもしくは、人気が下火になっていた頃だと思うので二宮沙樹さんが実際に人気があったかとうい事はイマイチ分からないが出演している作品や出演本数で人気のほどが窺える。


正統派の内容の作品が多いが、まったくハードな作品がない訳ではないようで数は少ないがある様だ。

有名A級女優 Rio

[画像クリックでDMMに移動]

Rioさんは今さら書く事自体憚られるが好きな女優さんなので書いておきます。
Rioさんは美人過ぎて周りに実際にいたら口説こうとも思わないだろうが、鑑賞して抜く分には何の劣等感も感じない。


日本人離れしたお顔は美しく美人だが、個人的には可愛いコスプレも似合うと思うのだが方向性はやはり美人なお姉さんという売り出し方をした物が多いと思う。
お身体はスレンダーでもう少し胸が大きかった方がお顔と合う気がするが小さい訳でもない。


どちらかというと昔の柚木ティナという名前の頃のお顔の方が好きだが、自分が実際に見たかどうかは覚えていない。
見たのは、Rio名義の犯される作品やぶっかけの作品だったがどの作品かがよく分からない。
あるあるだがA級の女優さんは、面白い企画物やハードなプレイの作品には出ていないのが残念な所で、なんだこれ?という作品は『監禁失禁服従ブルマ奴隷』ぐらいか?

美乳で幅広い作品に出演 星崎アンリ

[画像クリックでDMMに移動]

星崎アンリさんを初めて見た作品は覚えていないがお顔が好きというよりもスタイルが好きという感じだ。
巨乳で胸の形も奇麗でウエストも引き締まっていて顔を見なくても身体だけでイケる。
もちろんブサイクではないが可愛い系というより美人に見えて少し顔のタイプでは違う。


検索してみると大勢の中の一人として出演されているので、きっとバコバスあたりの有名企画物でいつの間にか知っていたという感じなのだろう。

私が星崎アンリさんの作品を見ようと思って見たのは『星崎アンリのザ・筆おろし』だと思うが、基本童貞相手の作品はその人の優しさが感じられて好きだが、もちろん童貞と謳ってベテランAV男優が出ている作品もある事は知っているがこのシリーズはそうではないと個人的には思っている。
星崎アンリさんは出演作品が多く、学生役から主婦役まで演じられ、また面白げな作品にも沢山出られているので幅広い趣味の人にも対応出来ていると思うのでお薦めです。

Appendix

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

Author:わや
FC2ブログへようこそ!

趣味で官能小説を書いています。      興味がある方はリンクの「無料官能小説」からどうぞ! (公開している官能小説の著作権はわやにあります)

人気ブログランキングボタン

押して頂けると小説を書く速度が上がります

広告

見放題ch プレミアム SOD(ソフト・オン・デマンド)ch VR動画

検索フォーム

ブログ内可愛い系女優リンク


愛内希(美少女)
あいださくら(八重歯)
愛須心亜(ロリ巨乳)
相田紗耶香(美乳)
愛葉るび(ミステリアス)
青井いちご(長い黒髪)
葵こはる(アイドル顔)
葵ぶるま(ぽっちゃり)
藍山みなみ(美少女)
青山未来(ぽっちゃり)
朝倉ことみ(華奢)
あすかみみ(長い黒髪)
綾瀬れん(美乳)
綾音ゆりあ(長い黒髪)
有本紗世(華奢)
石川流花(美少女)
板垣あずさ(アイドル顔)
樹花凛(美少女)
伊東遥(華奢)
伊藤りな(アヒル口)
上野ゆり(色白)
上原亜衣(色白)
宇佐美なな(長い黒髪)
絵色千佳(微乳)
大沢美加(美少女)
大沢佑香(巨乳)
大塚ひな(色黒)
大桃りさ(ロリ)
尾上若葉(ぽっちゃり)
落合ゆき(美少女)
乙葉ななせ(アイドル顔)

加賀美シュナ(ロリ)
笠木忍(色白)
柏木のぞみ(色白)
和葉みれい(猫目)
佳苗るか(長い黒髪)
かなたいおり(エロい表情)
北原みわ(ぽっちゃり)
木村つな(ロリ)
京野真里奈(ぽっちゃり)
金城美麗(美少女)
栗林莉里(猫目)
くるみ(ロリ)
くるみひな(巨乳)
剛力実沙都(ぽちゃり)
小坂めぐる(巨乳)
小司あん(アニメ声)
小島みなみ(アニメ声)
琴野まゆか(八重歯)
小西まりえ(ロリ)
このは(ロリ巨乳)
琥珀うた(華奢)
紺野ひかる(アイドル顔)

早乙女みなき(巨乳)
早乙女美奈子(タレ目)
さかうえもか(華奢)
桜木郁(タレ目)
桜ちずる(長い黒髪)
紗倉まな(巨乳)
紗月結花(八重歯)
椎名りく(長い黒髪)
篠宮ゆり(ロリ)
白石茉莉奈(巨乳)
周防ゆきこ(色白)
菅野まゆみ(猫目)
鈴夏ゆらん(八重歯)
杉菜つくし(エロい表情)
瀬古ここ(ロリ)
瀬戸ひなた(アヒル口)
瀬名あゆむ(ギャル)
芹沢つむぎ(ロリ)

高岡初美(美少女)
橘ひなた(スタイル抜群)
辻あずき(ロリ)
土屋あさみ(微乳)
堤さやか(猫目)
つぼみ(長い黒髪)
鶴田かな(巨乳)
常夏みかん(ギャル)
富永苺(ロリ美乳)

長澤つぐみ(華奢)
長瀬愛(華奢)
中野ありさ(色白)
なごみ(ロリ)
夏海いく(華奢)
夏目陽菜(エロい表情)
七沢るり(ぽっちゃり)
成瀬心美(ぽっちゃり)
成宮ルリ(美少女)
猫村ゆゆ(美少女)

長谷川しずく(アヒル口)
長谷川ちひろ(ロリ)
葉月可恋(ロリ巨乳)
羽月希(巨乳)
初美沙希(巨乳)
葉山めい(アイドル顔)
原田明絵(八重歯)
範田紗々(ぽっちゃり)
日高ゆりあ(華奢)
陽ノ下あき(アイドル顔)
姫川ゆうな(ロリ)
平井まりあ(華奢)
弘前亮子(美少女)
星咲みゆ(美少女)
星島ちさ(美乳)
星月まゆら(美少女)
星野つぐみ(ロリ)
ほしのみゆ(美少女)

前田ちえ(巨乳)
前田陽菜(美乳)
真心実(巨乳)
松下ひかり(ロリ)
みづなれい(美少女)
みなみ愛梨(美乳)
南梨央奈(猫目)
みひろ(アイドル顔)
宮崎あや(ロリ)
宮地奈々(ロリ)
持田茜(美少女)
望月るあ(巨乳)
桃依さら(貧乳)
森下くるみ(アイドル顔)
紋舞らん(巨乳)

柳井ちはる(ぽっちゃり)
山口まゆ(八重歯)
裕木まゆ(ロリ)

瑠川リナ(アイドル顔)

FC2ブログランキングボタン

新たな女優さんが発見できましたらポチッとお願いしますm(__)m

広告

アダルト 期間限定セール(毎週作品更新)

ブログ内美人系女優リンク

広告

HHHch KMP チャンネル パラダイステレビ

QRコード

QR

広告

ドリームチャンネル 桃太郎映像 BB ライブチャットで恋愛体験!?